ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
別府現代芸術フェスティバル2009『混浴温泉世界』プレツアー <番外>
(番外…プレツアーに参加する前と参加した後の記録)

福岡から別府まで、下道ではどのくらいかかるか?
そんな素朴な疑問から
福岡を8時に出発して、のんびり別府へ。
途中からは、ほぼ一本道。
いたるところに菜の花の絨毯が広がっていて春を感じる。

11時半ごろ到着。所用時間は3時間半。
せっかくだからひとっ風呂浴びようと
『七ツ石温泉』へ…。
が!“掃除中”の札が!(涙)
別府の温泉は昼食時間をはさむ形で
営業を休む温泉が多いのを忘れていた。

通しで開いている『芝居の湯』へ。
道ばたには幟が立ててあり、分かりやすい。
090313-e2_convert_20090313034504.jpg

白壁が美しく、芝居小屋と呼ばれている温泉。
090313-e_convert_20090313034737.jpg

別府にしては高めの¥260ながら、
設備はキレイだし、鍵付きロッカーや
シャンプーなどもあり、割高感はない。
(福岡なら¥5~600はするはず)

ドアを開けた途端、硫黄の匂いが押し寄せる。
ここの浴槽は2つ。
まずは大きめの方につかる。
はぁぁ。身体がお湯の中へ溶けてゆく感覚。
お湯が濃い~。
しかも、あまり熱くないので入りやすい。

続いて、うたせ湯のある小さめの方へ。
肩に湯を当てながら、ぼーっとしていると、
「若い方でも肩が凝るのね」と隣のおばあちゃま。
しばらくおしゃべり。
別府の人は観光客も含めてフレンドリーな方が多く、
このような一期一会もまた楽しみのひとつ。
「お先に~」と挨拶をして上がり、
待ち合わせ場所のトキハに向かったのでした。

ープレツアーへ参加~解散ー

安倍さんにもらった紙幣『湯路』が使える『寿温泉』へ。
(宮本さん、ありがとうございました♪)
白い壁に水色の窓、かわいらしい建物~。
090313-e3_convert_20090313034545.jpg090313-e4_convert_20090313034626.jpg

なかは水色の壁に楕円形の鏡、
更衣室と風呂場が一体になっていて、
この鄙びた感がたまらない~。
989313-e5_convert_20090313034651.jpg
どこかで見たことがあるなと思ったら
混浴のススメ』のトップ画像でした。

かけ湯をするが…予想通り、熱い。
壁の張り紙を見ると、43度!
あたしの様子を見かねて、おばあちゃま達が
「水、出してあげよう。
 ホース持って、入りなさい」
ここでもおしゃべり。
最近、二日市に行ったそうですが、
おばあちゃま達にとっては湯がぬるかったそう。
そりゃそうだよね、毎日これに入ってるんだから。

鉄分を多く含み、貧血に効能があるとされ、
子宝温泉とも呼ばれていて、女子にはありがたい湯。
おばあちゃま達にお礼を言って上がり、
温泉神社にお詣りをして後にする。

夕食は『六盛(ろくせい)』へ。
とり天と並ぶ別府名物、冷麺の店。
人気店らしく、次から次へとお客さんが入ってきて
待ちも出るほど。

あたしは冷麺(¥650)、プルコ氏は大(¥850)を注文。
090313-e6_convert_20090313034713.jpg
麺は太く、灰色がかっていて、
噛むとコシと弾力がすごい。口の中で暴れてる~。
国産小麦粉に片栗粉を配合した麺らしい。
スープは昆布だしの醤油系。
麺に合わせてか味は濃いめながら
あとくちはスッキリ。
(ぷるこ氏は全部飲み干していた)
牛のチャーシューやキムチ、ネギ、白ゴマなど、
具材もいいアクセント。
麺が太いからか、食べごたえもあります。

温泉で温まった身体が一気にクールダウン。
隣の人たちが「美味しいね~」と食べていた
温麺も気になりました。今度来たときは!

帰りは高速で福岡へ。
濃密な別府日帰り旅行、これにて本当に終了です。


もっと詳しく知りたい方、ナマで情報を得たい方は…
「別府現代芸術フェスティバル2009混浴温泉世界トークイベント@冷泉荘」へ。
*イベントは終了しました
090312-e12.jpg
別府の市街地を巡り、鉄輪を歩き、
あたしは混浴世界の入口に少しだけ足を踏み入れました。
その出張イベントが本日、福岡で開催されるそうです。
あたしは残念ながら参加できないのですが、
福岡に居ながら混浴世界の入口に近づくことができるこのイベント、
興味のある方はちょっと覗いてみるといいと思います。
<日時>
3月13日(金) 18:30スタート(約1時間)
<場所>
アート・アパート88(福岡市博多区上川端町9-35冷泉荘A32
<内容>
別府現代芸術フェスティバル2009混浴温泉世界の作品&見どころ解説。
フランス、ナントより別府に滞在制作中の留学生による別府滞在体験談など。
※入場無料
スポンサーサイト

関連タグ:大分別府

2009'03'13(Fri)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
COMMENT


初☆ふなはこです。
空の写真キレイ・・・。
温泉も素敵!
でも冷麺も素敵☆今は温麺食べたいです。
別府は久しく行ってません。
近い内行きたくなりました♪
2009/03/13 14:49  | URL | SHOKO #- [edit]


初ふなはこ。&初コメント、
ありがとうございました☆

別府は行くたびに好き度が増す街です。
SHOKOさんも気に入ると思いますよ。
コンヨク期間中にぜひ行ってみてくださいね♪
2009/03/13 15:19  | URL | ぷなこ。 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/45-d1601e94
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。