ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
三陸海鮮料理 中村家の三陸海宝漬
東京のMさんにいただいた『三陸海鮮料理 中村家』の『三陸海宝漬』。
101115-1.jpg 101115-2.jpg
『ほたて長寿漬』や『謹製・いくら醤油漬』も入った贅沢なセット♪

テレビで「白ごはんに合う逸品」として紹介されていて、
ぜひ一度食べてみたいと思っていた岩手のお取り寄せ商品です。

まずは『ほたて長寿漬』から。
101115-3.jpg

 三陸のきれいな海で育った活ほたてを、当店独自の酒煮にしています。
 めかぶは、若い柔らかなうちに収穫したものを醤油漬にしています。(リーフレットより)

三陸のリアス式海岸は質のいい魚介や海藻が育つのに理想的なんだそう。
親潮と黒潮の交差する漁場なんだとか。
この立派なほたてを見れば、それが一目瞭然。

ねばとろのめかぶをごはんに絡ませて食べて、合間にほたてをかじる。
シシャモの卵の粒々感もいいアクセント。

続いて『三陸海宝漬』。
101115-4.jpg

 三陸産あわびは豊富な海藻を食べて育った最高級の品質です。
 その中からさらに厳選したものを柔らか煮にして使用しています。
 釜石沖の定置網で漁獲された鮭を『銀毛ざけ』と呼びます。
 その肉質は赤く『いくら』もコクのある最上級のものです。(リーフレットより)

白いごはんの上で、あわびといくらとシシャモ卵とめかぶが競演!
なんとも豪華な海鮮丼。
某レポーターじゃなくても「海の宝石箱や~!」って叫びたくなるほど。

いろんな味わいや食感が口の中をかけめぐる。
もともと製造元は著名な料理店のようで、醤油の加減もちょうどいい。

三陸行ってみたい。魚ざんまいしたい…。

ちなみに『謹製・いくら醤油漬』は…
 三陸海岸・釜石沖の定置網で漁獲された銀毛鮭と呼ばれる
 最上級の鮭のいくらを使用、温かいごはんにのせて
 専用醤油を少々かければいくら丼の出来上がり。(リーフレットより)

醤油まで付いているのがありがたい!
ぷちぷち粒ぞろいのいくらを白ごはんにたっぷりかけていただきました。

口福ってこういうとき使うんだろうな。
あたし達のツボを押さえまくったステキ贅沢ないただきもの。
ほんとにごちそうさまでした☆
スポンサーサイト

2010'11'15(Mon)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/591-12d6d333
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。