ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
コンヨクとりっぷ4 @大分別府 ー 混浴温泉世界 ー <アサミライブ>
1日目の夕方、『八幡朝見神社』で開催されている
『ベップオンガク:アサミライブ』へ。

缶ビール片手に別府の市街地を横切りながら
のんびりと神社を目指します。神社は駅から徒歩20分ほど。
ぷるこ氏がいたから大丈夫だったけど、
あたしだけなら絶対迷っていただろうな~。

程なく鳥居が見えてきて、山の方へ階段が続いています。
09060101.jpg 09060102.jpg 09060103.jpg
階段を登りきると大きな木がそびえています。

開始から少し遅れて(のんびりが過ぎた…)
受付でチケット(¥3000/パスポートで前売価格)を購入。
右側に本殿、左側に木々から見守られるようにステージがあります。
09060104.jpg

ちょうど『OOIOO(オー・オー・アイ・オー・オー)』のライブが始まったところ。
OOIOOは4人組のガールズバンド。
フシギなオトとコトバとムード。いや、コトバではなくサケビ?
木々と振動するように、身体の内から外から、あたしの鼓膜を震わせるジョシ4人。
即興ぽいけど、カード見てるし違うっぽい。こういう音楽なんだろうな。
途中から4人がシャーマンに見えてきます。
さしずめあたし達は雨乞いに来た農民か。
もっと聴いていたかったけど…終。
09060105.jpg 09060106.jpg
続いて『シンミョン』。大学サークルのメンバーによる、
韓国の民俗楽器の演奏。
異国の音楽なのに、どことなく懐かしい感じ。

トリは『OKI DUB AINU BAND』。
(『和太鼓“楽”』は聞き逃したようです…)
アイヌの血を引き、ギター、ボーカル、トンコリをこなすOKIさんを筆頭に
5人の男子によって結成されています。
09060107.jpg

ちなみにトンコリとはアイヌ独自の弦楽器。
アンプをつけてエレキ化し、ベースやドラムを従えての演奏。
もちろん歌詞もアイヌ語。歌は“うぽぽ”と言うらしい。
同じメロディが繰り返し奏でられ、拡がっていく。
もう1人の民俗衣装を着たアイヌ男子による踊りやコーラスも加わる。

日も暮れて、闇が訪れる。
木々のさざめきとトンコリの音色が共鳴して、一体の空間が生まれる。
子守唄を聞いているような心地よさ(実際、目を閉じてました)

ラスト1曲で、ポリスマンが登場(近隣からの苦情だとか…)
もう演奏はダメだと。だけど、皆は聴きたいと。
そこで、OKIさん1人が、アンプを外してトンコリをソロ演奏。
正直、この1曲が一番残りました。
「照明がOKIさんの後光みたいに差して幻想的だったね」とぷるこ氏。
(そうだったのか…。またもや目を閉じていた)

ある意味、ハプニングに感謝。それも込みでのアサミライブ。
ただ、ディレクターの方は大変だったろうと思います。

時も国も軽々と飛び越える2つのバンド、
“別府市民の精神的な象徴の場として愛され”てきた八幡朝見神社との
見事なセッションでした。(5へ続く)


別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」 …大分県別府市内各所約20ヶ所(予定)/2009年(平成21年)4月11日(土)~6月14日(日)
スポンサーサイト

関連タグ:大分別府

2009'06'01(Mon)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://funahako.blog53.fc2.com/tb.php/121-6478d1e9
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。