ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
独酌しずく @春吉 オープンに寄せて
昨年秋、春吉『きはる』の大将、齋藤さん家に
ご長男の誕生祝いで寄らせてもらいました。

男の子だからママ似かと思っていたら、めちゃ齋藤さん似!

療養中につき、一時、現場を離れている齋藤さんも
産後の奥さまも元気そうで、
手料理を食べつつ、ワインを飲みつつ、のんびりとさせてもらったのでした。

福岡では(マミーの手土産以外で)初めて食べた茹で落花生や
生ハムとイチジク、チーズの盛り合わせに始まり…
100110-1.jpg 100110-2.jpg

メインはローストチキン!
100110-3.jpg

こんがりジューシーに焼かれたチキンは
見るからに豪華で美味しそうでボリューミー♪
クリスマスか正月かって感じです。
また、鶏をさばく齋藤さんの手際の鮮やかなこと。

他にも魚と栗の揚げものや
シメには南関揚げのいなり寿司もいただきつつ。
100110-4.jpg

途中、ワインのコルク栓を比較しつつ、
これだけ濃さが違うなど、ミニレクチャーも受けつつ。
100110-5.jpg 100110-6.jpg

一番、あたしの舌と心を捉えたのは生へしこ。
(その晩、夢の中でも食べていたくらいのハマりっぷり)
100110-7.jpg

なま?へしこって、鯖の糠漬けですよね?あれって焼いて食べるんじゃ…。
そこは、鯖を愛し、鯖を知り尽くした齋藤さん。
試行錯誤を重ねて、生で食す、生へしこを完成させたのだそう。

表面はバーナーで軽く炙ってある。
塩かユズスコをつけていただきます。

脂ののった鯖の濃厚な旨さと糠の程よくクセのある風味と
ちょっぴりの塩気が、口の中でものすごいことになります。
これは、鯖の革命ですね。(聞くと大げさですが、食べると分かります)

その生へしこ、実は『きはる』の新店『独酌 しずく』の
メニュー候補でした。

新店舗は、
 鯖が旨くて、酒も旨い!ひとりで寄っても楽しめる酒場。
 地元福岡の日本酒、各地の銘酒や
 九州各地の旨い芋焼酎、
 ワインは春吉『山下ワイン食道』オーナー山下氏ご指南の
 自然派ワインを中心としたラインナップを取り揃える予定…とのこと。

オープンはいよいよ明日の1月11日!

場所は1号店『きはる』のすぐ近く。
福岡市中央区春吉3-22-7-1プロスペリタ天神Ⅰ1F-B
電話 092-771-3002

また、あの生へしこに、もちろん齋藤さんにも会えると思うと
たのしみで楽しみで愉しみでなりません。
スポンサーサイト

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2010'01'10(Sun)[ <美味し:外> ] CM1. TB0 . TOP▲
COMMENT


☆masaさん。

昨夜、さっそくお邪魔してきましたが、
カウンターでのひとり飲み、良さげな感じでした。

ひと皿のポーションも『きはる』より抑えてあって、
日本酒の注文は1合もしくはグラスがデフォルトになっているのが、
ひとり飲みには頼みやすいと思います☆

ちかぢか日記にもアップしますね~♪
2010/01/12 13:24  | URL | ぷなこ。 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/427-715f13ea
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。