ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)
『通し狂言 雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)
市川海老蔵五役相勤め申し候』を観劇しました。
091102-1.jpg

海老蔵の五変化が観られるとのことで、はりきって初日に
出かけたのですが…こうやってアップしてるのは千秋楽後…
(タイムラグを早くなくさなくては)

これは、1742年に大阪で初演され、
二代目市川団十郎が三役を勤めて好評を博した作品。
歌舞伎十八番に選ばれた『毛抜』『鳴神』『不動』などが含まれていて
あたしも『鳴神』だけは観たことがありました。

初演から約260年後の昨年1月、新橋演舞場で、
市川海老蔵が新たに二役を加えた五役として上演。
今年10月、博多座開場十周年記念 錦秋花形歌舞伎として、
九州に初お目見え、という流れのようです。

五変化が観られるのは嬉しいけれど、ややこしそう、
すじや人物像をちゃんとつかめるかしら…と思っていたのですが
心配は無用でした。

海老蔵本人が口上で面白く解説してくれるのです。
不動明王、鳴神上人、早雲王子、安倍清行、粂寺弾正と、
5役のキャラクターがつかめたところで、いよいよ上演開始。

天下を握ろうとする悪人と、それを防ごうとする善人とが
舞台を縦横無尽に入り乱れる勧善懲悪の物語です。

いや~やっぱり海老蔵ってすごい!
華があって、オーラが出てて、それが観客席まできちんと届く。

五役を見事に演じ分けているのもあっぱれ!
各人物によって声や姿勢や仕草が全く違う。
中でも海老蔵自らキャラクター設定にあたったという
早雲王子と安倍清行が印象に残りました。

舞台のスケールも大きくて、まばゆくて、
休憩時間を含むと4時間超の長舞台でしたが、
幕が閉じると夢から覚めたような名残惜しい気持ちに。

歌舞伎の愉しさが詰まった舞台でした。
スポンサーサイト

2009'11'02(Mon)[ <をかし:映画・演劇> ] CM4. TB0 . TOP▲
COMMENT


よかですな~。
母も初日に行きました。
すごく良かったと言ってたのに・・・終わっちゃいましたよ。
羨ましい。
母からお土産にレーズンサンドをもらってたべました(笑)
2009/11/04 17:16  | URL | SHOKO #- [edit]


なんだかんだ言っても(言われてても)
海老蔵丈は華のある役者さんですよねー
色気があるし。
そりゃーモテらぁなぁ~
2009/11/05 11:19  | URL | マトリョーシカ #- [edit]


☆SHOKOさん。

お母様とすれ違ってたかも…
しれないですね。
(そういえば、花火大会もそうだったような)

ほんと、すごく良かったですよ~☆
来年2月も新春歌舞伎があると思うので、
幕見でもぜひ♪
2009/11/05 12:15  | URL | ぷなこ。 #- [edit]


☆マトリョーシカさん。

ほんとほんと喧騒をかき消すほどの
オーラと存在感でした。
その他大勢でも、クギヅケになっちゃうくらいなので
面と向かって対面しようものなら…
そりゃー惚れちゃいますよねぇ~

2009/11/05 12:23  | URL | ぷなこ。 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/350-7f3e73be
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。