ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
TRAVE-WRAPPIN'(トラベラッピン)
イムズ20周年記念イベント、JIVE NIGHT PARTY
『TRAVE-WRAPPIN'』のライブに行ってきました。
招待制の無料ライブ、当選するなんてほんとラッキー☆
トモダチと30分前からスタンバイ。

TRAVE-WRAPPIN'は
久留米の地元バンド、The TRAVELLERS(トラベラーズ)と
EGO-WRAPPIN'(エゴラッピン)のコラボバンド。
“交流のあった両バンドが幾度かのライブでの
ゲスト参加を経て結成したジャイヴバンド”とのこと。

EGO-WRAPPIN'は言わずとしれた存在ですが、
TRAVELLERSもあたしにとっては大きい存在。
学生時代(十ン年前)、キャナルシティでの
無料ライブをよく聴きに行っていたのです。

ステージから4列目のど真ん中に陣取り、
スタートの7時半を待つものの…一向に始まらない。
もう8時…立ち待ちくたびれた頃…電気が消えた!
良恵さんを除く6人の男子たちが続々と登場。
「遅いぞ!」の声が飛ぶのもご愛嬌。
カッコいい男子たちによるカッコいい時間の始まり。

オリジナル曲から往年の名曲まで
自由に気持ちよく聴かせて乗せてくれる。
待ち疲れもどこかへ飛んでいって、
カラダもこころも軽くなる。

あたし達をどこまで連れていってくれるの~?

もうカッコよすぎて、
もうステキすぎて、
ちょっと記憶が飛んじゃいました。

MCで石原さんが、
「高校生の頃、イムズのオープン記念ライブに来たんだけど、
 20年後、そのステージに立てるなんて感無量」
みたいなことを話していたのが印象的だったな~。

あたしもそうだけど、イムズって多くの30代40代にとって
何か思い入れのある場所なんだと思う。

途中から良恵さんもゲスト出演。
会場はさらにヒートアップ!

以前、EGO-WRAPPIN'のライブを観た時に思ったのですが、
良恵さんてパワフルさと可愛らしさを兼ね備えた人。
(なんかテレビとかでは違う印象だった)

会場全体が大きな渦に巻き込まれていく。
スゴいものとスゴいものの掛け算は
凡人には創造が及ばないほどふくらんで
エネルギーを帯びて場を駆け巡る。

そしてそれはオトナが楽しむじかん。
年をとるのもいいな~としみじみ思いました。

長いアンコールの後、ライブは終了。
しばらくは放心状態。
スタンディングは足腰にきますが、
ビール飲んで焼鳥食べたら復活しました。
スポンサーサイト

2009'04'02(Thu)[ <をかし:音楽> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/63-b313aab9
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。