ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ピェンロー。
カレー鍋チーズ鍋鶏もつ鍋にトマト鍋…と、
毎年、鍋の世界を広げてくれるぷるこ氏。
(我が家は、鍋は、ぷるこ氏の担当なのです)

今年のヒットはピェンロー。
ほぼ日刊イトイ新聞』で吉田戦車さんが連載『逃避めし』
取り上げていたのだとか。

ネットで検索してみると、妹尾河童さんにより一躍有名になった鍋らしい。
あたしは食べたことがなく、食べるまで「白菜?常夜鍋?」と半信半疑でしたが…。

まずは簡単な作り方から。
1.椎茸と昆布でだしをとっておく(たっぷりめに)
2.続いて白菜。芯は細切り(ここがポイント)、葉はざっくりカット。
3.だし汁に芯の部分を入れて、透明になるまで煮込む。
4.その間に鶏肉を一口大に切って、豚バラ肉と共に鍋に投入。
5.さらに葉の部分を蓋をするように全体にかぶせていく。煮込む。
6.その間に春雨をゆがく。(春雨は緑豆が原料のものを!)
7.春雨を加えて、胡麻油を全体にまわしかけて、完成!
100304-1.jpg
正直、この地味な見た目に…最初はちょっと???となります。

と、小皿に塩と一味と胡麻油を入れて、スープを注ぐぷるこ氏。
真似るあたしと妹。そこに白菜や春雨やお肉を入れて食べると…。
100304-2.jpg

「ナニコレ☆」

甘く煮込まれた白菜の芯と食感の残る葉。ジューシーなお肉たち。
何より春雨!マロニーや糸コンとは全く食感が違う♪
(今まで家で食べてなかったことを後悔しました)
しゃくしゃくとした歯ごたえで、食感にリズムを添えます。

極めつけが塩と胡麻油。これ、なんの魔法!?
興奮しつつ、あっという間に、3人で白菜1玉ぺろり食べちゃいました。
シメは、いつものちゃんぽんから雑炊。

鍋を食べながら、なんでピェンローと呼ばれてるのかとか
ぷるこ氏が話した覚えがあるのですが…。そんなのどうでもいいっす。
とにかくうまい。材料費が安いのも良き。

「この美味さは食べんとわからん♪」(by福さ屋)鍋ですね。
我が家のヘビ鍋ロテ入り決定です☆
スポンサーサイト

2010'03'04(Thu)[ <美味し:家> ] CM4. TB0 . TOP▲
COMMENT


春雨大好きです!なので、、、かなり興味あり!!

父の作る鍋は、温度計で測ってつくるデリケートなもの。
我が家の女性陣では作れない・・・(笑)
2010/03/05 07:41  | URL | SHOKO #- [edit]


☆SHOKOさん。

温度計ですか…。
これは“魔法の鍋”なので、女性陣の愛情さえあれば、
お父様にも美味しいと言っていただける鍋になると思いますよ~(笑)

ぜひお試しを♪
2010/03/05 15:04  | URL | ぷなこ。 #- [edit]


うちの母はよくスープでほぼ同じ見た目のものを
作ってくれてたので(お肉は豚率が高かったけど)、
なんだかなつかしく思い出しました。
ユズスコ入れても美味しそう。

蟹鍋の時も春雨を入れると美味しいよー!
2010/03/05 19:23  | URL | ちよす #- [edit]


☆ちよすさん。

おぉ~!!!
初コメントありがとう☆
お元気してますか?

ちよすママといえば、プロも認めるお料理上手ですね。
スープ、おいしそう♪
うんうん、ユズスコも合いそうね。今度やってみます。

この鍋で春雨に開眼しちゃいました。
蟹鍋は今年はもうないかも…。来年のお楽しみにしておきます♪
2010/03/05 23:02  | URL | ぷなこ。 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/496-29588ab9
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。