ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
10≪ 2009| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ウイスキー大売出し。
先日、近所の酒屋さんが閉店しました。
思えば、店先で昼寝している犬たちと遊ぶくらいで、
店内に立ち寄ることはあまりなかったのですが、
ずっとあった店がなくなってしまうというのは寂しいものです。
マリノアの観覧車に続き…)

閉店に伴い、店内のお酒は大売出し。
091130-1.jpg

ウイスキーの知識は明るくないので、
あたしでも知っている
『Suntory Reserve』と『WHYTE AND MACKAY』に、
小さなボトルにレトロなパッケージの『NEWS250』を購入。

3本で¥2000ちょっと。
きっと安い…はず。
これで、今冬は家でもウイスキー珈琲ができそうです♪

スポンサーサイト

2009'11'30(Mon)[ <美味し:酒> ] CM2. TB0 . TOP▲
昆布と椎茸の佃煮
季節柄、最近、鍋をする機会が増えました。
だいたい、うちは出汁を昆布と椎茸でとるのですが、
そうすると、抜け殻のような昆布と椎茸が残ってしまうのです。

以前は、そのまま捨てていたぷるこ氏。
だけど、もったいない塊のあたしは、
ちくちくと「捨てるなんて…」とつぶやいていたのですね。

それが功を奏したのか?いつの頃からか、
小さくカットして、醤油で煮込むようになったのです。

これって佃煮!?
091129-1.jpg

鍋の箸休めにもいいし、雑炊と一緒に食べてもいい。

あたしは、エコという言葉はちょっとニガテなのですが、
(そんな大それた人間でもないので)
ムダにならず、且つ美味しいものは大好き☆

鍋のおともに、リサイクル昆布&椎茸の佃煮、おすすめです♪

2009'11'29(Sun)[ <美味し:家> ] CM2. TB0 . TOP▲
TRANDOR(トランドール)博多店
ふだんは朝ごはんを食べないのですが、
お出かけのときは、なぜか食べるのが楽しみになります。

いつもより早く起きて、あちこちへ行くというのは
エネルギーの要ることなので、
自然と身体が求めるのかもしれません。

電車でお出かけをしたこの日は、
博多駅構内にある『TRANDOR(トランドール)』のパン。
091128-1.jpg
ぷるこ氏はサンドイッチなどの調理パン、
あたしはクロワッサン。

それに、これまたふだんは飲まない缶コーヒー。

朝の光を浴びながら、流れる景色を見ながらの朝ごはんは、
まるで元気を食べている感じ。
パンもいつも以上に美味しく感じます。

いつもコーヒーはブラックですが、
このときばかりは缶コーヒーの甘さにホッとします。

10月までは、ほとんど自販機でホットが売っていませんでしたが、
11月になると、一斉にホットへ変わったような。

もう、秋というよりは、冬が来ています。

2009'11'28(Sat)[ <美味し:パン> ] CM0. TB0 . TOP▲
銀座あんも
『きはる』でお隣に座ってらした男性の東京みやげを
あたし達もおすそ分けしてもらいました。
(ありがたい~♪)

源吉兆庵の『銀座あんも』。
091127-1.jpg

初めて出会うお菓子です。
ハイソな雰囲気が漂う和菓子です。

包みを開けると、台紙の上におまんじゅうが。
見ためは、蜂楽饅頭を少し小さくした感じ。

薄くて、もっちりとした皮に、
舌ざわりの良いこし餡がたっぷり入っています。

お上品な口当たりで、
食べるとちょっと大人になった気分に。
おご馳走さまでした☆☆☆

2009'11'27(Fri)[ <美味し:喫茶と甘味> ] CM0. TB0 . TOP▲
ポークピカタ
新型インフルエンザの脅威を、
間近でも感じるようになった今日このごろ。

保育士の妹を見習って、手洗いうがいを習慣づけよう…と
思うのですが、なかなかです。
せめて、ちょっと体調がすぐれないときは、
人ごみに出ないようにしようとは心がけているのですが。

新型インフルエンザの流行は養豚業にも打撃を与えているようで。
豚肉の売上が落ち込んでいて、養豚家の方たちは困っていると
ニュースで知りました。

それは、最初、豚インフルエンザと呼ばれていたから?
だけど、豚肉を食べたからといって、感染するわけではないのに…。

せめて我が家だけでも豚肉食べるぞ~。
と、微力ながら、豚肉料理を多く登場させることに♪

これは、厚切りのロースで、ぷるこ氏が休日に作ったポークピカタ。
091126-1.jpg

塩をよーくすりこんだお肉に小麦粉をつけて、
卵と牛乳と粉チーズを混ぜた卵液にくぐらせて焼く。

ソースはトマト風味。
オリーブオイルとバターを熱したところに
ニンニクのみじん切りを加えて、さらに玉ねぎも加えて炒めて、
トマト缶を投入し、煮詰める。

付け合わせの野菜はジャガイモとなすと赤ピーマン。

材料を代替したり、工程を省略したりするあたしと違って、
きっちりみっちり作るぷるこ氏の料理は丁寧な味。

卵の衣をまとったジューシーな分厚いロース肉と
さっぱりとしたトマトソースがよく合います。

卵液が余ったので、翌日は魚の切り身で作ってみたのですが、
魚でももちろんOK。
ぱぱっと作ったホワイトソースとの相性もマル。

…話がそれましたが…養豚業の方々、陰ながら応援してます!

2009'11'26(Thu)[ <美味し:家> ] CM2. TB0 . TOP▲
純米吟醸 酒魂 玉乃光
鍋の美味しい季節になりました。
鍋と言えば酒。鍋の酒といえば熱燗。

大事に取っておいた、いただきものの『純米吟醸 玉乃光』を
満を持して飲むことに♪
091125-1.jpg

『玉乃光』は京都・伏見の酒造メーカーで
創業1673年の老舗、なんだそう。

 米は酒造好適米。自社で正確に精米。
 天然の酸味の利いた旨い酒。
 米の良さを生かした酒本来の姿が、ここにある。
                   (パッケージより)
まずは、冷やを1杯。
(花冷え、ぐらいでしょうか)
冷蔵庫からボトルを出して、黒薩摩の注器にそそぎ、ぷるこ氏と酌をしあう。

お~すっきりしてるのに、コクがある。
めちゃ好みの味。
味の特徴は“酸糖(コクのある辛口)”なんだそう。

続いて、ぬる燗。
邪道ですが…電子レンジを使用。
酒をとっくりに注いで、チン。

香りが鼻から口から広がって、味わいがふくよか~に広がる。
心もふわ~と広がって、気持ちまでゆたか~になる。

ほは~、酒はぬる燗にかぎるのう。

ラストは、上燗。
ぬる燗のときより、レンジの時間を少し長くしてみる。

ぬる燗以上に燗をつけるのは、はばかられたのですが、
おすすめの飲み方で、上燗にも二重丸がついていたのです。

おぉ~これも良き。
香りがさらに華やかになって、
味わいにも深みがまして、
ぽ~っと、ふんわり~と空を飛んでいる気持ちに。

東京のMさん、Tちゃんご夫婦、ごちそうさまでした☆

2009'11'25(Wed)[ <美味し:酒> ] CM2. TB0 . TOP▲
アサヒゴールド復刻版
近ごろ、ビール業界では復刻版がブームの模様。
先日、アサヒの復刻版を見つけました。
091124-2.jpg 091124-1.jpg

“限定復刻”、“日本初の缶ビール”などと書かれています。

 昭和33年(1958年)、日本で初めての缶入りビール「アサヒゴールド」が
 発売され、その後缶ビールがお茶の間に普及していくきっかけと
 なりました。当時の資料を基に再現した味わいは、
 麦芽の芳醇なうまみを引き出した、マイルドな飲みやすさが特長です。
 昭和の古き良き時代を感じながらお楽しみください。
                              (パッケージコピーより)

日本で初めて缶ビールを発売したのはアサヒだったのね。
知らなかった!

これまたレトロなパッケージ♪

飲み口は、すっきりと、か~るい感じ。
海外のビールみたい。
暑いときに飲みたくなるビールのような…気がしました。

2009'11'24(Tue)[ <美味し:酒> ] CM0. TB0 . TOP▲
ラーメン屋とらや @福岡渡辺通り店
休日、午前中に出かけた帰り、ランチに薬院周辺をさまようあたし達。
夜は開いている店も増えたのですが、
昼に開いてる店はやはり少ないようです。

あたしは久しぶりにミスドが食べたい!などとも思ったのですが、
甘いものギライなぷるこ氏は…。
『ラーメン屋とらや 渡辺通り店』に初めて入ってみることに。

入口にはテーブル席、店内は真ん中の調理場を取り囲むように
カウンター席がぐるりとあります。

あたしは、とらやラーメン(¥450)、
ぷるこ氏は、ラーメンに餃子4個とごはんが付いたセット(¥500)に。
最近、1杯で¥1000弱するラーメン屋さんが多いので、
セットで¥500はオトク感があります。

ほとんど待たずにラーメンが到着。
091122-1.jpg
チャーシューにキクラゲ、ネギ、海苔のシンプルなトッピング。
スープは色合い同様、とんこつながらあっさりした感じ。
店内の雰囲気と同じように、ラーメンも懐かしい味。

食べ終えて気づいたのですが…こちらのロゴの方がポピュラーですね。
091122-2.jpg

棚には焼酎ボトルがズラリ。
飲み屋として利用している人も多いようです。

ラーメン屋とらや 渡辺通り店…福岡市中央区渡辺通2-2-14

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'11'22(Sun)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
生協のきらず揚げ
今はもうなくなってしまったのですが、
南区平和に『うず汐』というステキな店がありました。

魚市場あがりの大将と、面倒見のいいおかみさんが
いつも旨い魚料理を安くで食べさせてくれました。
気取らない店内は、まるで親戚の家に来たようで、
両親を含め、気のおけない大好きな人たちと一緒に行くのが
本当に楽しみでした。

残念ながら店はもうないけれど、大将とおかみさんとの関係は
ありがたいことに今でも続いています。

そんな『うず汐』のおかみさんから、何度かいただいたのが
生協の『おからかりんとう きらず揚げ 塩味』。
091121-1.jpg

 国産の小麦粉とおから(大豆)でつくった
 ほんのり甘いクッキー風のかりんとうです。
 スナック感覚で楽しめる、ひと口サイズ。
 おからは、包丁で切る必要がない、という意味で
 「切らず」が転じて「きらず」と言います。
                  (パッケージより)

形は2センチ四方、表面には波状の切り込みが入っています。
かじると…固い。味は…素っ気ない!?

最初はちょっと驚きます。
だけど、この素朴な味が、食べ進めるほどにクセになってきます。
気づけば、歯ごたえまでもたのしくなっています。

舌が慣れてくると、ほんのりとした塩味やおからの風味が
たまらなく心地よく感じられるようになります。

そんなに贅沢してるとは思わないのですが、
普段は過保護なものを食べているのだな~としみじみ考えたり、
味覚が平行感覚を取り戻す機会になっている気もします。

販売は生協ですが、製造は愛知県の井桁屋という会社。
また食べたくなったら、生協の店舗にでも行ってみようと思います。

2009'11'21(Sat)[ <美味し:喫茶と甘味> ] CM0. TB0 . TOP▲
マリノアの観覧車スカイドリームフクオカ
“駐車場代1時間無料サービス”
に魅かれて作った、マリノアカード。

visaは持っているので、マスターにしていたら…
廃止になるからと、visaへの切替えと来場を促す通知が来て
(わざわざ出向かないといけないなんて…少々面倒)
久しぶりにマリノアへ行きました。

ショップ数もさらに増えたようで、来場客も多く、
駐車場に停めるのもひと苦労。
ちょこちょこと買物をして、カードの切替えもして、帰っていると…。

「そういえば、大きい方の観覧車、なくなるんだよね」と友達。

知らなかった!

もう1つの『スカイホイール』と合わせて“ラブリング”とか呼ばれて
ちょっとした観光スポットになっていた気がするのですが…
年月が経って、あまり人気がなくなってきたのかしら。

もうずいぶん前、一度、ぷるこ氏と乗ったような覚えがあるな~。
地上120メートルの高さから眺める夜景は確かにキレイでした。

今後は解体されて、外国へと売却されるそう。
実際に乗ることは少なかったけど、
風景として自然に当たり前に存在していたので、
やっぱりさびしいものです。

もう、『スカイドリームフクオカ』では、なくなってしまうのね。
091120-1.jpg

2009'11'20(Fri)[ <をかし:暮らし> ] CM0. TB0 . TOP▲
博多餃子房603 大名 @福岡大名
大名の『博多餃子房603』へ餃子を食べに行きました。

以前、飛びこみで来たことがあるのですが、
リーズナブルに、色んな種類のひと口餃子を食べられて
ビールが進んだのでした。

今回は、餃子ざんまいコースに飲み放題を付けて¥3000。
(ホットペッパー使用)
財布を気にせず、餃子とビールをたのしむ心づもりです。

店内はカウンターと座敷、2階には離れもあるようです。
座敷に座ったのですが、ほぼ満席で予約が無難なよう。

小鉢をつまみつつ、早速、生ビールで乾杯!
091119-1.jpg

まずは特製603サラダ。
上に、餃子の皮を揚げたものが乗っているのが餃子屋さんらしい。
091119-2 091119-3.jpg
続い和牛レバ刺。レバ刺大好き♪

そして、博多ひと口餃子。
091119-4.jpg

まぁるくきれいに小ぶりの餃子が並んでいます。
焦げ目と羽の部分が食欲をあおります。
たれを付けて、名前の通り、ひと口でぱくつく。

パリパリのもちもちのジュワジュワ。
こんな小さいのに、すごくパンチの効いた味。

変わり餃子3品は、豚足美人餃子に、
しそチーズ餃子に、たこ焼き風の餃子。
091119-5.jpg 091119-6.jpg
餃子尽くしですが、全く飽きません。

海老のセイロ蒸し餃子には、ぷりぷりの大きな海老が。
091119-7.jpg

その後も牛サガリの鉄板焼に、塩とんこつラーメンと続き…。
091119-8.jpg

デザートは、7種から選べるミニ餃子パフェ♪
ずいぶん迷って、マンゴー×スイートポテト餃子に。
091119-9.jpg

かなりお腹いっぱいでしたが、デザートは別ばら。
こういうしっかりしたデザートが付いてると、
女子って満足感がさらに高まる気がします。

この内容で飲み放題も付いて¥3000は…かなりオトク☆
大名にあるから集まりやすいし、
カクテルなど、飲み放題が37種類あるのもいい。
(あたし達は生ビールばかり飲んでましたが…)

店員さん達も元気で愛想の良い方ばかりでした。

夏が終わっても、餃子とビールがアツい季節は続きます♪

博多餃子房603 大名…福岡市中央区大名1-9-18

関連タグ:福岡天神・大名

2009'11'19(Thu)[ <美味し:外> ] CM3. TB0 . TOP▲
太宰府天満宮 @福岡太宰府
『九州国立博物館(九博)』『阿修羅展』を観た帰り、
隣接する『太宰府天満宮』に寄りました。

九博から近未来的なエレベーターに乗り、曲水の庭を通って楼門へ。
091118-1.jpg

阿修羅展効果でしょうか、受験シーズンには早いですが、
たくさんの人。本殿までには長い行列が出来ています。
091118-2.jpg

せっかくなので、お詣りをしたり、狛犬をなでたり。
091118-3.jpg

太鼓橋を渡ったり。
091118-4.jpg

そういえば、学生時代、「初デートで太宰府天満宮の橋を渡ると別れる」
なんて話があった気がします。真偽のほどはわかりませんが。

地元の鹿児島でも、今はなき遊園地『ジャングルパーク』について、
「初デートで観覧車に乗ると別れる」と同様の話があった覚えがあります。
(当時は縁のない話で、全く気にしたことはありませんでしたが)

“恋人の聖地”があるくらいだから、
“破局の聖地”があってもおかしくないか、と1人で納得。

参道を寄り道しながら歩く。

ちょうどお昼の時間になったので、更に住宅街へと入り、
Webで見つけた『一滴庵』という蕎麦屋さんに行ってみると…
ない!?

電話をすると、不通。。。(帰って再検索すると、那珂川に移転した模様)
遠出&初来店の店は、やはり事前に電話チェックが欠かせないなと
強く思ったのでした。

太宰府天満宮…太宰府市宰府4-7-1

関連タグ:福岡大宰府・筑紫野

2009'11'18(Wed)[ <をかし:暮らし> ] CM0. TB1 . TOP▲
サイドウェイズ
試写で『サイドウェイズ』を観ました。
091117-1.jpg

 寄り道してこなかった大人たちへ。
  “最短距離がベストな道のりとは限らない…”
 人生1週間、寄り道の旅に出よう…
 いまどきを生きる大人たちに贈る青春映画。
 人生の折り返し点を過ぎた男女4人が過ごす
 カリフォルニア・ナパでの“再会の休日”とは!?
                  (フライヤーより)

シナリオライターの仕事がふるわず、
私生活では同棲相手に出ていかれて未だシングルの道雄。
富豪の娘との結婚式を1週間後に控え、
独身最後の日々を謳歌したいアメリカ在住の大介。
そんな40男2人がカリフォルニア・ワインの聖地、ナパバレーへ
1週間のドライブ旅行に出かける。
旅先では、2人が留学していた20年前に道雄が家庭教師をしていた
麻有子やその友人ミナと出会う。
しまっていた麻有子への恋心を静かに再燃させる道雄。
婚約中にも関わらずミナに魅かれていく大介。
離婚後、単身でアメリカへ来て、仕事だけを生きがいにする麻有子。
日本で店を出すことを夢見るカフェ勤めのミナ。
4人の旅の行方は…。

映画館で予告編を観てから、ずっと観たかった映画。
小日向文世さんと生瀬勝久さんという、
あたしの激好きな2人が主演というのが、まずいい♪

冴えない2人が、鈴木京香に菊地凛子という美女2人と共に
手にはワイングラスを持って、
美しいナパ・バレーの景色をバックに
気ままなドライブ旅行に出かけるというのだから、
その道中にも興味がわくというもの。

アカデミー賞脚色賞などを受賞したアメリカ映画『サイドウェイ』が
基になっていて、監督も同じ方が務めているのだそう。

音楽はウクレレ奏者のジェイク・シマブクロが担当。
カリフォルニアの景色とウクレレの調べがよく合います。

これまでアラフォー男性が主演の日本映画は
あまりなかったような。
しかも、福山雅治とかイケメンじゃなくて、
小日向&生瀬コンビというのが面白い。

2人の掛け合いに、女性2人も絡んで、何とはなくおかしくて、
10秒に1回は笑っていた気がします。
名所を巡るでもなし、特別なことが起こるわけでもなし、
ナパの景色と、カリフォルニアのワインと、4人の男女が在るだけ、
なのだけど、全てが絵になり、言葉が残る。

それに、菊地凛子さん、あんなにキュートな女優さんだったとは!
今まで役柄だったのか…近寄りづらいクールなイメージだったんです。
(逆に、鈴木京香さんはやや肌に疲れが…)

これは年齢を超えて、多分ずっと観たい映画。
今までカリフォルニアのワインはあまり飲む機会がなかったのですが、
これを機に飲んでみたくなりました。

帰りは我慢できずに『こば酒店』の角打ちで赤ワインを補給。
文世ちゃんのセリフを反芻しながら…

「ピノ・ノワールとカベルネ・ソーヴィニヨン。
 二人の好みは全く違うけれど、
 そんなこと、どうだっていい。
 何を飲むかなんて重要じゃない。
 誰と飲むかが、重要なんだ」

2009'11'17(Tue)[ <をかし:映画・演劇> ] CM0. TB0 . TOP▲
きはる4周年 @福岡春吉
ふなはこ。を始めて早10か月。
最近では、友達が「RSSしてるよ」と言ってくれたり、
友達の友達など直接は知らない方からも「見てますよ」と声かけてもらったり。
ほんとに嬉しくありがたいことだと思っています。

いつも見てくださっている方もいるのだから、
同じ“もの”や“こと”は出来るだけアップしないように…と思ってはいるのですが、
ついまた書かずにはいられないお店もありまして…。

その1つが春吉の『きはる』です。

11月11日に4周年を迎えたとのことで、お祝いがてら寄らせてもらいました。

久しぶりにカウンターに座り、4周年記念で半額の生ビールを飲みながら
目の前の調理風景をたのしみながらメニューを決める、ゆかしきひととき。

スタッフさんも増えて、ますますの活気を感じます。

まずは基本の、泳ぎサバ刺、炙り鯖刺、胡麻サバの3種盛り。
091116-1.jpg

お気に入りは炙り鯖。塩を少しつけて口に運ぶと
脂と旨さがじゅわっと口中に広がります。
思わず「美味しいです!」と目の前のスタッフさんに叫んでしまうほど。
これから年明けの2月、3月まで、どんどん脂がのってくる五島サバ。
今から食べなきゃ損!です。

続いて、さば燻製。
091116-2.jpg

粒マスタードをつけていただく。
さばの味わいが1切れずつに凝縮されています。香りも良き。

タイラギ貝柱の焼き物。
格子状に包丁が入れてあるので、食感は歯ごたえありつつも柔らかい。
噛むほどに滋味があふれてくる。
091116-3.jpg 091116-4.jpg
グリーンオリーブの肉詰めフライ、という初めてのメニューも注文。
オリーブの中には、たっぷりの肉あんが。
詰めて、(パン粉など)付けて、揚げて。
1粒1粒が細かい作業の結晶です。
オリーブ自体に味があるので、そのまま何もつけずともうまい。
これはビールにもワインにも合いそう。

ぷるこ氏が必ず頼む大分産しいたけの焼き物。
091116-5.jpg
肉厚で、きのこなのに?食べごたえ充分。

そして、焼塩サバ。この照り、この厚み。堂々たる存在感。
091116-6.jpg
大人3人、カニを食べている時のような沈黙でもって、ただ箸を伸ばす。
焼きサバであって、焼きサバでない。きはるの、焼塩サバ。
いつも食べる焼きサバを想像していると、嬉しい裏切りにあいます。

他にも、定番の玉子焼きや焼き鯖チャーハン、冬の逸品、牡蠣のコンフィなど
食べに食べて大満足。

途中、今は宮崎在住の元スタッフNくんから送られてきたという『庄三郎』を
いただいたり(宮崎限定の芋焼酎らしい)、
091116-7.jpg
周りの方々とお祝いの乾杯をしたり。

なごやかであたたかな時を過ごさせてもらいました。

今後は新たな展開も考えているとのこと☆
また更に美味しい思いをさせてもらえそうです♪

きはる…福岡市中央区春吉3-21-28 2F

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'11'16(Mon)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
青木カレンwith Shima&Shiko DUO
先月、青木カレンのライブに行きました。
091115-1.jpg
 
 クラブジャズとリアルジャズを繋ぐ、
 いま日本で最も美しいジャズ・ディーヴァ、青木カレンが、
 圧倒的なライブパフォーマンスを誇る
 ジャズユニット「Shima&Shiko DUO」と共に登場!
                        (フライヤーより)

ぷるこ氏が飲み会の日だったので、1人でふらりと行ってみることに。
主催の『HANABI』メルマガのおかげで、割引価格で入場♪

ギリギリに着いたので…ほぼ席は埋まってる(涙)
スタンディングはきついなと、空いてる席を探していたら…
運良く前から2列目に1席だけ空いていました☆

第1部は、Shima&Shiko DUOのライブ。
トランペット&フリューゲルホルンの島祐介氏と
ピアノの伊藤志宏氏によるデュオ。
ドラムやベースといったリズムセクションが不在のシンプルな編成。

なのに!のっけから音と気の迫力にやられちゃいました。
こちらに洪水のように押し寄せてくるよ~。
しかもただ激しいだけじゃなくて、
イメージが広がっていく感じもあって、
身体も精神も心地いい。

休憩をはさんで、第2部は青木カレンが登場。
なんって顔の小さい人なんだろう。
まずは、そこにびっくり。
思っていたよりは年齢高そう、
MCとか落ち着いた大人の女の雰囲気を醸し出していました。

オリジナルの曲から、あたしでも知っている名曲のカバーまで、
多彩な曲揃え。
恋に関係する歌が多かったような。
美人が歌う恋の歌って、しっとりとキュンときちゃいます。

Shima&Shiko DUOのお二人とも仲良さそうで、
息のあったパフォーマンス。
「シュビドゥビ♪」と会場全員で掛け声あわせたりして、
お客さんみんなでたのしめたライブでした。

ライブが終了したのは11時!
あっという間だったのですが、3時間も過ぎていたとは。
いつも夜はひったくりを避けるため西鉄電車に乗るのですが、
会場が西通り近くのroomsだったこともあり、歩いて帰っていると…。

あたしの少し前を歩いていた女子の右側に
左折で来た原チャリからふわりと手が伸びたと思いきや…
バッグ取られた!?

次の瞬間、「お金ないからね!」と叫ぶ女子。

ひったくり犯はびっくりしたのか?
バッグを投げて去っていきました。無事でよかった…。

現場を目撃したのは初めて。あれは防ぎようが…難しいような。
ちょっとタイミングが違えば、被害に遭っていたのは
あたしだったはず。

被害に遭った女子たちの話を聞いて心がけていること。
・バッグは壁側に持つ
・壁との距離は開けないで壁に沿って歩く
・出来るだけケータイは別で持っておく
・2人でいるときも油断しない
・常に警戒していることをアピール  …などなど。

今まで以上に気をつけなくちゃ!

2009'11'15(Sun)[ <をかし:音楽> ] CM0. TB0 . TOP▲
国宝 阿修羅展
今さらですが…9月のシルバーウイークに
『興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展』を観に行ったのでした。
091114-1.jpg

先に観ていた知人たちからのアドバイス通り、
開場の1時間前には九州国立博物館(九博)に到着。
それでも、既に長蛇の列(実際に使うと新鮮な言葉だ)が出来てます。

熱中症対策でしょうか、上にはテントが張ってあり、
『ユニバーサルスタジオジャパン』でもこうやって並んだなと思い出す。
ぷるこ氏とおしゃべりをしつつ、だらだらと歩を進める。
091114-2.jpg 091114-3.jpg

ようやく館内に入るころには、列は更に長くなって、
太宰府天満宮をつなぐエレベーター付近にまで伸びていました。

並んでいる人たちを見ると、家族連れから、カップルから、友達同士から、
関係性を問わず、老若男女さまざま。
猫も杓子も阿修羅像。
(あ、あたし達もその2人ですが)

展示場に着いた頃には若干の疲れが…。
“なかなか辿り着けない感じは阿修羅像の尊さをも思わせる”という
知人Fさんの有難い言葉を思い返し、気を取り返して、
阿修羅像と山笠のコラボを見上げたりしつつ、いざ会場へ。
091114-4.jpg

珍しく、イヤホンガイド(¥500)を借りる。
ナレーションの黒木瞳さんはあまり興味なかった(失礼)のですが、
みうらじゅんといとうせいこう両氏によるシークレットトラックが
ぜひとも聞きたかったのです。

まずは、第一章「興福寺創建と中金堂鎮壇具」。
銀や銅製の器や、水晶やガラスの玉、和同開珎などの貨が並んでいます。
水晶きれい。

第二章は「国宝 阿修羅像とその世界」。
スポットライトを浴びて静かにたたずむ阿修羅像。
その周りを360度取り囲む群衆、もとい観覧者。

阿修羅像につかれたように輪の中に入っていきますが…。
うぐ、きつい、苦しい。
苦しいながらも、みうらじゅんといとうせいこうのシークレットトラックを
聞こうとしますが…ない?なんで?

と思ったら、「皆さ~ん、10数えながら回りますよ~」とスタッフ。
石臼で挽かれる穀物のように、ズロズロと時計回りでまわる。
90度まわったところでストップ。
これが、みうら&いとう両氏の言っていたというモッシュかぁ。。。
90度ずつ数回まわりながら、全角度から阿修羅像を見上げる。

2度目のズロズロがある頃には、周囲からの圧迫感にも慣れてきて、
身体細いとか、足首ないとか、顔は下ぶくれだな、鼻の穴ないんだとか、
近いがゆえに、不謹慎な感想も抱きつつ…モッシュ脱落。

ぐったり。人酔いしちゃいました…。

その後は、阿修羅像以外の八部衆と十大弟子を観てまわる。
皆さん、等身大で、線が細くて、表情が豊かで、親近感があります。

続いて、第三章「中金堂再建と仏像」。
運慶作の釈迦如来像頭部や康慶作の持国天立像など、
奈良時代とは打って変わって、大きくて力強い仏像が並びます。
釈迦如来の飛天たちが、天使みたいで可愛らしい。
(また…、不謹慎…)

最後は、バーチャルリアリティ映像コーナー。
先ほどは360度で観た阿修羅像を真上から観たり、
制作当時の色使いで観たり。

パッと見、わかりにくいのですが、阿修羅像は
両目に涙をたたえているらしいのです。
それが、あの何とも言えない表情につながってるんだろうな。

イヤホンガイドを返す時に確認すると、シークレットトラックは
阿修羅クラブ会員限定だったらしい…。
あたしも確認不足でしたが、一言書いておいてほしかったな…。

帰りに阿修羅像の大きなポスターと記念撮影。
091114-5.jpg

そして夜…左の足裏が腫れ上がってる!?
しかも原因不明(涙) 不謹慎な感想の数々ゆえか。
だけど、懲りないあたし、今度は興福寺で再び阿修羅像に逢いたい。

2009'11'14(Sat)[ <をかし:アート> ] CM2. TB0 . TOP▲
オー・バカナル 博多店(AUX BACCHANALES) @福岡天神
女子トモダチとあるイベントに参加した帰り。
1日、歩きまわって、ちょっと疲れて、
おしゃべりもしたいね~とビールを飲むことに。
(スイーツじゃないあたりが、我ながら良き)

オー・バカナル博多店(AUX BACCHANALES)に行きました。
大丸のパサージュ広場に面して、横に長く広がる店内は、
ガラス張りになっていて、雰囲気はさながらパリのテラスカフェ。

かっこいい店員さんに案内されて、着席。
モナコというビールを注文。
091113-1.jpg

出てきたのは深紅のビール。泡までほんのり赤い。
飲んでみると、かすかに甘い。
疲れた身体にシュワシュワ感と甘さがちょうどいい刺激。

この色と甘さはグレナデンシロップによるものだそう。

パサージュ広場を行きかう人を眺めながら、
とめどなくおしゃべり。

カフェでビール。
久しぶりのオー・バカナルで新たな嬉しい発見です。

オー・バカナル博多店(AUX BACCHANALES)…福岡市中央区天神1-4-1福岡天神 大丸 西館1F

関連タグ:福岡天神・大名

2009'11'13(Fri)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
引き出しの中のラブレター
試写で『引き出しの中のラブレター』を観ました。
091112-1.jpg

 ラジオから聞こえる音楽が、あなたの心にやさしく響く。
 大切な人と離れ離れに暮らしていると、
 なかなか言い出せない「ありがとう」
 近くにいるのに照れくさくて、
 言い出すことのできない「ごめんなさい」
 うまく言葉が見つからず、
 気持ちを伝えられないこともあります。
 あなたも本当に伝えたい言葉を
 心の奥にしまったままにしていませんか? (本編のラジオ番組より)

主人公の久保田真生はラジオのパーソナリティ。
番組の中ではリスナーからの悩みにも軽快に答える真生だが、
自分は亡き父からの手紙を開けないまま引き出しにしまっていた。
父とは、数年前、喧嘩して絶縁状態となり、そのまま他界してしまったのだ。

そんな時、北海道の高校生・直樹から番組に
「笑わないおじいちゃんを笑わせたい」と手紙が届く。
自分の父と重ね合わせた真生は、何とか直樹の祖父を笑わせようとするが、
祖父と息子である父の関係は思った以上にこじれていて、なかなかうまくいかない。

そこで、真生は、心の引き出しにしまった“思い”を
ラジオを通して届ける「引き出しの中のラブレター」という番組企画を立てる。
直樹の祖父は、直樹の父に手紙を書くのか。
妻子と離れて暮らすタクシードライバーやシングルマザーを決意した妊婦、
結婚と家族の間で悩む青年…さまざまな思いをのせて、番組がスタートする…。

常盤貴子演じる真生は、田舎を離れて東京で1人暮らし、
漸く自分の夢をつかんだところ。
会社でも恋人にも、なかなか思いを伝えられず、
観てる方はもどかしいのですが…常盤貴子、きれいだから、いい。

人と人との関係って、距離に関わらず、
遠くなったり、こじれたり、一方通行になったり。
だけど、ちょっと勇気を出したら…。
だけど、わかってるけど、自分のことになるとなかなか…なんだよな~。
みんな、そうなんだなって思わせてくれる。

デジタルなコミュニケーションが多くなった今だからこそ、
ラジオというアナログなツールが活きてくる。
手紙を書いてみたくなる。

ラストの直樹・祖父が取った行動が、これまたステキで…。
じんときちゃいました。

常盤貴子自身が試写会で言っていたとおり、地味な映画ではありますが、
最近、そういうのがけっこう好みです。

日常や感情っていいものです。

時を同じくして、あたしの激好きな長塚圭史と常盤貴子の結婚報道が!
おめでたい☆

2009'11'12(Thu)[ <をかし:映画・演劇> ] CM0. TB0 . TOP▲
ハイダルカレー @福岡薬院
カレー好きのあたしが、個人的に大好きで応援しているカレー、
それがバングラデシュ出身のハイダルさんが作るカレーです。

一度、おうちにおじゃまして、チキンカレーやサンマカレーを
ご馳走になったのですが、インドカレーとはまた違った味わいの
サラッとしたカレーで、スパイスがホールごと入っているのも好みで、
春と秋、秋月に店を出す際には出かけて行ったりもしました。

そんなハイダルさんのカレーがレトルトになっているのを発見!
その名も『ハイダルカレー』(¥600)。
091111-1.jpg
『こば酒店』で1日限定10食が販売されています。

『ハイダルカレー』は…、
 バングラデシュのハイダル家に代々伝わる薬膳カレー。
 もともとは、体調や気分でスパイスを自由にブレンドし、
 家族の健康を考えたお母さんの味です。
 そんなハイダル家の薬膳カレーをみんなに食べさせたくて
 ハイダルカレーを作りました。
 16種類のスパイスとハーブをつかい、無農薬の野菜でじっくり煮込んだ
 体にやさしく元気になれるカレー。
 手間暇をかけて手作りにこだわっています。
 もちろん化学調味料や添加物は一切使っていませんので、
 安心してお召し上がりください。
                             (添付の説明書より)

使われているスパイスは、オニオン、ガーリック、カルダモン、クミン、
クローブ、コリアンダー、シナモン、ジンジャー、ターメリック、
ナツメグ、ペッパー、ホワイトペッパー、チリパウダーなど。
それぞれの効能なども説明書には書かれています。

せっかくなので、鍋に移して、あたためる。
スパイスのいい香り♪
091111-2.jpg

万人受けするよう仕上がっているので、そこまで辛くはありません。
それでも、スパイスやハーブの風味がよくて、
野菜やチキンなどの具材も食べ応えがあって、
あっという間にするすると胃の中に納まってしまいます。

レトルトで気に入ったら、秋月に出かけてみるというのもよさそう。
ハイダルさんに言うと、好みの辛さに仕上げてくれます。
(ぷるこ氏は青唐辛子いっぱいのカレーを美味しそうに食べていました)

販売:こば酒店…福岡市中央区薬院1-12-18
製造:特定非営利活動法人(NPO)KETOY.jp… 福岡市中央区警固2-9-10-201

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'11'11(Wed)[ <美味し:即席> ] CM4. TB0 . TOP▲
フライパンでつくる焼チキン
先日、コンビニで衝動買いした焼きチキン
某スーパーで袋入りを見つけたので買ってみました。
091109-1.jpg
“香ばしいチキンラーメンの焼きそばです”とのこと。
休日のランチに食べてみることに。

フライパンにごま油をなじませてから、
溶き卵を入れてスクランブルエッグを作る。
一度、取り出して麺と水と野菜を加えていためる。
卵を戻して完成。お皿に盛り付けて、ふりかけをかけます。

野菜は特に書いてないのですが、
食感と栄養を考えて、もやしやネギなどを加えてみました。

味はカップ麺ヴァージョンと同じですが、
手を加えた感が出て、袋入りもなかなか良き。
何より値段が安い。(カップ麺の1/3程度)

これからも時々買ってしまいそうです♪

2009'11'09(Mon)[ <美味し:即席> ] CM0. TB0 . TOP▲
鳥善 薬院店 @福岡薬院
先日、近所の『鳥善 薬院店』が、周年記念で
コース料理が半額となっていました。

焼き鳥は食べたことあるけど、水炊きは食べたことないので、
ぷるこ氏と妹と3人で、この機会に行ってみることに。

店内はカウンターに掘りごたつ式の座敷に個室。
半額ということもあってか、ほぼ満席、会社帰りの団体客が多いようです。

予約してる旨を伝えると…なぜか次の日になってる?(涙)
(電話する際、横で妹も聞いていたのですが…)
だけど、9時過ぎていたこともあり、運良く座敷に着くことができました。

生ビールを飲みつつ、小鉢をつまむ。
コースは鳥会席『華』(¥1500/通常¥3000、付出し代¥300別途)を注文済み。
ドリンクは、3人なので芋焼酎の『不二才』をボトルで追加。

照明を落としたシックな店内…なのですが、
唐突に真横左からサービスされるのには戸惑いました。
(通路とテーブルの間が微妙な距離ゆえ、店員さんも配膳しにくい様子…)

まずは、鳥刺三種盛。柚こしょうなど、薬味をつけていただく。
091108-1.jpg
歯ごたえが良き。
HPによると、その日に朝引きされた鶏肉を使っているそうです。

続いて、手羽焼。甘辛いたれ…。ぷるこ氏の分は妹へ。
塩焼きの方が好みかな~。
091108-2.jpg 091108-3.jpg
ナンコツの唐揚は、ちょっと油切れが足りないような。
カラッとしてる方がいいな~。

メインの水炊き。
091108-4.jpg
鶏肉に鶏団子用のミンチに、キャベツなどの野菜。

鶏肉を入れた後、まずはスープを飲む。
セルフサービスゆえ、某鍋料理屋でのバイト経験がある妹が
団子を丸めて鍋に入れるのをかって出てくれました。
う…ん…鶏団子、かたいような、スープ、クセがあるような…。
091108-5.jpg 091108-6.jpg
残ったスープは雑炊に。
つゆだくだくの雑炊。こんなの初めて。
せめてスープ量の調節だけでもしてくれるといいのにな。

ラストはデザートのシャーベット。
お腹いっぱいで食べきれないあたしと、甘いものニガテなぷるこ氏と
3人分、まとめて食べてくれた妹…。すごすぎる…。

最後に、「半額なんだから、文句書くなよ」って、自分でも思いますが!
通りがかりにフラッと入ってくる人もいるわけで…。
その中には、水炊きを食べ慣れていない観光客もいるわけで…。

シラク元仏大統領が訪れたという、大名店に行くと、また違うのかしら…。

鳥善 薬院店…福岡市中央区薬院2-15-2

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'11'08(Sun)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
京都秋旅 番外編 お抹茶パウンド
またまた京都秋旅ふたたびです。

帰りの新幹線に乗るまでのわずかな間、
京都らしい食べ物みやげを駅で買うことに。
『スバコ・ジェイアール京都伊勢丹』に立ち寄りました。

連休最終日の夕方とあって、人でごった返しています。
妹にと抹茶のお菓子を探しますが…ない(涙)
どれも売りきれている模様。

ようやく見つけたのが『お抹茶パウンド』。
メーカー名は『京都菓子司JOUVENCELLE(ジュヴァンセル)』。
“京都宇治抹茶の香り高いケーキ”と書いてあります。

妹におすそわけしてもらったので、あたしもご相伴にあずかる。
091107-1.jpg

『東福寺』の『市松の庭』を模してみました。
京の紅葉に思いを馳せつつ、ごちそうさまでした。

関連タグ:京都

2009'11'07(Sat)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
LIFE SIZE ZOO(等身大の動物園)
先月、『イムズ』地下で開かれていた
『LIFE SIZE ZOO(等身大の動物園)』を観に行きました。

1階から地下をのぞくと、イルカが宙を舞っています。
091106-1.jpg

これって段ボールのパーツで動物を作る…『豚段』とか商品があったような。
と、思ったら、やはり同じ会社のようです。

下に着くと、段ボールで形作られた
等身大の動物たちが並んでいます。
091106-5.jpg 091106-3.jpg 091106-4.jpg 091106-6.jpg  
キリンに牛に馬に犬にゾウにペンギンに…人も。
091106-2.jpg

キリンてこんな大きいんだな~。
以前、何かの心理テストで好きな動物を「キリン」て答えたことがあったっけ。
自身がチビなせいか、背丈や目線の高さに憧れるのかもしれません。

この段ボールの枠組みも印象深い。(『d-torso』と呼ぶそう)
091106-7.jpg 091106-8.jpg

d-torso(ディー・トルソー)とは…
 大分県のアキ工作社が開発した立体造形システム
 この特殊な造形手法を用い、接着剤等を使用することなく、
 段ボールだけで組み立てられた様々な「段ボールオブジェ」を制作。…
                                (パンフレットより)

“d”はやはり、段ボールのd、なのかしら。
接着剤も何も使わないなんて、宮大工さんみたい。
この断面と質感がなんか気になる。
他の素材だとこんな気持ちにはならないはずで。

何でも社長の奥さまがニットデザイナーらしく、
その作品を飾るマネキンを段ボールで作ったのがきっかけなのだとか。

ちょうど時刻が3:00になると…ケンタウロスが動いた!
091106-9.jpg
毎時00分になると、動き出す仕掛けらしい。

有機と無機、空想と現実、デザインとアート、…
間を漂っているような気持ちになりました。

LIFE SIZE ZOO(等身大の動物園)…会期終了@イムズ B2F イムズプラザ

2009'11'06(Fri)[ <をかし:アート> ] CM0. TB0 . TOP▲
関根式チキンカレー
お出かけをした日の夜。
ごはんを作るのは面倒くさいし、お店入るにも疲れたし…。

ということで、珍しくコンビニへ。
あまりコンビニの弁当は食べる機会がないので
(カップ焼きそばは酔いちくれてるとき食べるのにな~ふしぎ)
かなり迷っていると…

いいものを見つけました、『関根式チキンカレー』(¥398)
091105-3.jpg

“インド風”で“辛口”。
インドチックな衣装を着た関根勤さんが笑いかけてます。

疲れてるときは、カレーにかぎる♪

具はチキンにじゃがいもに人参など。
ルーは…辛くは…ありません。
で…ちょっと…うすい?

関根さんということで?
勝手に期待しすぎちゃったのかもしれません。
こういうとき、家だと、スパイスを足せるので助かります。
自分好みにして、完食しました。

2009'11'05(Thu)[ <美味し:中間> ] CM0. TB0 . TOP▲
Boursin(ブルサン)
『こば酒店』のメルマガで送られてきたお得情報。
賞味期限が迫っているとのことで、
『Boursin(ブルサン)』が¥500に!
妹にあたしの分も買ってきてもらいました♪

『Boursin』はフランス産。
まあるい形をしている、フレッシュタイプのチーズです。
091105-1.jpg 091105-2.jpg

胡椒入りなど、フレーバーが数種ありますが、
ガーリック(フレッシュチーズガーリック&ハーブ味)が
お気に入り。

やわらかいので、切り分けずに、そのまま器に置いて、
クラッカーを添えればいいので、準備もらくちん。

ディップのように、たっぷりつけて食べる。
ハーブの香りとニンニクの風味が相まって、
もう手が止まらない。

カタカナの名前には弱いのですが、
ブルサンは覚えやすいのも好きなのです。

2009'11'05(Thu)[ <美味し:つまみ・肴> ] CM1. TB0 . TOP▲
福岡アジアマンス2009
福岡の秋の楽しみといえば、放生会とアジアマンス。
今年は放生会はお休みしましたが、アジアマンスには出かけました。

アジアマンスとは、9月を中心に、福岡市内の各所で開催される
アジア・太平洋地域の文化や芸術などを紹介し、交流を深める一連の催しの総称。

中でも、アジア各国の伝統芸能のステージを観ながら、
各地の名物料理やビールを食べ飲みするという
『アジア太平洋フェスティバル福岡』は、一番のメインイベント。

市役所前の公園で、秋の涼風を肌に感じながら、
ゆる~いステージを観ながら、まったり飲む南国テイストのビールは格別の味。
福岡にいながら海外気分を楽しめます。
帰りには各国の企業やショップが軒を連ねるテントを見てまわり、
市場気分も満喫できます。

それだけに、毎年、楽しみに出かけていたのですが…
(以下、納税者として、思ったままを書かせてもらいます。あしからず)

今年は、会場が『マリンメッセ福岡』と聞いて、ややイヤな予感が…。
だって、青空の下が似合うイベントだから。

それでも、¥1000で¥1500円分の得得チケットを購入し、
前向きな気持ちで、最終日の5時に出かけました。
091104-1.jpg
(画像は1枚切り取った状態、¥500×3枚分のチケットでした)

でも、
まず、マリンメッセって…不便。家からはバスが直通じゃないし。
(チケットを購入する時、会場が変わった理由を尋ねると
「今年は記念すべき20周年だから」とのことだった)

入場すると、何やら大音量で流れる音楽。
『ふくこいアジア祭り』の決勝大会がステージで行われている模様。
そういえば、入口にあの独特な格好をした人たちがたくさんいました。

入口から入って右手にはアジア各国、左手には九州各地のブースが並んでいます。
ブースの外側(壁側)は、それぞれ飲食コーナー。
091104-2.jpg 091104-3.jpg
アジアンフードや九州のご当地グルメが並びます。

ブースを抜けると、テーブル席とサブステージ。
091104-4.jpg 091104-5.jpg
右手には各国のビールを販売しているドリンクコーナー。

テーブル席の向こうにそびえる壁は何…?と思ったら、スタンド席でした。
その奥に、メインのステージがある様子。

友達と合流し、まずはフードとビールを調達しに行く。
が!多くのブースで売り切れ続出!!
(最終日とはいえ、閉館まであと3時間あるのに…)

その分、開いている数少ないブースには長蛇の列が。
しかも¥500チケットは釣りが出ないらしく、微妙に使いづらい。
列に並んで、何とか数品、調達。
091104-6.jpg

唖然としたのはビール。全て売り切れ。
アサヒのアルコールフリーのビールテイスト飲料しか残っていない…(怒)
(天神の公園なら周りで買ってくることもできるのに)
仕方がないので、人数分を購入。

テーブル席に座ると、肝心のステージは全く見えず。
そりゃそうだ、スタンド席の壁が立ちはだかってるんだから。
“ステージを見ながらアジア太平洋・九州料理でアジア気分満喫!”
なんてパンフのコピーは真っ赤なウソ。昨年の使いまわし?

テーブル席に囲まれた、バックステージすらない小さなサブステージでは
端で司会者と着ぐるみが後ろを向いて打ち合わせ中。この切ない光景が、
今年のアジア太平洋フェスティバルを象徴しているように見えました。
091104-8.jpg 091104-7.jpg

昨年までの青い空が懐かしい。公園の空気が恋しい。
せめて獅子舞でも観て鼓舞しようと、スケジュール通り7時にステージへ行くと…
ん?既に始まっている?押すのはわかるけど、前倒しって…。

もう何から何まで切ない。

気を取り直し、ブースを見てまわることに。
まずは福岡アジア美術トリエンナーレ2009の
『フクオカ・リアリィ・リアリィ・フリーマーケット』。
091104-9.jpg 091104-10.jpg
“お金を一切必要としない、本当に本当に、無料のマーケットです”の看板。
九大の公開講座でお世話になった藤原先生の研究室の学生さん達が
携わっていると聞いていたので、寄ってみました。

貨幣だけでなく、物々交換みたく代替のモノすら要らないフリーマーケット。
訪れる人は、品物を置いて帰るのも、持って帰るのも、自由。
トリエンナーレ期間中は、『福岡アジア美術館』でもやっているそう。

カンボジアのブースにも行ってみる。
着いたとき、サブステージで地雷撤去の説明をしていたのですが、
バックに流れるふくこいソングの大音量で、ほとんど聞こえなかったのです…。
こういう内容こそ、メインステージでやってもいいんじゃないだろうか。
(そもそもステージとテーブル席を分断する意図がわからない)

100円玉1枚で1平方メートルの地雷原をきれいにできるとのこと。
数平方メートル、協力させてもらって帰ってきました。

来年は、再び天神の公園で開催されることを、切に願います。

2009'11'04(Wed)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM2. TB0 . TOP▲
女性のための漢方セミナー
先日、『女性のための漢方セミナー
お医者さんと考える「女子力アップ!大作戦!!」』に
行きました。
091103-1.jpg
最近、“女子”って言葉がずいぶんと定着してきたような。

開演ギリギリに会場のアクロス福岡シンフォニーホールに着くと
1階席は空いておらず、2階席へ…。
スタッフの人数がかなり多い…。
きっと主催や後援や協賛やいろんなとこから来てるんだろうな。

第一部は基調講演。
まずは、福岡大学医学部産婦人科の城田京子先生による
女性応援講座「自分の体を知ろう!」
続いて、ひまわり佐藤まゆみメンタルクリニックの佐藤真弓先生による
「こころにも効く漢方治療」

それぞれ20分程度で駆け足の講演。
産婦人科や精神科の現場でも漢方が活用されているようで、
そもそも漢方とは何なのか、どういった診察をするのか、などを
簡単に紹介、といった感じでした。

漢方薬とは葛根湯など2種類以上を混ぜたもので、
ウコンなど1種類だと、民間薬、と区別されるそう。

休憩をはさみ、第二部は番組公開収録。
テレビの公開収録って初めて。
最初にディレクターの人が出てきて拍手の練習などをする。

ゲストの辺見えみりさんや講演した先生方を迎えての収録。
(辺見えみりさんの博多で一番好きな食べ物は“鯖しゃぶ”なのだそう。
司会の福田健二さんは「知らないよ」とか言っていたので
「『きはる』で食べられるよ~」と二階席から叫びたくなった)

パニック障害など症例と、その処方例を先生方が映像を交えて紹介、
合間に辺見えみりさんが自身の漢方体験談などをおしゃべり…といった感じ。
で、落としどころは協賛のツムラ…という流れ。

そういえば、子どもの頃、ツムラの漢方薬飲んでたな~。
1回分ずつ袋入りになっていて、煎じたりする必要はないので、
確かに飲みやすかった(味は何ともいえない苦さだったけど)

以下、先生方のアドバイス
●ちゃんと食べてちゃんと寝る
●体は間違えない(サインを見逃さない)
●優しい自分を育てる(時には自分に甘くなる)
●体をあたためる(冷やさない)
●何でも使ってイキイキと(漢方も1つの選択肢)

帰りに、アンケート記入と引き換えに
婦人公論編集の『心と体にやさしい漢方』をもらって帰りました。

ちなみに、番組の放映は11月3日11時から(今日だ~)だそうです。

2009'11'03(Tue)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM2. TB0 . TOP▲
雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)
『通し狂言 雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)
市川海老蔵五役相勤め申し候』を観劇しました。
091102-1.jpg

海老蔵の五変化が観られるとのことで、はりきって初日に
出かけたのですが…こうやってアップしてるのは千秋楽後…
(タイムラグを早くなくさなくては)

これは、1742年に大阪で初演され、
二代目市川団十郎が三役を勤めて好評を博した作品。
歌舞伎十八番に選ばれた『毛抜』『鳴神』『不動』などが含まれていて
あたしも『鳴神』だけは観たことがありました。

初演から約260年後の昨年1月、新橋演舞場で、
市川海老蔵が新たに二役を加えた五役として上演。
今年10月、博多座開場十周年記念 錦秋花形歌舞伎として、
九州に初お目見え、という流れのようです。

五変化が観られるのは嬉しいけれど、ややこしそう、
すじや人物像をちゃんとつかめるかしら…と思っていたのですが
心配は無用でした。

海老蔵本人が口上で面白く解説してくれるのです。
不動明王、鳴神上人、早雲王子、安倍清行、粂寺弾正と、
5役のキャラクターがつかめたところで、いよいよ上演開始。

天下を握ろうとする悪人と、それを防ごうとする善人とが
舞台を縦横無尽に入り乱れる勧善懲悪の物語です。

いや~やっぱり海老蔵ってすごい!
華があって、オーラが出てて、それが観客席まできちんと届く。

五役を見事に演じ分けているのもあっぱれ!
各人物によって声や姿勢や仕草が全く違う。
中でも海老蔵自らキャラクター設定にあたったという
早雲王子と安倍清行が印象に残りました。

舞台のスケールも大きくて、まばゆくて、
休憩時間を含むと4時間超の長舞台でしたが、
幕が閉じると夢から覚めたような名残惜しい気持ちに。

歌舞伎の愉しさが詰まった舞台でした。

2009'11'02(Mon)[ <をかし:映画・演劇> ] CM4. TB0 . TOP▲
ash room 手づくり木のおもちゃ @福岡平尾
知人の出産祝いによく贈らせてもらっているのが
『ash room(アッシュルーム)』で売られている『手づくり木のおもちゃ』。
091101-1.jpg

おしゃれなセレクトショップゆえ、
初めて見たときは、ギャップを感じたものですが、
オーナーの親戚が手作りしている商品とのことで、
特別に販売しているそう。

名前もそのまま素朴な『木のおもちゃ』は…
 やさしい手ざわりにプラス
 その暖かさが心を癒してくれます。
 ○材料は吟味したパイン材・チーク材を使用
 ○塗装は表面にオイルを中心に自然で無害のものを使用
                         (商品説明より)

動物モチーフが数種あって、あたしはカメがお気に入り。
手に持って振ったり、転がして遊んだりもできます。
子どもが口に入れたりしても安心。

店頭にない場合もあるので、興味を持たれた方、
事前の予約がおすすめです♪

ash room(アッシュルーム)…福岡市中央区平尾1-2-8コーポ黒木101

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'11'01(Sun)[ <をかし:買い物> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。