ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ランタン・フェスティバルの旅 @長崎<吉宗>
日付が変わって8日、
ホテル近くの『諏訪神社』へお詣り。
『かえる岩』も観てきました。

続いて、昨日きちんと見物できなかった湊公園会場へ。
昨晩とは打ってかわって人が少なくて見やすい。
本来、祭壇とステージ側は自由に行き来できるのに、
立ち見客が壁をつくってしまい、
昨晩のような状況になったようです。

中華街を通り抜け、『三栄製麺』で
お土産のチャンポン麺を購入。

少し早いけど、『吉宗(よっそう)本店』でランチ。
090216-1.jpg
初代の名前が“吉田宗吉信武”なので、
“よっそう”と読むみたいです。
(最初は“よしむね”かと思った)

昭和2年に建て替えられたという現在の建物ですが、
木造で、味のある佇まい。
入店すると、カン!と拍子木の音が鳴り響きます。
どうやら最初の客だったようで、
一番、と書かれた木札をもらう。

全員、茶碗蒸しと蒸し寿司が対になった
『夫婦蒸し』を注文。(¥1200)
090216-2.jpg
どちらも同じデザインの器ですが、
右側の器は取っ手の部分に「茶碗蒸し」の印。

蒸し寿司は錦糸卵と田麩の色が鮮やか。
全体的に甘めの味付け。
090216-3.jpg

茶碗蒸しは色違いの蒲鉾としいたけ。
スプーンですくうととろっとろ。
思いのほか熱く、舌をヤケドしながら一口。
舌ざわりも喉ごしも滑らか。
最初は見えないけれど、中から
白身やかしわ、きくらげ、銀杏、たけのこ、穴子など
いろんな具材が出てきて
宝箱を開ける気分で楽しめます。

ただ、途中から蒸し寿司のボリュームに苦戦。
けっこう詰まっているので、食べても食べても減らず。
茶碗蒸しの単品にすれば良かったと後悔。

あたしの食べ方があまりに遅いので、
店員さんも痺れを切らしたのか、
座ってる間にテキパキ片付けられてしまいました…。

帰りもかもめで博多へ。
ランタン・フェスティバルの旅、これにて終了です。

吉宗…長崎市浜町8-9/TEL095-821-0001
スポンサーサイト

関連タグ:長崎

2009'02'16(Mon)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/22-18c39c4c
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。