ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
桜島セラピーの旅7<輝北天球館 @鹿屋市>
『d design travel KAGOSHIMA』で、鹿屋で唯一、紹介されていた
『輝北天球館』に久しぶりに行ってみたくなりました。

厳密には、あたしが住んでいた頃は鹿屋ではなかったのですが、
平成の大合併で“鹿屋市輝北町”となったようです。

夕暮れの田舎道を走っていると丘の上にぽつんと見える銀色の建物。
101020-1.jpg
周りには幾つもの牧場が広がっていて、
道路にまかれた石灰の白さが口蹄疫の爪痕を想起させます。

丸いとか四角いとか一言では言い表せない複雑な形の館が
徐々に迫ってきます。
101020-2.jpg

到着。
101020-3.jpg

辺りは無人で、ただ風力発電用の風車がまわるのみ。
101020-5.jpg

『d design travel KAGOSHIMA』によると、設計は
鹿児島出身の建築家、正治氏。(知らなかった!)
101020-4.jpg

天体観測という夢のある行為を包み込むのにぴったりの
奇想天外なかたち。自由でわくわくするかたち。
101020-6.jpg

まだオープンして間もないころ、親戚も一緒に訪れて
寒い夜に白い息を浮かべながら望遠鏡の順番待ちをしていたのを思い出す。
今は誰もいないのが少し寂しいけれど…

かごんま県民の方にもそうでない方にもぜひに訪れてほしい場所です。

輝北天球館…鹿児島県鹿屋市輝北町市成1660-3‎
スポンサーサイト

関連タグ:鹿児島鹿屋・垂水

2010'10'20(Wed)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/563-015de7af
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。