ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
鶏レバーカレー
万年貧血のあたし。
(鉄分を体内に保っておく細胞?が少ないらしい)

鉄剤は飲んでいるのですが、鉄分が多そうな食材も
よく食べるようにしています。

鶏レバー、アサリ、緑の濃い野菜などなど。

鶏レバーは、スパイスでシメジなどと炒めて、
カレーにトッピングがお気に入り♪
100412-1.jpg

お店ではあまり見かけませんが、意外とよく合います。
(煮込んじゃったらちょっとクセが出そうですが…)

美味しく鉄分補給。理想的です☆

2010'04'12(Mon)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
釜揚げうどん
地元・鹿児島にいる頃から断然そば派だったのですが、
香川を訪れてから、うどんも大好きになりました。

相方ぷるこ氏が粉もの好きなこともあり、
食卓には釜揚げうどんがよく登場します。(簡単ですし♪)
100410-1.jpg

うどんをゆがいている間に
市販の麺つゆとかつお節を火にかけてつゆをつくり、
レンジで温泉たまごをつくっておく。

それだけ。だけど、うまし。

ただ、スーパーに売っている麺だと、ちょっと飽き足らなくなってきた感も。
乾麺とか冷凍とか、うまやすい麺を探してみよ。

2010'04'10(Sat)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
秋月育ち益ちゃんのみせ @福岡朝倉
秋月散策の際、杉の馬場通りで必ず立ち寄るお店。
それが『秋月育ち益ちゃんのみせ』です。
100323-1.jpg
手縫いの刺繍が施されたのれんがまた良き。

気さくなおばあちゃまが、自ら育てた農作物を
加工して小分けしてきれいに並べて販売しています。
100323-2.jpg

黒米や干し大根葉、さんしょう、ゆずの種などなど。
レジ近くにはクレソンなどもあります。

ここには、日本の知恵や故郷が詰まっている気がして、
眺めているだけで、落ち着きます。

相当、迷いつつ、黄こしょう、干ししいたけ、
カットしいたけ(各¥300)を購入。

おばあちゃん、いつまでもお元気でいてくださいね♪

秋月育ち益ちゃんのみせ…福岡県朝倉市秋月野鳥

関連タグ:福岡朝倉

2010'03'23(Tue)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
見立て鍋。
京都『本家 田毎』で、“見立て”そばを食べて以来、
寄せ鍋を作ったときは、なんとなくタイトルをつけてしまいます。

鶏だんご入りのときは、『本家 田毎』に敬意を表して?“田毎鍋”
100306-1.jpg
貝柱がだんごになったと思えば…田に映る月に見える♪

マロニーを中央におくと、“天の川鍋”。これは見たまんま。
100306-2.jpg

すりおろした山芋を入れると、“淡雪鍋”。これも見たまんま。
100306-3.jpg

暖かくなるにつれて、頻度は減りますが…。
まだしばらくは鍋が手放せません♪

2010'03'06(Sat)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
ピェンロー。
カレー鍋チーズ鍋鶏もつ鍋にトマト鍋…と、
毎年、鍋の世界を広げてくれるぷるこ氏。
(我が家は、鍋は、ぷるこ氏の担当なのです)

今年のヒットはピェンロー。
ほぼ日刊イトイ新聞』で吉田戦車さんが連載『逃避めし』
取り上げていたのだとか。

ネットで検索してみると、妹尾河童さんにより一躍有名になった鍋らしい。
あたしは食べたことがなく、食べるまで「白菜?常夜鍋?」と半信半疑でしたが…。

まずは簡単な作り方から。
1.椎茸と昆布でだしをとっておく(たっぷりめに)
2.続いて白菜。芯は細切り(ここがポイント)、葉はざっくりカット。
3.だし汁に芯の部分を入れて、透明になるまで煮込む。
4.その間に鶏肉を一口大に切って、豚バラ肉と共に鍋に投入。
5.さらに葉の部分を蓋をするように全体にかぶせていく。煮込む。
6.その間に春雨をゆがく。(春雨は緑豆が原料のものを!)
7.春雨を加えて、胡麻油を全体にまわしかけて、完成!
100304-1.jpg
正直、この地味な見た目に…最初はちょっと???となります。

と、小皿に塩と一味と胡麻油を入れて、スープを注ぐぷるこ氏。
真似るあたしと妹。そこに白菜や春雨やお肉を入れて食べると…。
100304-2.jpg

「ナニコレ☆」

甘く煮込まれた白菜の芯と食感の残る葉。ジューシーなお肉たち。
何より春雨!マロニーや糸コンとは全く食感が違う♪
(今まで家で食べてなかったことを後悔しました)
しゃくしゃくとした歯ごたえで、食感にリズムを添えます。

極めつけが塩と胡麻油。これ、なんの魔法!?
興奮しつつ、あっという間に、3人で白菜1玉ぺろり食べちゃいました。
シメは、いつものちゃんぽんから雑炊。

鍋を食べながら、なんでピェンローと呼ばれてるのかとか
ぷるこ氏が話した覚えがあるのですが…。そんなのどうでもいいっす。
とにかくうまい。材料費が安いのも良き。

「この美味さは食べんとわからん♪」(by福さ屋)鍋ですね。
我が家のヘビ鍋ロテ入り決定です☆

2010'03'04(Thu)[ <美味し:家> ] CM4. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。