ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2009| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
御膳屋 奥離 @福岡天神
ぷるこ氏がとある会の幹事を任されて店選びをすることに。

開催は金曜日、参加者は約20名、個室がある、場所がわかりやすい、
できれば天神周辺、飲み放題込みの¥5000コース希望…。
これだけ条件が揃うと、なかなか難しいものです。

で、ソラリアステージビルの上にある『御膳屋 奥離』はどうかと。

ここなら、西鉄天神駅直結だし、迷う人もいないし、
確か、全室個室だったはず…。
中州『御膳屋 菴離』の常連さんであるMさんに、
店長さんを紹介してもらうことに。

ご挨拶と下見を兼ねて、ぷるこ氏と来店。
西鉄ホールは度々来るけど、ここは初めてだな~。

迷路みたいな通路に沿って個室が並んでいます。
総席数は250もあるらしい。

個室の入口で靴を脱ぎ、掘りごたつに座る。
メニューを見ると、単品よりコースがメインの様子。
ぷるこ氏みたいな宴会での利用が多いのかもしれません。

人気メニューベスト10、なるページがあったので、
そこから数品頼むことに。

生ビール(¥600)を飲みつつ、
091031-1.jpg

手づくり黒豚焼ぎょうざ(¥580)や
男爵芋とモッツアレラチーズのオーブン焼き(¥630)などを。
091031-2.jpg 091031-3.jpg
2杯目から木挽(¥440)へ。

こんなに部屋数あるのに、ブザーを押すと、すぐスタッフが来てくれて、
間違えずにメニューを持ってきてくれる。

当たり前といえば当たり前ですが、見事なオペレーション。
帰りはそのまま西鉄天神駅へ。抜群のロケーション。
(すみません、マンションのコピーみたいになってしまいました…)

御膳屋 奥離…福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F
スポンサーサイト

関連タグ:福岡天神・大名

2009'10'31(Sat)[ <美味し:外> ] CM1. TB0 . TOP▲
YEBISUの琥珀ヱビス
ちょっと贅沢なビール、YEBISUの琥珀ヱビス。
091030-2.jpg

 既存のヱビスビールに厳選したクリスタル麦芽を加え、
 通常の麦芽使用量を増やすことで
 琥珀色の深みのある味わいを実現した
 「アンバービール」タイプの「ヱビス」です。
                           (HPより)

まず、このシンプルでいて高級感の漂うパッケージが目を引きます。
華やかなので、おめでたい席にも合いそう。

グラスに注ぐと、鮮やかに際立つ琥珀色。
飲んでみると、深くて濃い地ビールのような味わい。

これ、いい。

CMで“こだわりのお店でしか飲めない”と言ってるので、
近くに生ビールも飲めるとこないかしらと、
ネット検索したら…福岡県内は2店のみ。(市内はゼロ)
もう少し増えたらいいのにな。

2009'10'30(Fri)[ <美味し:酒> ] CM2. TB0 . TOP▲
ザ・バンク 堕ちた巨像
『ザ・バンク 堕ちた巨像』を試写で観ました。
091030-1.jpg

上映はもう終わってるはず…と思っていたら、
DVDの発売を記念しての試写会だったよう。
ちょうど土曜日の開催だったので、
珍しく(というより初めて?)ぷるこ氏も一緒です。

真実さえ取引されるのか。
世界中の巨富が流れ込む、
その銀行の莫大な資金の行方ー。
インターポール捜査官がたどり着いた、
隠された真相とは。
        (オフィシャルサイトより)

インターポール捜査官のサリンジャーは、
ニューヨーク検事局のエレノアと共に、
国際的なメガバンクであるIBBC銀行を捜査していた。
内部告発を希望する幹部と接触しようとするが、
検事局員や告発者を殺されてしまい、
上からも圧力を受け、捜査は中止目前に追い込まれる。
軍事メーカーの社長から銀行が武器取引に
関わっていることを何とか聞きだすものの…。

観ててとにかく怖くて救いのない映画。
銀行がお金が武器の流れを支配し、世界各国の勢力図を変えていく。
そこに立ち向かう者は容赦なく殺害され、
インターポールや検事局だって為すすべがない。

それでもあきらめずに、執拗に、正攻法を捨てて
銀行のトップを追い詰めるサリンジャー。
だけど、たとえトップが変わっても、システムは機能し続ける。
だから、エレノアに正攻法での希望をつないだのか…。

なんて書くとキリキリと眉根を寄せて観なくちゃいけなそうですが、
エンタテインメント的な要素も多分に含まれていて、
緩急まぜて観賞できます。

中でもニューヨークのグッゲンハイム美術館での銃撃戦は圧巻。
主演のクライヴ・オーウェンも渋かった♪

2009'10'30(Fri)[ <をかし:映画・演劇> ] CM2. TB0 . TOP▲
日清のミルクシーフードヌードル
もうずいぶん前に話題になった日清の『ミルクシーフードヌードル』に
今さらながらハマっています。
091029-2.jpg

確か、通常の『シーフードヌードル』に
お湯の代わりに温めた牛乳を注いで食べている、というファンからの投稿を受けて
日清が開発した商品…だったはず。

日清といえば大手中の大手の食品メーカーなのに、
生活者の声にきちんと耳を傾けているんだな~と思った覚えがあります。

そんな開発経緯を受けて興味はあったのですが、
あまり店頭では見かけない…んですよね。
なので、見つけたときにまとめ買いして、
ぷるこ氏がいないときなどにラクして1人食べするのが楽しみなのです。

肝心の味ですが、結論から言えば、
ミルクとシーフードヌードル、めちゃくちゃ合います。
(最初は若干の抵抗もあったのですが)

最近では妹もハマっているようで、卵を落として食べたりしているよう。
カルボナーラチックになって、これまた合います。

2009'10'29(Thu)[ <美味し:即席> ] CM0. TB0 . TOP▲
京都秋旅 番外編 竹久夢二専門店ギャラリー港屋 銀閣寺店
長々とつづってしまった京都秋旅ですが、
みやげ話をさらにひとつ。

抹茶、七味、手ぬぐい、油とり紙、寺社もの(お守りなど)…と
京都みやげは数ありますが、
自分みやげは竹久夢二のグッズ。

今回も『ギャラリー港屋 銀閣寺店』でたくさん買い込んできました。
091029-1.jpg
ハンカチに絵はがきにポストカードに一筆箋にポストイット?に…。
これは一部ですが、だいぶ迷って数を減らしたくらい。

夢二が描くたおやかな女性たちも魅力的だと思うのですが、
あたしが好きなのは動物や植物。
代表的なモチーフは椿やどぐだみ、鳥、猫など。

ただ、ハンカチ(下に敷いている赤い絵柄のもの)は、
ちょっと趣向が違うなと求めてみたもの。
ちょうど岩田屋で竹久夢二展があって、ハンカチを手にしていると、
会場の男性スタッフが「いいものをお持ちですね」。

何でも東京にお店をオープンしたとき、
その告知ポスターとして描いたものだそう。
だから、紅白のめでたい感じに仕上げているのだとか。

あ、値段が手ごろなのも良き。
某店で手ぬぐいに1万円が付いていたのは驚きました。
(有名人とのコラボ商品ではありましたが)

今は飾るよりも、使ったり、送ったりする方が、
性にも財布にも合うようです。

竹久夢二専門店ギャラリー港屋 銀閣寺店…京都市左京区銀閣寺町83(銀閣寺前)

関連タグ:京都

2009'10'29(Thu)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
GLORY HILL(グローリーヒル)
先日、ラジオ局主催のフリーライブが当選したので
ぷるこ氏と2人で行ってきました。
(週末開催だと一緒に行けるのでありがたい♪)

『cross fm challenge ラヂヲ presents HIGH VOLTAGE vol.1
GLORY HILL(グローリーヒル)』です。(長い…)
フレッシュなバンドを応援する、という趣旨のよう。

正直、GLORY HILLって聴いたことなかったのですが、
ネット検索すると“ポストエルレ”という言葉が多出して、
ちょっと興味があったのでした。

ジャンルは…“エモ・メロディックパンク”?
・・・

会場の『福岡DRUM Be-1』には、おそらく10代の若者から
年輩の女性まで、幅広い年齢の人たちがいて、あたし達も溶け込めてます。

メンバーは4人。みんな若い!
だけど、だいぶライブ数はこなしている感じ。

エルレっぽくは…ないような。
もっと荒削りでウェットでさわやかな感じがするなぁ。
MCでのリスナーに発するメッセージが
自分たち自身にも向けているような気がして
まだまだ上ってる途中なんだな、という印象でした。

あたしが気になったのはステージ横に立つ屈強なスタッフの存在。

みんな大柄だなぁと思っていたら、
ダイブしてステージ前まで押し寄せる若者たちを
ストンと安全に着地させる人たちでした。

野外フェスでは事故があったとも聞きますが、
かといって、ライブにモッシュやダイブは是非もの。
禁止されるのもちょっと寂しい。
だから、あのお兄さんたちの出番なんだろうな。

2009'10'28(Wed)[ <をかし:音楽> ] CM0. TB0 . TOP▲
なすのトマトクリームパスタ
お店で食べる、“トマトクリーム”なるソースの
パスタが家でも食べたくて、作ってみました。

トマトソースとクリームソース、
ほんとはどちらか選ばなくちゃいけないとこなのに、
両方が入ってるなんて、なんとも欲張りな心を満たしてくれて、
ひらめいた人はすごいなと思ってしまう。

それに子どものころは、混ぜたもの、合わせたものって
とにかくキライだったのに(カレーうどんさえ良しとしなかった…)
味覚や好みってほんと変わるものです。

具材は、なすとシーチキン。
それと、お好み焼きで余った山芋。
具材を炒めたとこにトマト缶と生クリームを放って
パスタも放って、出来上がり。
091028-1.jpg

白いスクエアプレートに盛り付けると、
ちょっとはカフェチックな気分も演出できた…はず。

酸味とまろやかさ、両方とも手に入れた
想像どおりの味。

山芋も、意外と合います。
焼けてるとこはシャキシャキで、中はぬめとろで。
なんでも試してみるものですね。

2009'10'28(Wed)[ <美味し:家> ] CM2. TB0 . TOP▲
ぺヤングの超大盛やきそば
時々、東京みやげにもらっていた『ぺヤング』。

ご当地もののカップ麺て、好き。
パッケージとかレトロ感があって
ソースやスープも大手メーカーとはまた違った地域の味がして、
食事というよりは、おやつというか、駄菓子を食べている感覚もあって。

そんな『ぺヤング』をドンキホーテで発見。
091027-1.jpg
しかも超大盛。

これね、普通サイズのちょうど2倍です。
ぷるこ氏と半分こで食べる。

かやくを麺の下(上に入れると湯きりのとき、フタにくっつくので)に
入れて、お湯をかけて待つこと3分。
ソースとふりかけとスパイスをかけて完成。

は~下町の味がするな~。
と思ったら、製造は群馬県伊勢崎市の会社。
東京だけじゃなく、関東一円で売られているのかしら。

別の機会に、1人でたいらげたぷるこ氏。
長い間、「お腹がすかない~」と言ってました。
女子はもちろん、小食の人は2人で1つがよさそうです。

2009'10'27(Tue)[ <美味し:即席> ] CM4. TB0 . TOP▲
なす豚や @福岡白金
超お気に入りのお店の1つに『なす豚や』があります。
もともと渡辺通りでトンカツ屋(旧『かつよし』)をしていた店だとか。

ランチではお気に入りのカツカレーばかりを食べてしまうので、
他のメニューを食べようと最近は夜に行くことも多くなりました。

店内はカウンター数席とテーブル席が4つ、未体験の座敷もあります。
夜はご主人と奥さまの2人でされていて、
満席が続くランチタイムとは違って、ゆっくりと過ごせます。

テーブル席に座り、生ビール(¥500)を飲みながら、
サービス?の枝豆をつまみつつ、メニューを決める。
091026-1.jpg
(定食のみのお客さんも多い中、よく飲む人たちと認識されている2人…)

まずは名物のなす豚(¥700)。
091026-2.jpg
ジューシーななすと豚肉にこってり味噌だれが絡んでる。
ごはんが欲しくなる味だな~♪

続いて貝柱フライ(¥800)。
いつもはバター醤油炒めなので、今回はフライを注文。
091026-3.jpg
サックサクの衣とやわかく上品に口溶けていく貝柱の相性は最高!
次回から、バター醤油炒めか、フライか、かなり迷ってしまいそう。

カニコロッケが売り切れ(涙)だったので、ミックスピザ(¥945)を追加。
091026-4.jpg
ここは洋食メニューも隠れた人気。

奥さま曰く、“大人の洋食”を目指しているそうで、
手を抜いてる感や変な甘さのしない正統派のメニューをいただくことができます。

けっこうお腹いっぱいになったけど、白ごはんがまた美味しいので
最後にヒレカツ&生姜焼定食(¥1200)をぷるこ氏と半分こ。
091026-5.jpg
以前、ランチでぷるこ氏が食べていたのをちょこっともらったのですが、
この生姜焼きがまたうまい。

ふつう生姜焼きって玉ねぎとか野菜が入ってて
けっこう甘い味つけになってると思うのですが、ここのは
純豚肉100%!だけど甘くないから、どんどん食べられちゃう。
お肉に自信がないと、こんな生姜焼きは作れないだろうな~。

ヒレカツだって、元トンカツ屋だから、これもまた美味しい。
セットのサラダやあさりたっぷりの貝汁や3種の漬物など脇役も豪華。

一皿一皿美味しくてボリュームがあるのに、¥7~800程度がほとんど。
4品+飲み放題(¥3500/4名様~)のコースもあり。

店主は品のいいステキなおじさまで、奥さまは明るくて話しやすい方。
毎日、8時から仕込みに入っているそうです。尊敬☆

お皿など食器も調度の良いものを使っているし、BGMはジャズやボサノバ。
『全国陶磁器フェア』で見た『松原工房』さんのお茶碗を使っていたり。

店名と店とのギャップもまた良き。

ただ、閉店が早いので(遅くても22時まで)、電話すると開いてないことも…。
だからこそ、開いてるときの嬉しさが倍増するのかもしれません。
これからの季節はカキフライも楽しみです。

なす豚や…福岡市中央区白金1-1-12アサリコーポラス102

関連タグ:福岡高砂・白金

2009'10'26(Mon)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
焼きシチュー
シチューの美味しい季節になりました。

ぷるこ氏はパン、あたしは白ごはん。
それぞれ美味しく食べた2日目の夜。

カレーだと2日目も美味しい(たぶん1日目以上に)のですが、
シチューってちょっと…飽きる。
目先を変えようと、焼きカレーを真似て焼きシチューにすることに。
091025-2.jpg

ごはんの上にシチューをかけて、
パン粉とチーズをのせて焼くだけ。
焼きあがったら、ゆで卵の輪切りを飾る。
(殻が割れて、ぷわぷわの白身が…)

たったこれだけなのに、昨日までとはまた違った表情で、
カリカリの表面ととろとろのシチューが良い相性。
091025-3.jpg

ふだんはパン党のぷるこ氏もぱくぱく食べています。
シチューが余ったとき、おすすめです。

2009'10'25(Sun)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
サイラー SAILER @福岡南区長丘
朝ごはんを食べるぷるこ氏。
朝ごはんを食べないあたし。

パンが好きなぷるこ氏。
パンがふつうのあたし。

てことで?うちの朝は、ぷるこ氏が1人でパンを食べます。

以前は、あたしが買い物ついでにスーパーで買ってきていたのですが、
それを渡すとぷるこ氏が悲しそうな顔をするので、
(あたしはスーパーのも充分に美味しいと思うのですが)
最近は買うのをお任せするようになりました。

パンが切れると、いそいそと嬉しそうに買ってくるぷるこ氏。
しかも、名店ばかり。

今回は寺塚『サイラー』の食パン。
091025-1.jpg
オーストリアのパンや菓子、アイスクリームのお店。
チョコレートケーキやキッシュも大好きですが、
やっぱりメインはパン、だと思う。

感想を聞くと「美味しいよ」と笑顔で返すぷるこ氏。
それは…わかってるって。

次回からはもっと突っ込んで聞かなくては。

サイラー SAILER…福岡市南区長丘2-1-5-西村ビル1F

関連タグ:福岡南区

2009'10'25(Sun)[ <美味し:パン> ] CM0. TB0 . TOP▲
十鉄 西新店 @西新
西新に某カレー屋さんへ行ったときのこと、
ケータイで地図を確認しながら着くと…なんと臨時休業(涙)

近くの『十鉄 西新店』でちゃんぽんを食べることに。
以前、テレビで見たことがあって、焼きちゃんぽんを
食べてみたかったのです。

店内は奥に広くて、左側に調理場とカウンター、
右側はテーブル席になっています。
テーブル席に座り、メニューを決める。

ぷるこ氏は、十鉄ちゃんぽんの唐揚げセット(¥880)に、
あたしは、焼きちゃんぽん(¥630)にする。

自家製辛し高菜が食べ放題、とのことなので、
高菜をよそいに行って、食べながら待つ。

程なくして運ばれてきました。
まずはあたしの焼きちゃんぽん。
091024-1.jpg

キャベツにもやし、ネギ、人参など野菜たっぷり。
ちゃんぽんて、何がいいって、具だくさんなとこ。
もちもちの麺にはたっぷりスープがしみこんでいます。
これはあたしの好きな味。
(違う店で違うメニュー名で似たような麺を食べた気もしますが…)

一方、汁好きのぷるこ氏は通常のちゃんぽん。
091024-2.jpg

白ごはんと唐揚げ付き。
こちらも野菜たっぷり、ボリュームたっぷり。

HPを見ると、ショッピングモールのフードコートなどで見かける
『あんにょん』などと同じ会社のチェーン店のようです。

十鉄 西新店…福岡市早良区西新4-8-37-1F

関連タグ:福岡早良区

2009'10'24(Sat)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
明星の究麺
ある飲んだ帰り、あたしが『焼きチキン』を選ぶ横で、
ぷるこ氏が手に取ったのは明星の『究麺(きわめん)』。
091023-2.jpg
(焼きチキンに続き、画像がブレブレです…)

CMを見るたびに気になって、
今までも、ちゃんぽんや焼きそばを食べてみました。

今回は、しょうゆラーメン。
“コシのある太麺に濃コクスープ”と書かれています。

お気に入りの理由、1つめはネーミング。
“きわめん”だから“極”でもよさそうなのに、
“究”を使ってるとこが、麺に対する探究と情熱が感じられるというか。

2つめは、ズバリその究めた麺。
ノンフライ麺で、かなり生麺に近い感じ。
インスタントなのに、ここまで出来るんだ~と最初は驚きました。

しょうゆラーメンもいいですが、あたしはやっぱり
ちゃんぽんが好きかな。
ぷるこ氏も同意見。

と、言いつつ、また新製品が出たら
ちゃんぽんじゃなくても買ってしまいそうです。


2009'10'23(Fri)[ <美味し:即席> ] CM0. TB0 . TOP▲
サントリーの黒角
ハイボールのおかげでウイスキーへの抵抗感が
ほとんどなくなった今日このごろ。

先日は『バー新開』で『ARDBEG(アードベッグ)』という
個性の強いウイスキーを飲んだのですが、
とても美味しくいただけて、新たな世界が広がった感じ。

『六曜社珈琲店』のウイスキーコーヒーも好みだったし、
今冬は夏以上にウイスキーを飲む機会が増えそうです。

自宅では、夏はハイボールばかり飲んでいましたが、
炭酸水を切らしているときなど、
最近は水割りでも飲めるように。

そんな時、酒屋で見つけたのが『サントリー黒角』。
091023-1.jpg

アルコール度数が通常の40度に比べて、43度とやや高め。
味わいも黄角(って呼ぶのか?)より重くて濃い気がします。

黄角から黒角へ。
角党への階段を一歩のぼった秋です。

2009'10'23(Fri)[ <美味し:酒> ] CM4. TB0 . TOP▲
金木犀
今年も金木犀の香りが漂う季節となりました。

写真は京都『龍安寺』の立派な金木犀。
091022-3.jpg

今年は一足先に京都で嗅いで、今また福岡でも嗅いで。
1秋で2度かぐわしい年となりました。
(これから実家に帰ったら3度目も嗅げるかしら)

金木犀の香りって
好きなんだけど、嫌い。
嫌いなんだけど、好き。

胸の内をさわさわとざらざらと揺らす。
幼い日々や出会いや別れやいろんな記憶を呼び覚ます。

どちらかというと、笑みより涙腺と結ばれていて
ただそれは悪いわけじゃなく、切なくて、苦くて、あたたかい。
なんて、語ってしまうあたり、やっぱり金木犀が、好きなんだ。

2009'10'22(Thu)[ <をかし:暮らし> ] CM2. TB0 . TOP▲
鮭としめじのクリームパスタ。
賞味期限ギリギリの鮭缶が出てきました。
フレーク状なので、パスタにすることに。

しめじ、玉ねぎ、赤ピーマンなどの野菜と合わせて
ソースはクリーム系にする。
091022-2.jpg

鮭(生じゃないけど)とシメジ(きのこ)。
秋を感じる組み合わせ。

廃棄寸前のものを使ったにしては、合格点。
白いソースに赤ピーマンと桃色の鮭が映えて
見ためもなかなか。

先日、パスタとスパゲッティの違いについて取り上げた記事を
読んだのですが、そういえばあまり意識して使っていなかった気がします。
スパゲッティは懐かしい感じ(ナポリタンとかミートソースとか)
パスタは今どきの感じ、にくらいしか使い分けてなかったな~。

ちなみに、パスタは小麦粉を練った製品全般、
スパゲッティは中が空いてない細長い製品を指すらしい。
てことは、スパゲッティはパスタに含まれるのね…知らなかった!

…でも、なんとなく、クリーム系は“パスタ”なんだよな~。

2009'10'22(Thu)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
Le Saint Aulaye(ル・サントーレ) @福岡筑紫野
091022-1.jpg
少し前、友達から『Le saint Aulaye(ル・サントーレ)』
スイーツをもらいました。

焼菓子(ブッセとチーズスフレ)とプリンとゼリー。
どれも美味しそう♪

ここって筑紫野の有名店ですよね。
友達に聞くと「岩田屋で買ったよ」とのこと。
期間限定とかで出店してたのかしら。

妹と2人で半分こ。

どれも良いものを使っていそう。その素材の良さが活かされている。
甘さ控えめで、満足するんだけど、またすぐ食べたくなる。
ごちそうさまでした☆

パティスリー ル・サントーレ…筑紫野市原田1-3-8

関連タグ:福岡大宰府・筑紫野

2009'10'22(Thu)[ <美味し:喫茶と甘味> ] CM0. TB0 . TOP▲
ベジスパ @福岡警固
札幌スープカレーのお店が続々と閉店している福岡。
上人橋通りにあった『パナパナ福岡店』も閉店してしまったと聞いて、
ややショックを受けていました。

というのも、『パナパナ』は出前もできる、あたし達にとって貴重な店で、
1人前から、配達料無料で、届けてもらっていたのです。

しかも容器は使い捨てではなく、お店と同じ皿。
家にいながら店と同じように本格スープカレーが食べられるので、
最後の方はもっぱら出前でした。

その『パナパナ』の後に別のスープカレー屋さんが出来たと聞いて
行ってみることに。店名は『ベジスパ』。
店内は以前と同じ。居ぬきってやつでしょうか。

テーブル席に座り、あたしはチキンカレー(¥980)を3辛、玄米のMで。
ぷるこ氏はブタしゃぶカレー(¥980)を5辛(+¥40)、白ごはんのL(+¥50)に。
(辛さは3辛まで無料、ライスは白ごはんか玄米か選べてMまで無料)

しばしカレーを待つ。
土曜日のランチタイムを少し過ぎた時間でしたが、お客さん多いです。

カレーが運ばれてきました…ん?これって『パナパナ』と一緒?
メニュー見ながらも話してましたが…お皿も同じです。

あたしのは大きなチキンレッグが丸ごとどどんと1本入り、
取り囲むように、にんじん、じゃがいも、いんげん、れんこん、かぼちゃ、なすと
いった色とりどりの野菜やたまごが並んでいます。
091021-1.jpg

ぷるこ氏のはチキンに変わって豚しゃぶがたっぷり。
091021-2.jpg

すっきりスパイシーなスープと丁寧に火を通した具材。
「これぞ、スープカレー!」という王道な味。

帰りがけ『パナパナ』のことを尋ねると、
オーナーは以前から変わっていたらしく、店名やシステムも変更したとのこと。
確かに…デリバリー、変わってました(涙)
配達料¥150(¥2500以上無料)、メニュー自体も+¥100に…。

平日のランチはサラダとドリンク付きで¥1000とお得なので、
次回からランチタイムに来ようと思います。

ベジスパ…福岡市中央区警固1-15-53-エリーナプラザ天神南2F

関連タグ:福岡警固・今泉

2009'10'21(Wed)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
鮭とば
東京在住Mさんの北海道土産第5弾は『鮭とば』。
091020-2.jpg

鮭とばとは…
 秋に北海道でとれた新鮮な鮭を
 そのまま独特の製法により加工したものです。
 先住民族が冬期間の保存食として工夫したもので、
 今や高級珍味として好評を得ております。 (裏書きより)

高級珍味!またもやお高いものなんですね…。

鮭の半身に縦に切り込みを入れて、皮のまま干してある感じ。
長さは軽く30センチを超えていそう。大きいです。

そのままでも食べられるようですが、
なにせ食べ慣れてないもので、まずはグリルで焼いてみることに。
しばらくすると、香ばしいにおいが漂ってきます。

焼く前は硬かったのですが、火を通すことで、
身はやわらかく、皮はパリパリに。

噛めば噛むほど味が出てきます。
鹿児島にいた頃に食べていた、かつおの腹皮を思い出しました。
(あちらは給食にも出ていたくらい、安価でポピュラーなものでしたが)

これは日本酒が欲しくなるな~。
“あぶったイカ”(by矢代亜紀)ならぬ“あぶった鮭とば”で
ぬる燗をちびちびやりたい感じ。

Mさん、いつもごちそうさまです☆

2009'10'20(Tue)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
えびとなすの本格チリソース炒め
中華の定番、えびチリ。
ただ、なんとなくお店で食べるイメージが強くて、
家で作ることはありませんでした。

それが、便利なレシピを見つけたのです。
オレンジページブックスの『ふたり分のチャチャッとごはん』で。

その名も『えびとなすの本格チリソース炒め』。
091020-1.jpg
なすを加えることで、ボリュームはアップさせて、敷居は低くするという
うちごはんにぴったりのレシピ☆

レシピでは、加える野菜はなすとネギのみですが、
うちでは、しめじや玉ねぎなど、合いそうな野菜は何でも加えます。
なので、八宝菜のチリソース、といった趣もあり。

ケチャップやオイスターソース、豆板醤が酸味とコクを醸し出していて
名前の通り、味は本格的なのですが、
しょうゆ効果で、ごはんにも合います。

秋なすの時節柄、季節的にももってこいのメニューです。

2009'10'20(Tue)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
Petit Aile(プティエル) @福岡平尾
「近所の新しいパン屋さんができたよ」と
パン好きのぷるこ氏。

赤い軒に木製のドア。
高宮通りから少し奥まった所にある
『Petit Aile(プティエル)』という名の、
可愛らしいパン屋さん。
“パンの小部屋”というコピーがぴったり合います。

男性の方が一人でやっている様子。
(何回か行きましたが、いつも同じ方なので…)

添加物を使用せず、イースト菌のみで発酵させているらしい。
(店内に掲示してありました)

この日は、ぷるこ氏は柚子こしょうフランスやピザなど、
あたしはジャムののったデニッシュとケーキ。
091016-1.jpg
5つで¥700弱。お値段も“プチ”です。

どれも手づくり感がいっぱいの、やさしい、懐かしい味。
うちは朝食やランチですが、子どものおやつとかにもよさそうです。

Petit Aile(プティエル)…福岡市中央区平尾3-1-6小河ビル1F

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'10'16(Fri)[ <美味し:パン> ] CM0. TB0 . TOP▲
焼チキン こがしネギ
飲みに行った帰り、コンビニで見つけた『焼チキン』。
091015-1.jpg

“香ばしいチキンラーメンの焼きそばだよ”って♪
チキンラーメンの焼きそばバージョンだ!
チキンラーメン大好き、焼きそば大好き!!

しかも酔いちくれてる!!!
買わないわけがありません…。
(時が時ゆえ、手ブレはご了承を)

うちに帰って、すぐに作る。
なにしろ“湯きりでカンタン”。
お湯はスープにして…出来上がり♪
091015-2.jpg

薬味は炒り卵とネギ。
真夜中だというのに、ハイな気分も手伝って完食。
やっぱり好きな味☆

ただ、寝入ってから、胃に異常事態が発生!
重たくて重たくて、苦しくて眠れない~。

少し前まで、飲んだ帰りはよく食べてたカップ焼きそば…。
もう身体が受け付けない年になっているようです(涙)
次回からは、まともな時間に食べるようにしよう。

2009'10'15(Thu)[ <美味し:即席> ] CM3. TB0 . TOP▲
博多黒伽哩
『岩田屋』のAZコレクションで買ったレトルトカレー。
その名も『博多黒伽哩』(¥525)。

とんかつ屋さんの『あんず』が作っているのだとか。
価格に見合う凝ったパッケージ。
091014-1.jpg

表には…
 こげんうまかカレー食べたことなか!
 ピリッと辛い大人のカレーば
 あんたも一度、食べてみんしゃい!
と、コテコテの博多弁で書かれています。

“地産地消”とか“テールスープベースカレー”とも。
(とんかつ屋さんなのにポークカレーじゃないのね…)

パウチのままお湯の中で7分あたためる。
イタリア展で買ったトリュフオイルを使った
オムレツもプラス。

10分足らずで出来上がり!
091014-2.jpg

お~ルーは黒々としています。目だった具材はありません。
スプーンですくうと細かい肉の繊維がたっぷり溶け込んでる。

見た目通り、濃い味わい。
レトルトには珍しい、程よい(←あたし達にとって)辛みと苦み。
「お子様はご遠慮ください」とAZクラブマガジンに書いてあったのも納得。

これは家庭ではなかなか出来ない味。
500円出してもまた食べたい。

2009'10'14(Wed)[ <美味し:即席> ] CM0. TB0 . TOP▲
京都秋旅21<南禅寺>
『無鄰菴』の後は、京都、最後のスポット『南禅寺』へ。

石碑の横を通り(自販機とのバランスがおもしろい)、
091013-21.jpg 
松の植わった道をてくてく歩いて門の方へ。
091013-22.jpg 091013-23.jpg

広い境内をさらに歩きながら、まずは『三門』を観る。
091013-24.jpg

ここは6月に博多座で観た通し狂言『木下蔭真砂白浪』の
『二幕目 山城国 南禅寺山門の場』で舞台になった場所。
石川五右衛門が咲き誇る桜を眺めながら
「絶景かな、絶景かな」と。

遠目に見ても、かなり大きい!
近くで見ると、かなり細かい!
091013-25.jpg 091013-26.jpg

上に登って五右衛門気分を味わいたいなとも思いましたが、
¥500要るとのことで、今回はスルー。

法堂でお参り。龍のような瓦。
091013-28.jpg 091013-27.jpg
他の人たちが線香の煙を身体にかけていたので、
ん?と迷ったけれど、郷にいれば…で真似してみることに。

周りには他にもお堂が点在している。
091013-29.jpg 091013-30.jpg

続いて『水路閣』へ。
091013-31.jpg

寺の中に水路、木々の中に赤レンガ。なんとも興味深い光景。
091013-34.jpg

何でも水不足に悩む京都の街へ、琵琶湖疎水を整備する際に、
ローマ水道をヒントにして造った水路、なのだとか。

どっしりと頑丈な水路は今も現役。(下には滴のマークが)
斜めから見たり、見上げたり、見通したり、木々の間からのぞいたり。
091013-32.jpg 091013-33.jpg

091013-35.jpg 091013-36.jpg
テンションがあがって、ついつい写真を撮ってしまう。

『無鄰菴』に続き、和と洋の文化が融合してる場所。
純で雅なだけじゃない、これまで知らなかった京都。
旅のラストを飾るにふさわしい場所でした。

南禅寺…京都市左京区南禅寺福地町

関連タグ:京都

2009'10'13(Tue)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
京都秋旅20<無鄰菴>
『おかきた』でおなかいっぱいになった後は『無鄰菴(むりんあん)』へ。
ここは、かつて山県有朋の別荘だったのだとか。

白壁の下は表面を焼いて炭にした木材が使われています。
これって手間かかるそうですが、風情がある。
091013-1.jpg 091013-2.jpg
受付で入場料(¥400)を払い、庭園の中へ。

右側には洋館と小川(鯉が泳いでる!)、
091013-3.jpg 091013-4.jpg

左側には母屋、正面には庭が広がっています。
091013-5.jpg 091013-6.jpg
母屋で休憩しつつ、庭を眺める。
ガラス窓もステキな純和風のおうち。
母屋ではお茶もいただけるようです。(有料)

外国人のご夫婦に写真を撮ってもらったりもしました。
京都って外国人の観光客がほんと多いですね。

風や水や緑を五感で感じながら庭を歩く。
091013-7.jpg
“山県有朋自らの設計・監督により、造園家・小川治兵衛が作庭した”という庭は
奥の滝と中央の池、水が印象的な少し変わったお庭。
091013-8.jpg

茶室をのぞいたりして…(ひょいと有朋が出てきそうな雰囲気)、
091013-9.jpg

洋館へ。庭園と洋館、和洋折衷な空間が広がります。
091013-10.jpg 091013-11.jpg
中に入ると、1階は資料館、2階は当時の内装や家具がそのまま残されています。
ほの暗い照明に浮かび上がる室内。

有朋が使っていたという椅子や『無鄰菴会議』が開かれたという部屋。
091013-13.jpg 091013-12.jpg
奥には“狩野派による金碧花鳥図障壁画”、手前には重厚な椅子とテーブル。
ここに明治政府の重鎮たちが集ったのか…と思いをめぐらせる。

庭園を中心に、純和風の母屋、茶室、洋館が混在する
明治の文明開化を体感できる場所でした。
091013-14.jpg

無鄰菴…京都市左京区南禅寺草川町31

関連タグ:京都

2009'10'13(Tue)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
京都秋旅19<おかきた>
『銀閣寺』からバスに乗って『南禅寺』近くまで行き、
『グリル生研会館』と同じ洋食の『グリル子宝』を探す。
ん?行列?15~6人ほどが並んでいます(涙)

洋食は回転が遅いかも…と考え、再度、変更することに。
近くの『おかきた』という京うどんの店に入ります。

ここも先ほどまで行列が出来ていた店。
店内はテーブル席のみ。伝統とモダンが調和した空間。
091012-1.jpg 091012-2.jpg
昨日の『本家 田毎』もそうでしたが、テーブルには
七味と山椒が置いてあります。嬉しい♪

ぷるこ氏は鍋焼きうどん(¥1300)、
あたしは親子なんば(¥950)を注文。

しばらくして、親子なんばが運ばれてきました。
091012-3.jpg
“なんば”って南蛮のことかしら?
そもそも南蛮てなんだろう。鴨とかに付いてる気がするけど。

卵とじのだしに鶏肉とネギが浮かんでいます。
091012-4.jpg
まずはおだしをひと口。う、うまい。

とろとろの卵と上品なおだしがさらさらと口から喉を通ってゆく。
だしには天然利尻昆布、削り節はうるめ、目近、鯖を使っているそう。

うどんは柔らかい細めの麺。博多うどんに近い気がするな~。
きっとおだしとの絡みを考えて、仕上げてるんだろうな。

『おかきた』パンフによると、『京のうどんは出汁で食す』。
“出汁を重んじる京都の人々に愛されてきた”うどんなのだそう。
うんうん、納得です。

ぷるこ氏の鍋焼きうどんも具材が豊富で美味しそう。
091012-5.jpg
『本家 田毎』の『えび太子』に続き、またもや熱そう。

舌をヤケドしながら、またもやおだしを飲み干しました。
こころもおなかもあったかです。

おかきた…京都市左京区岡崎南御所町34

関連タグ:京都

2009'10'12(Mon)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
京都秋旅18<銀閣寺>
『下鴨神社』の後は、『糺の森』近くにある
『グリル生研会館』でランチしようと決めていました。

正午に合わせて行ってみると…なんと臨時休業!(涙)
先に午後イチで予定していた『銀閣寺』に行くことに。

 『銀閣寺』は臨済宗相国寺派に属する禅寺、
 建立は室町幕府八代将軍足利義政公。(パンフより)

政治には興味ないけど、趣味には頑固にこだわった義政が
いたからこそ、今の日本はクールだわびさびだと評される
文化が形成されたのでは…と思うのです。(要は義政好き)

ちょうど銀閣の修復中で、同仁斎の特別公開もなくて、
あまりいい時期とは言えないけれど、やっぱり来たかったのです。

西田幾太郎氏気分で『哲学の道』を歩き、銀閣寺橋を渡り、
091011-41.jpg 091011-42.jpg

竹久夢二のショップに立ち寄ったりして、総門前へ。
091011-43.jpg 091011-44.jpg
拝観料(¥500)を払い(チケットはお札!)
銀閣寺垣を通って中門へ行きます。
091011-45.jpg 091011-46.jpg
まず、目に入るのは立派な松。

続いて、銀閣。1階はあられもない姿。
(スーツ姿の男性が下はトランクス、みたいな…)
091011-55.jpg
視界と思考を2階へと上げて、観る。

決して派手ではないけど、含蓄があるというか、
自分が年を経れば経るほど、魅力が増すに違いないというか。

屋根には鳥がいる!
091011-48.jpg

視点を落とせば、向月台(こうげつだい)と銀沙灘(ぎんしゃだん)。
091011-49.jpg
月待山の上に浮かぶ月の光を向月台に反射させていたとかいないとか。

では、銀沙灘は…?理屈と真偽はわからないけれど、
ただ観るだけでドキドキ興奮します。
091011-50.jpg
しばらく本堂の前から眺める。

順路に沿って進むと『東求堂前庭』に。
義政も東求堂から、この庭を眺めていたのかしら。
091011-51.jpg 091011-52.jpg
少し山道に入ると『お茶の井』。湧き水が流れています。
お茶用の清水で、今も現役らしい。

さらに登ると『展望所』。銀閣寺全体を見渡すことができます。
091011-53.jpg
修復部分も木々で隠れて、今の時期はちょうどいいかも。

銀閣近くにあった模型。
091011-54.jpg

今度は、修復工事が終わって、特別公開がある時期に
またぜひ来たいと思います。

銀閣寺…京都市左京区銀閣寺町2

関連タグ:京都

2009'10'11(Sun)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
京都秋旅17<下鴨神社>
『二条城』の後は『下鴨神社』(境内拝観自由)へ。
神社は、市場と並び、旅先で必ず立ち寄る場所です。

『下鴨神社』は葵祭で有名な神社。
えんむすびの神社としても知られているようです。

バス停の方から歩いていくと…
091011-21.jpg 091011-22.jpg
すぐに鳥居が見えてきました。

がらりと空気が変わる。
清らかな神の領域に足を踏み入れた感じ。

中門を通り、本殿へと向かう。
091011-23.jpg
ちょうど結婚式の最中で式の模様が見れたりも。

『言社(ことのやしろ)』という十二支の社が。
091011-24.jpg
あたし達も生まれ年の干支の社でお詣り。

その後、本殿でお詣りした後、土産を買ったり、
散策をしたりすることに。

真っ赤な楼門。こちらが表側っぽい。逆から来たのか…。
091011-25.jpg

近くには『相生社(あいおいのやしろ)』という縁結びの社が。
091011-26.jpg 091011-27.jpg
隣には『連理の賢木(れんりのさかき)』。
2本の木が途中から1本になっている!不思議~☆
それで、縁結びのシンボルとなっているようです。

さらに行くと、君が代の歌詞にも出てくる『さざれ石』が。
091011-28.jpg
たくさんの石が集まって1つになったような、これまた不思議な石。

鳥居をくぐると…そこから先は『糺(ただす)の森』。
091011-29.jpg 091011-30.jpg
おぉ~、ここは静かな興奮が続く場所だな~。
さらさら流れる小川とそよそよそよぐ緑木。
彼岸花が咲いていたり、幹に味わいのある木があったり。
091011-31.jpg 091011-32.jpg
鳥居の赤とのコントラストも映える。

映画のロケ地として使われている、というのも納得。
歩くだけで、ヒロイン気分を味わえます。

途中、『方丈記』で有名な鴨長明ゆかりの神社にも立ち寄る。
鴨長明が住んでいたという折畳み式住居のレプリカ。
コンパクトで機能的。鴨長明さん、今の時代も適応してそう。
091011-33.jpg 091011-34.jpg
屋根が…茅葺き?特徴的でした。

下鴨神社、たいへん神聖な場所であると同時に、
(こういう言い方は不謹慎ですが)テーマパーク的な要素もあるかと。
見所の多い神社です。

下鴨神社…京都市左京区下鴨泉川町59

関連タグ:京都

2009'10'11(Sun)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
京都秋旅16<元離宮 二条城>
macの故障により、更新がずいぶん遅れてしまいました…。
戻ってくるまで、慣れないlenovoでぼちぼち続けることにします(悪しからず)
では、京都秋旅、3日目から始まります。

3日目は『元離宮 二条城』からスタート!
SW期間中は無料、と聞いて、予定を変更して来たのですが…
ん?皆さん普通に入場料(¥600)払ってる…?
どうやら着物を着た人のみ無料だった様子。

二条城は天皇家の離宮であり、
徳川家康が権力を諸大名に誇示し、
徳川慶喜が大政奉還を行った場所。
桃山以降の日本の縮図が見える、因縁を感じる場所。

外濠に囲まれて城壁がそびえ立っています。
091011-1.jpg 091011-2.jpg

開場は8:45ですが、二の丸御殿などの開館は9:00なので
散歩しつつ清流園から先に行ってみることに。
立派な松があちこちに植わっています。
091011-3.jpg

まずは『清流園』へ。“特別公開”となっています。
通常は有料とかなのかしら?
091011-4.jpg
小川が流れていて、風雅な庭が広がっています。

続いて『本丸御殿』の方へ。
こんなに幅の広い内濠…。攻められそうにありません。
091011-9.jpg 091011-8.jpg

門へと続く橋には修学旅行生の姿が。
京都とセーラー服、合います。
091011-10.jpg 091011-11.jpg
橋を渡ると…これは鉄砲狭間?あの濠を渡っても次は鉄砲か…。

展望台のような天守閣跡に登ったり、
『本丸庭園』をまわったり。
091011-12.jpg
清流園と違って、こちらは勇壮な感じです。

クライマックスは『二の丸御殿』。
091011-13.jpg
入口からして豪奢な佇まい。菊の紋がきらびやか。
そして、ウォーリーならぬ“プルーコーを探せ”状態のぷるこ氏。
091011-14.jpg
透かし彫りの細工も見事!

靴を脱いで御殿の中へ。
受付、老中用&大名控え室、外様大名接見用、
新藩&譜代大名接見用、将軍専用、と5つに別れている。

襖いっぱいに書かれた画。全て手彫りの金具。
表と裏でモチーフが異なる透かし彫り。歩くと“鳴る”廊下。
とにかく絢爛豪華。意思や意図もてんこもり。

例えば、外様用の部屋には鷹とか描かれていて威嚇してる
感じですが、新藩&譜代用では花とかが描かれている。
将軍が生活していた場所は水墨画などが書けられていて
全く違う雰囲気。そりゃそうだ。
ずっと綺羅やかなとこにいたら将軍でも落ち着かないだろうな。

入口は菊の紋だったのに、中は思いっきり徳川の様式。
トルコで観た、イスラムとキリストが混在した建物の数々を
思い出しました。

順番が逆になりましたが…これが二の丸御殿の唐門。
091011-15.jpg
見上げても…派手!
091011-16.jpg

元離宮 二条城…京都市中京区二条通堀川西入二条城町541


関連タグ:京都

2009'10'11(Sun)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
京都秋旅15<六曜社珈琲店>
『本家 田毎』で食事した後は『六曜社珈琲店』へ。
2軒目に喫茶店を選ぶあたり、京都を旅してる感がビシバシ。
普段はバーとか行くとこですが、街を歩いてると
雰囲気も香りもいい珈琲屋さんが多いんだもの。

今回は『本家 田毎』の近くにある『六曜社珈琲店』に。
091004-11.jpg

1階は珈琲店、地下はCoffee&Barになっています。
091004-12.jpg 091004-13.jpg
中に入ると、恰幅のいいおじさまや品のいいおばさま達が
和やかにおしゃべり。ハイソな雰囲気が漂います。

橙色の照明、ソファのボックス席、ジャズのBGM。
何をとっても重厚感と懐かしさがあふれてる。

あたしはブレンド(¥450)、
ぷるこ氏はウイスキー珈琲(¥650)に。

程なくして運ばれてきた、青と赤のカップ。
091004-14.jpg

スプーンには大小の角砂糖。
カップを顔に近づけて、香りをかぎ、
琥珀色の液体に口をつける。

久しぶりに“珈琲”を飲んだ気がするな~。
お酒よりも、ある意味、強烈。

ぷるこ氏のウイスキー珈琲もひと口。
お~珈琲とウイスキーの香りが際立ってる。
ウイスキー初心者のあたしでも美味しく飲める。
今年の冬は、これマイブームになりそう♪

ソファに身体をうずめたくなる衝動を抑えつつ、
名残惜しく退店。

『南座』を見たり、先斗町や鴨川などを散策して宿に帰りました。
091004-15.jpg

六曜社珈琲店…京都市中京区河原町通三条下ル東側


関連タグ:京都

2009'10'04(Sun)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。