ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
桜島セラピーの旅16<マルヤガーデンズ @鹿児島>
『YANO CAKE TEN MOKU』で買ったケーキを預かってもらい
次に行ったのは『マルヤガーデンズ』。

数年前に届いた三越閉店のニュースはショックでした。
あたしが買い物に行っていた頃の天文館ではもうないのかな…と思ったりもしました。

その建物が今年4月に『マルヤガーデンズ』としてオープン。
“デパートメントストアからユナイトメントストアへ”をコンセプトに
地域で活かす場、つながる場として、生まれ変わっていました。

ナガオカケンメイ氏の九大での講演会で、
氏がクリエイティブディレクションを担当されていること、
『D&DEPARTMENT PROJECT KAGOSHIMA』が入ること、などを聴いて
来店を楽しみにしていました。

若いお客さんが多いのかなと勝手に思っていましたが、年輩の方もけっこう多い。
ウッドフロアや布製のサイン、落ち着いた照明、各階に設けられた休憩スペースなど、
居心地のいい空間となっていることに、その理由も納得。

4Fの『D&DEPARTMENT PROJECT KAGOSHIMA』を見たり、
薩摩ボタンのお店を探したり。

7Fの『DWELL HOUSE』入口には、たのかんさあ(田の神様)が。
101029-1.jpg

『屋上庭園ソラニワ』にはススキの穂が。
101029-2.jpg

天井に人工のグリーンが施された休憩スペースもあります。
101029-3.jpg
ここでは様々なイベントが開催されているのだそう。

ナガオカ氏の講演会では、鹿児島出身の聴講者から危惧する声も出ていましたが、
(はたして地元に受け入れられるのかと…)
実際に来てみて、あたしは「大丈夫だよ~」と思いました。

しばし休憩して…次の場所へ。

マルヤガーデンズ…鹿児島市呉服町6-5
スポンサーサイト

関連タグ:鹿児島

2010'10'29(Fri)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/573-a811eaa5
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。