ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
山下ワイン食道 @福岡春吉
ぷるこ氏との薩長同盟2周年を『山下ワイン食道』で祝いました。

遡ること数日前、ふたりで出席させていただいた結婚式二次会の抽選会で
なんとぷるこ氏が同店のコース料理ペア券をゲット☆
これは縁起がいい♪とありがたく使わせてもらうことにしたのです。
(ちなみに結婚式の新婦さんはお店のスタッフ)

階段を上がるとワインのボトルたちがお出迎え。
主にフランスの自然派ワインが楽しめるお店で、
“食道”と付けた店名にオーナー山下さんの心意気を感じます。

2軒目、3軒目利用をさせてもらったことは数回あるのですが、
1軒目から食事も一緒に利用させてもらうのは初めて。

カウンター席に座ると店内は満席。
まずは本日のスパークリングワインで乾杯!

料理は安納芋のスープから。
「安納芋」と聞いて甘いものギライのぷるこ氏は一瞬躊躇。
あたしが先に食べてみると…全く甘くありません。
濃厚なビシソワーズといった感じ。ぷるこ氏も普通に食べはじめる。
(事前に甘いものはニガテなことを伝えていたのだった)

続いては鯖のカルパッチョ。
茄子と鯖の組み合わせが新鮮。

この辺で赤ワインをボトルで頼むことに。
ワインリストのエチケットを見比べてもあたし達にはわからないので…
重た~いフルボトルでお値段ほどほどのものをピックアップしてもらう。

それが『ドメーヌ・デュ・レ・グラン・ジャケ・グラン・ゾム
101113-1.jpg

グラン・ゾム(大男)伝説に身長が2m近くあるオーナーが自身を重ねた
ネーミングなのだとか。ぷるこ氏はイラストに魅かれてセレクト。
どっしりと力強い味わい。

フォアグラのテリーヌとよく合う。
あたしにはフルーツソースを添えて、ぷるこ氏にはブラックペッパーで。
このテリーヌがほんっとに美味しい。濃厚で複雑で。

メインは牛頬肉の赤ワイン煮こみ。
101113-2.jpg
やわらか~く煮込まれた頬肉にソースがしっかりとしみこんでます。
頬肉食べて頬が落ちる♪、なんて酔いもまわりつつ、
せっかくなので?グラスでもう1杯ずつ飲むことに。

あたしはお隣に座ってらしたご夫婦がしきりに褒めてらした『ル・カノン』。

日本人醸造家の大岡氏がフランスで作っているワインなんだとか。
オーナーの山下さんもスタッフの納富さんも農場で
働いた経験があるそうです。
果実味がふわっと広がって軽やかな感じなのですが、余韻は長い。

ラストはデザート。(ぷるこ氏にはチーズの盛り合わせでした)
101113-3.jpg
“祝同盟”の心遣いが嬉しい☆

思い出に残る同盟記念を過ごせたことに感謝。
山下さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

山下ワイン食道…福岡市中央区春吉2-6-15 八番館201
スポンサーサイト

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2010'11'13(Sat)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/589-9507a309
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。