ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
三輪恭子展。
『ギャラリーまいづる』で開催されていた『三輪恭子展』に行ってきました。
三輪さんの作品は『ギャラリー三号倉庫』で何度か目にしたことがあるのです。
勝手に1月25日までかと思っていたら期間は13日から24日まで。
最終日の10分前にギリギリ駆け込む形となってしまいました。

飲食店が多い場所なので、夜、来ることはあったのですが…。
こんな場所にギャラリーがあったとは!
090125-1.jpg

雪が舞うなか、ギャラリー内に駆け込むと、ツナギ姿の三輪さんが!
駆け込み観覧を詫びつつ、作品を観させてもらうことに。
壁にはドローイング、中央には立体の作品が展示されています。
090125-2.jpg

升目を施した木板の上には数羽の小鳥。
動いている鳥もいれば止まっている鳥もいます。
090125-3.jpg

木板の下には木造の歯車。
バッテリーは中央の歯車のみ。あとは慣性で動いています。
090125-4.jpg

独特のきしみ音をたてながら、歯車はまわり、鳥はうごく。
時おり、すべてが止まり、静寂がもどる。
しばらくすると、また歯車がまわり出す。
きっとすべての動きは緻密に計算されている。そこには秩序がある。
人間社会ではネガティブに認識されている歯車が
ここではポジティブに機能している。

三輪さんのドローイングは初めて見たのですが、立体とは打ってかわった雰囲気。
立体はどちらかと言えば男性的で逞しいイメージを持っていたのですが、
ドローイングは繊細で直面している感じ。
とても好きな作品があったので、写真には撮らないことにしました。
スポンサーサイト

2009'01'25(Sun)[ <をかし:アート> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/6-4573a96c
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。