ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
フィッシュストーリー。
フィッシュストーリー』を試写で観てきました。
090322.jpg

発売当時だれにも聞かれなかった曲が、
時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!
『アヒルと鴨のコインロッカー』のチームが贈る、
伊坂幸太郎ワールド第2弾!!  (フライヤーより)

久しぶりに観た邦画。
キラキラ、さわやか、わらって、じんわり。

1975年、1982年、2009年、2012年と、
いろんな人が時代がつながって、
そのカギになっているのは音楽で、
最後は世界を救うというおとぎばなし。

エンディング直前、4本の糸がしゅるるるる~と
1本につながっていく様は爽快なのにじんじん来ました。

良くも悪くも人は誰かと何かとつながっているわけで
それを説教くさく、押し付けがましく言うのではなく、
なんとなく「いいかも~」と思わせてくれる映画。

森山未来くんや大森南朋といった激好きの俳優さんを
大画面で観られただけでも満足度高し。

高良健吾くんも良かった~。
顔、石膏みたいにきれいなのに、笑ったり、話したりすると、
表情がくしゃ~と和んで、その緩急がたまらない。
主題曲『FISH STORY』(逆鱗)を歌う姿もまたたまらない。

濱田岳もいい味出してる~。
自分を含めて多分みんなが内面に持ってる“弱さ”が
そのまま具現化したかんじ。思わず感情移入してしまう。

斉藤和義のエンディング曲がまた良くて、
曲が終わるまで席を立てなかった。
Summer Days
PVはそのまま映画の予告編。
まだ桜も咲きかけなのに、早くも夏が来ています。

も1回、観たい。
スポンサーサイト

2009'03'22(Sun)[ <をかし:映画・演劇> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/53-7f3f8bde
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。