ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
桜島セラピーの旅10<ごん兵衛 @鹿児島>
『竿どん』に続く天文館ナイト2軒目は、
MIUちゃんから話を聞いたり、『ぼくの鹿児島案内』を読んだりして、
絶対に行きたい~!と念願だった『湯豆腐ごん兵衛』へ。
101023-1.jpg

暖簾をくぐって引き戸を開けると、コの字型のカウンターが。
101023-3.jpg 101023-4.jpg

先ほどは満席だった店内も半分ほど空席になっていて、そこに滑り込む。
メニューは湯豆腐(1人前¥1,300)のほかに串焼物も有り。

まずは「焼酎」(¥200)
(ここでは「焼酎」と言えば燗につけた芋焼酎が出てきます)
101023-2.jpg

ちろりからグラスになみなみと注がれる焼酎にそっと口をつけると
その角のないまろやかな飲み口にびっくり!
これを飲んだらどんな人だって誰とだって仲良くなれそう。

銘柄は『小鶴』、水は水道水!なにも特別なものではなくて、
水で割って、一晩寝かして、ゆっくり燗をつけるというひと手間が
焼酎に魔法をかけているようです。

がらんつ(イワシの干物※アゴ(飛び魚)だった気もするのでリンク先参照)を
つまんでいると…
101023-7.jpg

卓上コンロに湯豆腐がスタンバイ♪
101023-6.jpg

メインの豆腐をはじめ、ほたて貝、ぎんなん、しいたけ、えのき、豆もやし
深ねぎ、竹の子、春菊、うずら玉子、きくらげ、おくらと12種の具材入り!
こんな具だくさんな豪華な湯豆腐ははじめて。

柑橘の利いた「秘伝のタレ」には、青ネギや海苔が入っています。
101023-5.jpg

幼い頃、100円玉を握りしめておつかいに行っていた懐かしい味のする豆腐に
好みの具材を合わせて、タレをたっぷり絡めて食べる。
101023-8.jpg

合間に焼酎を飲む。隣の人としゃべる。

おばちゃん達のかごんま弁、お客さん達の会話をBGMに、
杯を重ねるごとに、言葉を交わすごとに、心がどんどんほぐれてく。

特筆すべきは翌朝。まったく二日酔いがない!

『ごん兵衛』は鹿児島の縮図。かごんまのよかもんがぎゅっと詰まったお店でした。
101023-9.jpg

湯豆腐ごん兵衛…鹿児島県鹿児島市東千石町8-12
スポンサーサイト

関連タグ:鹿児島

2010'10'23(Sat)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/567-9fb5f1ac
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。