ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
京都秋旅20<無鄰菴>
『おかきた』でおなかいっぱいになった後は『無鄰菴(むりんあん)』へ。
ここは、かつて山県有朋の別荘だったのだとか。

白壁の下は表面を焼いて炭にした木材が使われています。
これって手間かかるそうですが、風情がある。
091013-1.jpg 091013-2.jpg
受付で入場料(¥400)を払い、庭園の中へ。

右側には洋館と小川(鯉が泳いでる!)、
091013-3.jpg 091013-4.jpg

左側には母屋、正面には庭が広がっています。
091013-5.jpg 091013-6.jpg
母屋で休憩しつつ、庭を眺める。
ガラス窓もステキな純和風のおうち。
母屋ではお茶もいただけるようです。(有料)

外国人のご夫婦に写真を撮ってもらったりもしました。
京都って外国人の観光客がほんと多いですね。

風や水や緑を五感で感じながら庭を歩く。
091013-7.jpg
“山県有朋自らの設計・監督により、造園家・小川治兵衛が作庭した”という庭は
奥の滝と中央の池、水が印象的な少し変わったお庭。
091013-8.jpg

茶室をのぞいたりして…(ひょいと有朋が出てきそうな雰囲気)、
091013-9.jpg

洋館へ。庭園と洋館、和洋折衷な空間が広がります。
091013-10.jpg 091013-11.jpg
中に入ると、1階は資料館、2階は当時の内装や家具がそのまま残されています。
ほの暗い照明に浮かび上がる室内。

有朋が使っていたという椅子や『無鄰菴会議』が開かれたという部屋。
091013-13.jpg 091013-12.jpg
奥には“狩野派による金碧花鳥図障壁画”、手前には重厚な椅子とテーブル。
ここに明治政府の重鎮たちが集ったのか…と思いをめぐらせる。

庭園を中心に、純和風の母屋、茶室、洋館が混在する
明治の文明開化を体感できる場所でした。
091013-14.jpg

無鄰菴…京都市左京区南禅寺草川町31

スポンサーサイト

関連タグ:京都

2009'10'13(Tue)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
COMMENT


無鄰菴、行ってくださったんですね☆
ありがとうございます。
お庭が好きなんですよ。
しかしながら、さすが、説明がお上手で・・・勧めた私が「ほほ~」って読んでました(笑)

先日、でででででっかい現場を見に行きましたよ。
今度、その感動を伝えます。
2009/10/14 14:28  | URL | SHOKO #- [edit]


☆SHOKOさん。

無鄰菴、行ってきましたよ~。
教えてくれて、ありがとうございました♪

あたしもお庭好きです。
今の時期、観月も兼ねて、いいですよね~。

説明が上手だなんて、とんでもないっす。
記憶をほどきつつ、思い出すままに書いてみました。

でででででっかい現場ですか~☆
何だろう?どこだろう?気になります。
お話、楽しみにしています。

2009/10/15 00:27  | URL | ぷなこ。 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/324-b5975551
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。