ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
コンヨクとりっぷ10 @大分別府 ー 混浴温泉世界 ー <別府の食2>
2日目の昼は『アホロートル』へ。
昭和初期に建てられた元旅館を利用したカフェで、
コンヨクプレツアーに参加した時から行きたかった店です。
靴を脱いで2階に上がると、カウンターや部屋があります。
09060335.jpg 09060336.jpg
あたし達は床の間のある部屋のテーブル席に通される。

目当ては昭和レトロなこの雰囲気とオリジナルのカレー。
ふたりともチキンカレー(サラダ・ヨーグルト付¥850)を即注文。
すぐ後に来た人達は「売り切れ」と言われていたので、
カレーを食べるには早めの入店がよいようです。
09060337.jpg
“12種のスパイスと鶏肉を使ったインド風の少し辛いカレー”は、
お腹をすかせた2人のお腹にするすると収まっていきます。
ライスに混ぜてあるホール状のスパイスもいいアクセント。
他の女性客が食後に注文していた甘味も美味しそうでした。

小腹をすかせたぷるこ氏が立ち寄ったのは『豚まんの店 幸崎』。
09060330.jpg 09060331.jpg
小ぶりの豚まんは1個¥70。
歩きながら、おやつ感覚で食べるのにちょうど良いサイズ。
野菜の甘みと肉の旨みがうまいこと調和しています。

ラストの食事は『大陸ラーメン』。
温麺が食べたくて『きりん亭』に行ったのですが…、
麺が終わったとのことで、いつもより早く店じまいしていたのです(涙)
そこで思いついた店。コの字カウンターの店内には大将と奥さん。
“創設者は本場中国出身で、現在は三代目が味を引き継いでいる”のだとか。
予定通り、温麺(¥630)を注文。

ふと見ると…麺が上から出てきてる!
09060332.jpg
それが鍋に落ちて、ゆで上がる仕組みになっています。
09060333.jpg
麺の上にはキャベツキムチ、牛のチャーシュー、ネギ、海苔、ゆで卵。
冷麺にはなかったモヤシもたっぷり入ってます。
まずはスープをひとくち。すっきりあっさり何くちでも飲めそう。
麺は特有のコシはあるものの、『六盛』で食べた冷麺の暴れっぷりには
及ばない。これは店の差?冷麺と温麺の差?
途中からキムチやモヤシを絡めたり、コショウを振ったり。
駅前通りを行き交う人を眺めながら、ゆっくり食べ進めます。
身体は冷えるけど、どちらかというと冷麺の方が好みかな。
いろんなお店で食べ比べてみよう。また新しい目標?ができました。

コンヨク、濃い浴、コア食。
ベップのディープな旅もこれにてえんど。
だけど、コンヨクとりっぷは頭の中でしばらく続きそうです。


別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」 …大分県別府市内各所約20ヶ所(予定)/2009年(平成21年)4月11日(土)~6月14日(日)
スポンサーサイト

関連タグ:大分別府

2009'06'03(Wed)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/129-11592b1e
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。