ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
06≪ 2009| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
六月博多座歌舞伎
7月も今日で終わりですが…そういえば
先月『博多座開場十周年記念 六月博多座歌舞伎』を
観に行ったのでした。
090731-3.jpg

夜の部で午後4時30分開演。
知人の方にお声がけいただいて、割引料金で入場。
平日だったからか、A席の後ろやB席は空席も…。

第一部は『通し狂言 木下蔭真砂白浪』。
主な登場人物は五右衛門(中村橋之助)と秀吉(片岡愛之助)。
五右衛門といえば天下の大泥棒ですが、
農民から成り上がった秀吉こそ「天下泥棒」だと
庶民は考えていたのだそう。
なので、両者が同じ演目にあがることが多いのだそうです。
豪華絢爛な舞台装置、次々と展開される場面、
橋之助や勘太郎の宙づりに雪舞いふるラスト…
アクロバティックで目を奪われて次が気になって観飽きない。

休憩時間も含むと3時間ほどの上演だったのですが、
そんなこと全く感じさせない。

お気に入りの場面は二幕目 山城国 南禅寺山門の場。
満開の桜を楽しむ五右衛門があの名台詞。
「絶景かな、絶景かな」。

もう、お腹いっぱいならぬ、お頭いっぱい。
歌舞伎の醍醐味を思う存分満喫した感じ☆

第二部は『藤娘』。
七之助が藤の精となって艶っぽい踊りを魅せてくれます。
女形とはいえ、なぜこうも細いのかしら…。うっとり。

やっぱり歌舞伎はおもしろいな~。
大学時代、歌舞伎の授業があったこともあり、幸い抵抗感もない。
もともと庶民のエンターテイメントだったのだし♪
とは言いつつ若いころは“ジーンズで歌舞伎”なんて一人で気負ってました。
最近はもっと気軽に出かけられている気がするな~。

TADASI…イヤホンガイドが有料(¥650)になっていたのはちょっと…。
無料がムリなら、せめて¥500にしてくれたらいいのに。
そしたらお釣りなどの手間も減るのにな~。

次の歌舞伎は10月。海老蔵の五変化が観られるそうです。
今からたのしみです。
スポンサーサイト

2009'07'31(Fri)[ <をかし:映画・演劇> ] CM0. TB0 . TOP▲
高鍋のむらくも羊羹
お土産にもらった『むらくも羊羹』。
090731-1.jpg

宮崎県高鍋町の名物らしいです。
(“むらくも”ってどんな意味なんだろう…気になる)

高鍋といえば牡蠣が有名で何度か食べに行きましたが
羊羹が名物とは初めて知りました。
090731-2.jpg

外側は白っぽくて砂糖がシャリシャリしていて、
内側は小豆そのものでしっとりとした食感で、
昔懐かしの羊羹といった感じ。

甘さはそんなに強くなくて
緑茶といただくと気持ちがホッとします。
羊羹とか自ら買って食べることはあまりないので、
ほんと久しぶりに食べた気がするな~。

和菓子が、とりわけ羊羹が
こんなに美味しくいただけるようになったなんて、
なんだかんだ言ってもやっぱり年を重ねているのだなと
うれしい発見でした。

2009'07'31(Fri)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
海の味 有福 @福岡渡辺通
博多に所用があり、てくてく歩きながら帰る休日の午後。
道すがら「どこかでランチ食べたいね」と店を探しますが…
なかなか開いてません(涙)

サンセルコで足を止める。
確か食堂街あったよね、と地下へ…。
確か美味しい海鮮丼がある、と聞いた覚えが…。

あやふやな記憶をたどり、食堂街をさまよい歩く。
日曜日だからか、それとも普段からなのか…
どこも閉まってる!サンセルコSUGOKA寂れっぷりです…。

幾分あきらめモードでしたが…開いてました♪
店の名は『海の味 有福(ありふく)』。ショップカードによると
“島っ子がつくる美味しい定食と海鮮丼のお店(夜は酒処)”とのこと。

カウンターのみのオトナびた店内です。
中の男性は調理、外の男性は接客。どちらもイケメンです。

ランチは丼ものが6種類ほど。
あたし達は、甘海老たいうに丼(¥1000)に。

小鉢2つと漬け物、お味噌汁が付いています。
090730-1.jpg

丼はごはんの上にとろろと海苔がかかっており、
その上に甘海老とうに、たいがキレイに盛られています。
090730-2.jpg
おぉ~!お刺身が輝いてる☆
真ん中にはうずらの玉子。

わさび醤油をかけて混ぜていただきます。
甘海老もうにもたいも甘い。しかも飯とよく合う。
お刺身だけだとたくさん食べられないのに、
ごはんと一緒となるとこうも食べられちゃうのはなぜだろう。

颯爽とかっこみたいとこですが、
もったいないのでもったいつけて、
優雅に口へ運びます。

脇役の小鉢や味噌汁も、おだしがきいていて上品なお味。

これは夜も良さそうだわ♪
ちなみに夜は値段に応じたコース料理が饗されるようです。

海の味 有福…福岡市中央区渡辺通1-1-1サンセルコ地下1階/TEL092-725-2477

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'07'30(Thu)[ <美味し:外> ] CM3. TB0 . TOP▲
ばーさんがじーさんに作る食卓
あたしの好きなブログのひとつが
ばーさんがじーさんに作る食卓』。

京都在住、sesentaさんとcincoさんのご夫婦、
“70才+α外食なしのふたり”が
日々の食卓をつづっておられるブログです。

何でも数年前sesentaさんが人間ドッグにひっかかって以来、
減塩・ローカロリーの食事を心がけており、
それでも「マズイものはいや」なsesentaさんのために
cincoさんが知恵をしぼり腕をふるった料理を作られていて、
その模様をブログであたし達にもおすそわけしてくださっているのです。

イタリアンに中華、エスニック…と多彩な食卓風景はもちろん、
sesentaさんの写真とcincoさんの文章にまた心惹かれて
日々の合間に読むと頭のティータイムになります。

30年後、こんな生活が送れたらいいな~と思える理想のご夫婦。
このブログを読み始めてから、
うちごはんの回数が増えた気がします。

2009'07'30(Thu)[ <をかし:暮らし> ] CM2. TB0 . TOP▲
新開バーベキュー @能古島キャンプ村海水浴場
記録的な豪雨となった先週末の福岡…ですが、
日曜日は『バー新開』の能古バーベキューの日。

当日も朝からバケツをひっくり返したかのような大雨。
さすがに中止だろうと思って新開さんに電話すると…
「いまフェリーの中ですよ」とのこと。

え?フェリー動いてるの?それに、決行ってこと?
念のため能古島フェリーにも電話すると
「通常どおり運行してますよ」とのこと。

新開さんと能古島フェリーに敬意を表し、我らもいざ出発。
バス停に着くと、既にびしょぬれ。

こうなってくると、こんな大雨の日にバーベキューなんて
一生に一度の機会かもしれない♪とヘンなテンションに。
ぷるこ氏が「昼から雨あがると思うよ」と言うので
それを信じることにする。

姪浜渡船場に到着…。あれ?ほんとに雨あがってる!
西の空はほんのり光が差していて、波もそう高くない。
090729-1.jpg

フェリーもそんなに揺られることなく、時間通りに到着。
送迎バスに乗って『能古島キャンプ村海水浴場』へ。
さすがに人は激しく少ない。天候はどうにもならないことだけど、
一番のかきいれ時に…とスタッフの方が気の毒になる。

高床式バンガローの1階では…既にバーベキューが始まっていました!
090729-7.jpg 090729-2.jpg

新開ファミリーをはじめ、10人ほどの猛者たちが集っている。
聞くと前日組もいるとか。(普段は朝日や夕焼けがとてもキレイなんだそう)

まずはコロナで乾杯!は~しみる。
泰元』のカルビを始め、たくさんのお肉達と野菜を焼いては食べる。
090729-4.jpg 090729-3.jpg

お肉がいいので、海塩と唐辛子(参加者の方のバリ土産でした)を
付けるだけで良い。野菜を巻いても旨し。

途中、新開さん自らシャンパンを注いでくれて…何度でも乾杯!
090729-5.jpg 090729-6.jpg
グラスを持参してくださるあたり、さすがバーテン☆こだわってます。

お腹もいっぱいになって、ビーチへ行ってみることに。
水位は高く、水は濁り、木切れがたくさん打ち寄せられている。

あちゃ~、昨年とは全く違う光景。だけど、
ブランコに揺られていると、何となく泳げそうな気がする~てハイな気分になり、
海に浮かんだ滑り台付きの遊び場まで泳いでみることに。
調子にのって滑り台も滑ってみる。どーんと海に投げ出され…
泳げども泳げども遊び場に手が触れない。
さすがにおかしいと思い、顔をあげると…
全く反対方向に大海原に向かって進んでいました(泣)
それから必死で方向転換。ようやくハシゴに手が触れる。

「人ってこうやって溺れるんだな~」と身をもって体感。
ビーチも近い。ハシゴも見える。だけど、
声は届かないし、目線は低いし、違う世界に足を引っ張られて戻れない感覚に陥る。

博多湾~!いつか水のキレイな快晴の日にリベンジするぞ~!

そんなこんなで5時半まで遊び、最終の送迎バスで渡船場へ。
終盤になると参加者は40~50人ほどに膨れ上がっており、びっくり!
これも新開さんの人徳なんだろうな。

新開ファミリー、悪天候の中ありがとうございました。
そして、準備や片付けなどおつかれさまでした。

薬院に着くと、またもや『えびす平尾店』へ。(先日も海帰りに来たような)
座敷でまたもや飲んでおしゃべり。

喜怒哀楽あらゆる感情を総動員してしまい、アツくなりすぎました…。
最近、ここの座敷が第2の我が家化してきている感が…。
リラックスしすぎて、つい飲みすぎる…。(ほんと申し訳ないです)

海はおそらく今年最後。(来月になるとクラゲ出始めるし)
夏はまだ続くけど、もう終わったかのような切ない気持ちになります。

2009'07'29(Wed)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM6. TB0 . TOP▲
雲仙きのこ本舗の養生にゅう麺
甘いものギライなぷるこ氏のために、
妹が長崎みやげに買ってきてくれたのが
雲仙きのこ本舗』の養生にゅう麺。
090728-1.jpg

あらら、これって福岡(渡辺通)にもアンテナショップが
あったような…。

あたしもお土産買うときは先様の地域に
店舗があるかどうかを確認するようにしているのですが、
ふだんの生活が便利になるということは
とくべつ感がなくなるということでもあるんですよね…。
(店舗なくても通販で買えちゃうし)

さて、にゅう麺です。
島原といえば素麺の名産地。
水、塩、小麦など、素材にこだわった麺みたい。

枕崎産鰹と北海道産昆布のスープが付いていて、
麺をゆがくだけで食べられるのも嬉しい。

ぷるこ氏曰く、「身体に優しい味だね」とのこと。
夏場の食欲ないときとか二日酔いのときとかにも良さそうです。

これをきっかけにアンテナショップへ足を運ぶようなことになれば…、
橋渡しとしての土産効果もショップの価値も生まれる。
そう考えると、店舗があることは却って良いのかもしれないな、と思ったりしました。

2009'07'28(Tue)[ <美味し:土産> ] CM2. TB0 . TOP▲
中村食肉の黒豚餃子
高速のサービスエリア土産で黒豚餃子をもらいました。
090727.jpg

週末は料金が1000円になる上に、
サービスエリアで販売している商品は2割引。
で、土産が増えるのも、嬉しい波及効果。
うちにもおすそわけが♪

メーカーは『中村食肉』。
初めて聞きましたが、“お肉屋さんの手作りの味”とあるので
本来は精肉店のよう。

箱入りな上に、“宮崎県産黒豚100%使用”が期待感をあおります。
焼いたり揚げたりが得意のぷるこ氏に焼いてもらう。

焼き上がり☆
博多の餃子よりは少し大きめで食べごたえがありそう。

肉汁たっぷり、黒豚しっかり、ふたりでぺろり20個完食。

人にお土産を買うとなると、ついお菓子に目がいきがちなのですが、
こういうおかず系のもいいものです♪

2009'07'27(Mon)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
焼きとん かど @福岡渡辺通
あるお店で知り合ったお姉さまと飲む機会があり
焼きとん かど』へ行きました。

お肉が食べたい!というあたし達のリクエストに応じて
セレクトしてくれたお店。
約束の時間に行くと、奥の個室が予約してありました。

こじんまりしていて、落ち着くな~。
店内には他にもカウンターや座敷がいくつかあります。

一品かコースかで迷って、ホットペッパーに載っていた
飲み放題付きのコース(¥2800)にする。

1杯目はみんな生ビールを注文。
テーブルには大きなしゃもじが2本置いてあり、
それを鳴らすと…店員さんが来てくれます。

乾杯していると…まずはサラダが運ばれてきました。
090726-1.jpg
このドレッシングいい。野菜が進みます。

続いて、ゆで豚のレタス包み。
090726-2.jpg
ゆで豚、脂が甘くて、辛味噌と合って、レタスとの食感も良い。

メインの焼きとん。
090726-5.jpg
確か…豚バラ、シロ、ガツ、すい臓、コブクロ、だったかな。
(並べてますが、1~2本ずつ出てきます)

鹿児島直送の薩摩黒豚を使用しているらしい。
豚の内臓ってあまり食べないけど、
クセがなくて、こんがり焼けていて、美味しいものなのね。

ネギ豚チヂミ、黒豚カツと料理は続き…
090726-4.jpg
シメはごはんものにデザート。

おしゃべりも進みましたが、ビールも進みました。
4~5杯は飲んだような。
焼きとんとビールがこれまたよく合うのです♪

久しぶりにホットペッパーを利用しましたが、
このコース内容に飲み放題が付いて¥2800はかなりオトク!
お店のスタッフも親切で人のいい方ばかり。

個室の壁にニャロメが書いてあって、うちらは赤塚不二夫?と
一瞬、色めきたったのですが…
スタッフの女子に聞くと、ご本人のものではないらしい。
そりゃそうだ。でも、ほんとそっくりでサインらしきものまであって、
多分ほとんどの人が騙されるハズ…。

次は餃子とビールの会を開催予定です。

焼きとん かど…福岡市中央区渡辺通2-3-19ロマネスク天神南/TEL092-731-5888

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'07'26(Sun)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
ジョアンのえだまめっち @福岡天神
三越の地下にあるパン屋さん『ジョアン』。

芳ばしい香りが立ちこめる店内には、
目移りするほどとりどりのパンが並んでいます…が、
あたしのお目当てはミニクロワッサン(量り売り)のコーナー。

『えだまめっち』というパンです。
090725-1.jpg

コーナーに甘いパンが並ぶなか、唯一、塩気のあるパンで、
(=ぷるこ氏でも食べられる)
枝豆とチーズが入っていて、生地はもちもちしていて、
ついつい手が伸びる一品なのです。

しかもお酒のつまみに最適☆
ビールでもワインでも合う合う。

ちょっとした手みやげにも、もってこいです。

福岡三越ジョアン…福岡市中央区天神2-1-1/TEL092-717-4030

関連タグ:福岡天神・大名

2009'07'25(Sat)[ <美味し:パン> ] CM0. TB0 . TOP▲
スイートコーン。
お見舞いのお返しにと、トモダチからもらったスイートコーン。
090724-1.jpg
普通のトウモロコシより大きい?見た目からして立派。

しかも何がすごいって、生でも食べられるらしいのです!
皮をむくと、はちきれんばかりの黄色いつぶつぶがお行儀良く並んでいる。

半信半疑で少しかじると…ぷちっじゅわっと甘みが広がります。
これはフルーツにも匹敵する甘み。
スイートコーンの名前は伊達じゃない。

やはり生で食したいところ。
マヨネーズや塩コショウなどをかけて食べると、また甘さが増す。
090724-2.jpg 090724-3.jpg
もちろん焼いてもいける。
ウインナーやチーズと一緒にオーブンでこんがり。
隠し味に醤油を少々。

ハマったのはパスタ。
090724-4.jpg
エノキ、玉ねぎ、豚肉などと一緒に炒めて、パスタを投入し、
ハーブソルトで味つけ。

コーンの甘いぷちぷち感とパスタの塩気のあるつるもち感が
良い具合にマッチ。彩りもきれい。

コーンて太陽や大地の恵みって感じの野菜だよな~と思う一方、
ゆでずに食べられるなんて、野菜も農業も進化しているのね~と
感慨深く思ったりして、いただいたのでした。

2009'07'24(Fri)[ <美味し:家> ] CM1. TB0 . TOP▲
一風堂 薬院店 @福岡薬院
ラーメン大好きのアッキー(my父親)。
来福したら、必ず1軒はラーメンを食べに行くようにしています。
ただ、キャナルの『ラーメンスタジアム』へ行くことが多いので、
博多ラーメンの店にはあまり行ったことがないかも…。

てことで、今回は近所の『一風堂 薬院店』へ行ってみることに。
よくよく考えると、あたし達も初来店。
『一風堂』自体が数年ぶりです。

正午過ぎに行くと店内はほぼ満席。やっぱり人気なんですね。
店前のベンチで少し待って…入店。

店内は左に調理場とカウンター、右手に大きなテーブルと…
カウンター?座敷?なんだか変わった造りです。
それに、店員さん多いな~。(却って動きづらいような気も…)

あたし達は5人、映画『家族ゲーム』のように横一列に座る。

3人が赤丸かさね味、1人が白丸元味、1人が一風堂からか麺。
餃子も頼むと、ランチとして追加した方が安いとのことなので、
1つはチャーハン、2つは餃子+ライスを追加する。

あたしが頼んだのは赤丸+煮卵。
090723-11.jpg

鹿児島のラーメン(具だくさん)がデフォルトなマミーは
運ばれてきたラーメンを見て「博多は具が少ないのね。」
カウンター上の高菜や紅しょうが、もやし、胡麻を入れてあげる。
にんにくもクラッシャーでつぶして投入。これで納得した様子。
090723-12.jpg

せっかく?なので、餃子と共にラーメン+ライスにも挑戦。
090723-13.jpg

子どもの頃、アッキーとじいちゃんが食べているのを見て
オトナ食べみたいに感じて、憧れたものです。
ライスは半分も食べなかったのですが…異常なほどお腹いっぱい。
オトナへの道は遠い…。

次はどこに連れていこうかしら。候補店を挙げておかなくては♪

一風堂 薬院店…福岡市中央区薬院1-10-1/TEL092-725-2022

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'07'23(Thu)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
焼き鳥 いっしん 2 @福岡薬院
両親が来福した際に、家族で出かけるのが
近所の「いっしん」。
三瀬鶏の焼き鳥や一品ものがお手ごろ価格で食せるお店です。

いつも笑顔のご夫婦が2人でされていて、
コの字型のカウンターと座敷1つの
こじんまりとした店内はいつもお客さんでいっぱい。
最近は予約が必です。

まずはお通し。
レバー煮や鶏皮、ざる豆腐など5品から選べます。
これがなかなかボリュームがあって、どれもレベル高し!
しょっぱなから生ビールが進みます。
090723-1.jpg

続いて鶏刺の盛り合わせ。
090723-2.jpg
レバーや砂ずりなど4種が盛られています。
お気に入りはレバー。マミーも同じく。
こういうときに親子のDNAを感じます。

マグロのカマ刺し&カマ焼きで鶏はひと休み。
090723-3.jpg 090723-4.jpg
このカマ刺しがまた美味。舌の上でとろけてなくなります。
トロより好みかも♪

焼き物はソーセージ、レバー、もも、つくね…などなど、
7~8種類は頼んだでしょうか。
こんもりキャベツの上に、次から次へと焼きたてが届きます。
最初の頃、「このキャベツは?」とか言っていた両親も
最近は慣れた様子。(確かに福岡以外ではあまり見かけない光景…)

どれも焼き加減が最高で、1つひとつのボリュームもあって
いつ来ても何度食べてもうまい。
『いっしん』に通い出してから、焼き鳥に厳しくなった気が…。
090723-5.jpg 090723-6.jpg 090723-7.jpg 090723-8.jpg
揚げ物好きのアッキー(父親)リクエストで、から揚げも注文。

シメは漬け物とかしわおにぎり。
090723-10.jpg 090723-9.jpg

こんなに食べて焼酎キープもして、お会計は1人¥3000弱。
(サービスしてもらってるのもありますが…)

ほんとにごちそうさまでした☆

帰り道、なぜか必ずアイスを買いにコンビニへ立ち寄るアッキー。
(しかも福岡に来てまで白熊系のものを選んでいる…)
ここぞとばかりに高級アイス(ハーゲンダッツとか)を選ぶあたし達。
実家にいるときはケンカもよくしていたけど、
こうやって離れていると、家族団らんの時間がとても愛しく感じます。

いっしん…福岡市中央区薬院3-7-13/TEL092-531-5925

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'07'23(Thu)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
九州大学公開講座の懇親会
連休3日目は、九州大学大学院芸術工学研究院
平成21年度前期公開講座『建築探偵』vs『考現学』入門の
懇親会(長い…)でした。
(今回の講座もおもしろかったので、近々アップしなくては)

会場は担当教授の自宅で、開始は午後3時。
(終わりは“遅い時間”という何ともゆるいアバウトさ…)
あたし達はワインなど手みやげに、4時ごろおじゃまさせてもらう。

愛宕の海を臨むマンションの一室で、
リビングの窓にはプライベートビーチのような景色が広がっています。
まるでどこかのリゾート地か別荘に来たみたい☆

しかもテーブルには生春巻やオランダ産チーズ(名前は失念…)や
金山寺味噌のもろきゅうに柿の葉寿司などなど…
地域も味覚も縦横無尽な料理が所狭しと並んでいます♪
090722-7.jpg

奥さん、準備が大変だったろうな~。
1つひとつにエピソードがあって、それを聞くだけでも美味しい。
話に耳を傾けつつ、ありがたくいただく。

ビールやワインを片手に、ちょっぴり知的な話題にあたし達も仲間入り。
途中から留学生の女子たちも混じって、さらに国際的な話題へ…。

こういう場にいると、リアル脳トレというか、
なまり気味の神経が刺激される感じでいいですね。

ふと気がつくと…10時!もうすぐ終バスが出る!!
ちょっとだけビーチに立ち寄って(ここの海岸はおすすめ☆)
バス停へ…。教授にお礼を言ってバスに乗り込みました。

今日も長きにわたって飲みしゃべりしたな~。
愉しかった♪

酒と海、2つの液体に浸かりつつ、
自分も人間も液体なんだと感じた夏の3連休でした。

2009'07'22(Wed)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM2. TB0 . TOP▲
きはるビーチパーティ @ざうお本店
連休2日目は、『きはる』のビーチパーティ。
西区の海辺にある『ざうお本店』でバーベキューです☆
(今年はドリンク持参で会費¥3500)

11時20分、天神に集合し、送迎バスで一路ざうおへ。
バスに乗るとすぐ、缶ビールで乾杯♪
長~い飲み日和が幕を開けました。

昨年のような渋滞もなく、さくっと現地に到着。
砂浜の小屋にはテーブル席とバーベキューコンロがあり、
既に海鮮やお肉や野菜がスタンバイされています。

あたし達はテーブルに座り、
ぷるこ氏は例年通り網守り(焼き担当)しようとしていると…

今年は『Big Up !』さんの若手が多数来ていて、
彼らが焼いてくれる様子。網守りも世代交代。
「今年はラクでいいよ」としみじみ語るぷるこ氏。
090722-2.jpg 090722-1.jpg

さらに『きはる』の齋藤大将(写真上)自らもプロの焼き技を披露、
うちらのテーブルには焼きたてのお肉や魚たちがたくさん!
090722-3.jpg

たまたま隣合わせた春吉のボスらしき空気を醸し出すお姐さんのおかげもあり、
貢ぎ物のような勢いで『Big Up !』スタッフからもお肉たちがやってきます。

しばしビールを飲みつつバーベキューを堪能。
お腹いっぱいになった後は、海に入ったり、ブランコこいだり、
砂浜に寝転がったり、集合写真撮ったり…
090722-4.jpg 090722-5.jpg

めいっぱいバスが出る4時まで遊びました。
『きはる』のお兄さん方、今年もありがとうございました☆

天神に戻り、解散後はカラオケへ。
久しぶりのカラオケ、3時間満喫。
嵐やらPerfumeやら妹と合唱(ハモってはないので他に言いようがない…)。
カラオケを出るとまだ?9時。

近くの『酒楽遊膳 えびす 平尾店』へ。
ちょうど座敷があいていたので座らせてもらい、
おでんをつまみつつ、まだまだ飲んでおしゃべり。
ひんやり夏おでんが美味しかった♪
090722-6.jpg

店を出たのは日付変わって深夜2時。
?5時間もいたの???
『えびす』のスタッフはいつも元気で良い人たちで、
ついつい長居をしちゃうあたし達…。

それにしても…今日は14時間以上、飲んでたんだな…。

楽しかったのはもちろんですが、
こんなに長い時間、話題がつきなくて、
一緒にいっても窮屈じゃないトモダチがいるというのはほんとに貴重☆
(相手もそう思ってくれていることを願いつつ)

波間に時間にふわふわ浮かんだ夏の一日でした。

2009'07'22(Wed)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM10. TB0 . TOP▲
こば酒店の角打ち @福岡薬院
角ハイボールの後は角打ち♪
近所の『こば酒店』裏にある角打ちへ、久しぶりの来店です。

『こば酒店』は10年以上お世話になっている酒屋さん。
当時は、まだ周辺のコンビニがあまりお酒を販売していなくて、
よくお酒の調達に行っていた覚えがあります。

ご家族で経営されていて、皆さん性格もお酒の知識にも明るくて、
お酒好きの人にはつい紹介したくなるお店なのです。

酒屋と角打ちは中でつながっていて、角打ちの入口は裏側にあります。
店内は、ワイン樽がテーブル代わりに利用されていたりと
おしゃれな雰囲気で、角打ちビギナーでも気軽に入店できます。
090721-2.jpg
女性の一人客が多いのも納得。(あたしもその一人ですが…)

まずは『熟撰』の生(¥320)を注文。
090721-6.jpg
ちょい生なら確か¥200ほど。ほんとにリーズナブル!

おつまみもほとんどが¥200~300。
チーズやピザなどワインに合うものから
するめや酢もつなど日本酒や焼酎のアテまで豊富に揃っています。

支払いはキャッシュオンデリバリー。
テーブル上のカゴにお金を入れておくと、その都度、精算してくれます。

ビールで喉を潤したらワインへ。
¥300、¥400、¥500の3プライスで赤・白・スパークリングが飲めます。
090721-3.jpg 090721-4.jpg
ぷるこ氏は赤を2杯、あたしは白を1杯。
おすすめの白ワイン(これは¥600)を頼んだのですが…残りわずか(涙)
そしたらお兄さんがオマケで安くしてくれました。

立ち飲みなので、酔うまで飲む危険性が減るし、
何よりリーズナブルで、「今日は¥2000まで」とか決めて飲むことも
できるので、こんな時代にはぴったりの飲み処です。

いつもは『こば酒店』をアペリティフのように利用して、
他のお店へ繰り出すことが多いのですが…
翌日の『きはるビーチパーティ』に備えて、早めに帰宅しました。

こば酒店…福岡市中央区薬院1-12-18/TEL092-741-1504

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'07'21(Tue)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
おうちでハイボール!@カーサ・キューブ
連休初日の夕暮れ、ぷるこ氏と『こば酒店』の角打ちへ行く前に、
「casa cube(カーサ・キューブ)にハイボール飲みに行こっか」と
いう話になりました。

槇のモデルハウスとサントリーの角とのコラボイベントで
ハイボールを飲みつつ、ハウス見学をするという趣向のようです。

インペックス通りをてくてく歩き、今泉の白い四角い建物へ。
確か、『デザイニング展』の時に一度来たことがあるはず…。

中に入ると男性スタッフの方が早速ハイボールを勧めてくれます。
ソーダ割、コーラ割、トニック割から選べて2杯まで無料なのだそう。
ぷるこ氏はトニック割、あたしはコーラ割にする。

家族連れや女性の一人客、カップルなど、幅広い来店客。
ハウス内の大型テレビでは、サントリー角のCMが流れています。
ハイボールを飲みつつ、ハウス内を見てまわる。
090721-1.jpg

ウチではソーダ割orトニック割なので
コーラ割は初めてですが、けっこういけます♪

おそらくあたし達は典型的なコアターゲット層だったとみえて…
男性スタッフの方が付ききりで応対してくれました。
都心部でリーズナブル&オシャレな戸建てを考えている人には
もってこいの家のようです。

2杯目も勧めてもらったのですが、ハウス内が混んできたので退出。
くしくも角つながり?で、お次は『こば酒店』の角打ちへ…。

2009'07'21(Tue)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM0. TB0 . TOP▲
カレーグラタン。
我が家のカレー3日目の日。
焼きカレーにしようと企んでいると…

「たまにはパスタもいいんじゃない?」とぷるこ氏。
米より粉を愛するぷるこ氏ならではの意見。
だけど、パスタね…。あんまりイメージがわかない。
でも…マカロニとかショート系のパスタならいいかも♪

てことで、スーパーに行き、ペンネを購入。
ゆがくこと約10分。
皿の底に敷くように並べて、ルーをかけ、
チーズとパン粉をトッピング。
焼き上がったら、輪ぎりのゆで卵を添えて…完成!
090720-1.jpg

濃厚カレーが外から内からペンネに絡み付いて、
これは…いい☆☆☆
090720-2.jpg

発案者のぷるこ氏も満足げ。
カフェとかお店のメニューとしても全然これはアリ!だと思います♪

我が家のカレーメニューがまたひとつ増えました。

2009'07'20(Mon)[ <美味し:家> ] CM2. TB0 . TOP▲
中華そば 行徳家 @福岡南区野間
ぷるこ氏と南区をうろうろしている日、
『行徳家(ぎょうとくや)』でラーメンを食べようという話になりました。
とんこつ王国、福岡にありながら、
塩や醤油にこだわったラーメン屋さんなんだとか。

店内はカウンターと入口近くにテーブル席がひとつ。
ランチのピークは過ぎていたので、テーブル席に座らせてもらう。

メニューを見ると…ひとひねり利いた塩&醤油ラーメンが並んでいます。

ぷるこ氏は塩レモンラーメン(¥730)、
(プラス、ランチメニューの半チャーハン)
あたしは焦がし煎餅醤油ラーメンと迷って
博多にんにく醤油ラーメン(¥650)に。
麺は2種類から選べて縮れ麺にする。
090719-1.jpg

にんにくチップがたっぷり。
厚切りチャーシューやもやし、キクラゲなどもトッピングされています。
スープをすすると…お~にんにくが押し寄せてくる!
濃いな~スープ。もっちりやな~麺。
キクラゲの歯ごたえも良き。

途中、箸に何か硬いのが当たるな…と思ったら卵形の石でした。
何でもスープが冷めないようにと入れてあるのだそう。
店側の食べる人を思った心配りなんですね。

こちらは、ぷるこ氏の塩レモンラーメンと
090719-2.jpg 
チャーハン。
090719-3.jpg

透き通ったスープの上には一面にレモンの輪切り。
なんともインパクトのある見た目。

最初は酸っぱさに戸惑いますが、これがクセになるんだろうな。
ぷるこ氏はかなり気に入ったよう。

塩と醤油に注力しているあたり、こだわりのある店主さんなんだろうな。
担々麺や油そばも気になります…。

行徳家(ぎょうとくや)…福岡市南区野間4-4-35/TEL092-542-1115

関連タグ:福岡南区

2009'07'19(Sun)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
ジェンセンのパテ。
ウチに人が集まるとき、百貨店で見つけた
『Jensen's(ジェンセンズ)』(¥600くらい)のパテ。
090718-1.jpg 090718-2.jpg

レバーやサーモンなど、いくつか種類があるなかで、
フォアグラのパテがお気に入り。
缶のデザインもおされ☆

お値段がリーズナブルなので、
パンやクラッカーにたっぷり塗って、
ワインのお供にすると、なかなかイケます♪
缶入りなので、開けるまでは日持ちもする。

それが先日、ディスカウント酒店で、同じものを発見☆
百貨店よりなんと150円も安い!
これは買うしかない!!
…ってことで即買いしました。

お店でパテを食べると、とんでもなく美味しくて
「やっぱり手づくりのは違うな~」となりますが、
ウチではこれで充分です。

2009'07'18(Sat)[ <美味し:つまみ・肴> ] CM2. TB0 . TOP▲
鶏もつ鍋。
カレー鍋、トマト鍋などに続き、ぷるこ氏が新たに仕入れてきた鍋ネタは…
「鶏もつ鍋」。
博多在住者なら、もつ鍋は極めてポピュラーですが、
その鶏ヴァージョンなんてなんて食欲をくすぐる響き♪
今まで気づかなかったのがフシギなくらい。
(あんだけ焼き鳥食べてるのに)

ふたりで試食がてら作ってみるとこれが予想どおり美味しくて、
以来、トモダチが家に来るときはよく登場します。
その話をマミーにすると「食べたい♪」とのことなので、
今回は両親に作ることになりました。

まずは前日、近所の『肉のたまや』に鶏皮、砂ずり、レバーを予約。
(最初の頃は大将とおかみさんに「何ば作るとね?」とフシギがられてました…)

冬の間は鶏ガラ(お肉を買うとサービス)でスープを取っていたのですが、
いかんせん暑いので、今回はスープは買って手抜きすることに。

当日、『肉のたまや』へ鶏もつとスープを買いに行く。
出来を左右するほど、たまやの鶏もつは重要☆
前回、予約せずに行ったら売切れで、そしたら他の店には
なかなか3つ揃って売っていなくて、とても困ったのでした。
しかも、ぷるこ氏曰く、たまやの皮は適度に脂や身が残っているので、
それがまた鍋に向いているのだそう。

まずは、皮を一口大に切り、じっくり炒めて油を出す。
いったん皮を取り出し、ごぼうを入れ、揚げるように炒める。
ぷるこ氏が丁寧に下処理したズリとレバー、にんにく、唐辛子も加える。
火が通ったところでキャベツとネギ、ニラ、豆腐を投入。
鶏ガラスープを加え、醤油、酒で味をつけ、
塩こしょうで味を整えれば…出来上がり!
食べる直前に、取り出しておいた鶏皮をトッピング。
090717-1.jpg

みんなで鍋を囲んで「いただきます!」
うまい!やっぱりうまい♪濃厚なのに後味が軽い。
これってやっぱり鶏のなせる技?
スープに鶏もつやら野菜やらもういろんな味が染みでていて、
一口の満足度が高いのに、どんどん箸が進む。
食べ過ぎても、胃もたれしない。

最後はチャンポン、雑炊といつもの炭水化物コース。
この雑炊がまた参りました!
卵を入れるかどうか迷って結局入れなかったのですが、それが大正解!!!
卵が邪魔になる雑炊なんて初めて食べたんじゃないだろうか。

これはもう牛に戻れないかもね。。。
冬だけ、お店しようか?とおバカな話をするくらいにほんと美味しい☆
なんでお店がないのかフシギなくらい。絶対、流行るのに~♪

両親にも大好評!
「これから毎回作ってね」とマミー。
よかった良かった。

一方、ぷるこ氏はまた次なる鍋を構想しているようです。

2009'07'17(Fri)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
カレーショップ ドゥニヤ @福岡博多区東比恵
ランチカレーを食べに『カレーショップ ドゥニヤ』へ行きました。
ここのカレーは我らふたりがいま一番ハマっているカレー。

だけど、東比恵にはなかなか行く機会がなく、
いつも「久しぶり」の来店です…。

1時を過ぎていたものの、店内はほぼ満席。
壁にはティンガティンガがディスプレイされ、
中央にはエスニック雑貨が並ぶ店内には、
入口から左手にカウンター、右手にテーブル席が4つあります。
あたし達はテーブル席へ。

ランチのカレーはアフタードリンク付きで\850。
北インド風チキンカレー、ココナッツチキンカレー、
キーマカレーの3種から選べます。

2人とも辛いのが好みなので、大体、北インド風。
ぷるこ氏は激辛、あたしはプラス3にする。

…あれ?メニューをよく見ると…ライスが変わってる?
以前は日本米かパスマティライスかを自由に選べて、
迷ったときはハーフ&ハーフなんてこともできたのですが…。
パスマティライスとハーフ&ハーフは消え、
代わりにプラス¥200でジャスミンライスとなっています。
(後でHPを見ると、パスマティライス販売終了に伴う変更でした)
ぷるこ氏はジャスミンライス、あたしは日本米にしてみる。

ドリンクはコーヒー、チャイ、ラッシーからセレクト。
あたしはホットチャイ、ぷるこ氏はホットコーヒーに。
(甘いものがダメなぷるこ氏にとってコーヒーは大きな救い)

しばし待っていると…まずは食前酒ならぬ食前スープが
ショットグラスに注がれてやってきます。
そして、カレー☆ うーん、いい香り!
090716-3.jpg

互いのライスを半分ずつ交換して、勝手にハーフ&ハーフ♪
(ジャスミンライスって白かった覚えがあるけど…ターメリック?)

黄金色に輝くカレーをライスの上にそーっとかけます。
090716-4.jpg

北インド風チキンカレーは…
 オリジナルガラムマサラの香りと
 トマトのほのかな酸味のバランスが絶妙な辛めのカレー。
 柔らかく煮込んだもも肉も食べごたえがあります(以上、メニュー転載)

さらさらのルーには、辛みと酸味と旨味がベストに調和していて
カレー好きの舌と心とお腹を最大限に満足させてくれます。
さらさらと満足感、一見、相容れない両者のタッグが
皿の上で見事にキマっています。

ぷるこ氏なんて、食べてる最中に何度「うまい!」を発したことか。

途中で、ダイコンチャツネやトマトチャツネを加えると
また味わいに変化が♪

さらに、やわかいもも肉を食せば、ドゥニヤタイムも佳境に。

ちなみにライスは、やっぱりジャスミンライスの方が相性いい。
だけど日本米も捨てがたいので、勝手にハーフ&ハーフは
良い選択でした。次回からもこうしよう。

アフタードリンクで火照った舌を休ませつつ、
ふたりとも恍惚の表情。

こんなに好きなのに、まだ夜は未来訪。
地下鉄の東比恵駅から近いので、ぜひ夜も来てみたいです。

カレーショップ ドゥニヤ…福岡市博多区東比恵3-1-30村上ビル2F/TEL092-400-1203

関連タグ:福岡博多区

2009'07'16(Thu)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
真空パックのゆで落花生。
落花生といえば…
鹿児島を離れてから出会うのは煎ったピーナッツばかりですが、
あたしにとって懐かしい味といえば、
やはり殻ごとゆでたもの。

もちろん煎ったのも美味しいのですが、
ゆでたてもほくほくしていて甘みがあってこれまた美味いのです。

子どもの頃、じーちゃんが畑で育てていて
掘りたてをすぐ塩ゆでしては食べていた思い出の味でもあります。

ただね、ゆでたのは日持ちがしない。
しかも、生の落花生がないとまずできない。

そんな悩み?を解決してくれるのが…(なんか通販ぽい…)
この真空パックされた、ゆで落花生☆
090716-1.jpg

見た目は銀色のゴツゴツしたナゾの物体ですが…
封を開けると中からゆで落花生がごろごろ出てきます。
090716-2.jpg

温めたりする必要も一切なし!
そのままお皿に盛って食卓へ。(ますます通販ぽい…)

マミーがトモダチから貰ったものだそうですが、
話を聞くとお店とかじゃなくて、一般の方なのだそう。
これを鹿屋の主婦が思いついたとは…スゴい☆

マミー曰く、冷凍は製品化されてるけど、真空はないとのこと。
ならますます、これは商品化したら売れそう♪

ちょっと塩気が強かったけど(いわゆる家庭の味の違い)
久しぶりに食べたゆで落花生はやっぱりうまし。

ゆでと真空という、
懐かしい味と新しい技術のコラボも素晴らしい。

福岡でも枝豆とか空豆みたいに、居酒屋さんとかで
気軽に食べられるようになるといいな~。

2009'07'16(Thu)[ <かごしま:懐かしむ> ] CM2. TB0 . TOP▲
土井ハムのスモークベーコン。
デパ地下のミニ物産展で、試食ついでに買ってしまった
土井ハム』のスモークベーコン(¥890)
090715-2.jpg

学生時代、マネキン(試食などを勧める人)のバイトをしてたこともあり、
試食するとつい買わずにはいられない…。
(お店やメーカーによっては、試食してもらうだけで充分、という
スタンスのとこもあるのですが、売上に厳しいとこもあるのです)

『土井ハム』は長崎県大村市にあり、
最初は『土井農場』として酪農をメインに行っていたそう。
ドイツ人のブッチングハウス氏が日本にドイツハムを伝え、
栗原安太郎氏と言う方が、その味を現社長に伝授したのだとか。

人にもハムにも歴史あり。
おかげで、あたし達はうまいハムをこんな身近に食せるわけですね☆

ベーコンはデンマーク産の豚ばら肉を使っているらしく、
(国産の豚よりベーコンに向いているのかしら?)
リーズナブルなのが嬉しい。

製法にもこだわっているらしく、燻製のみの生ベーコンで
そのまま食べるのがおすすめとのこと。
「油をひかずに茄子と炒めても美味しいですよ」。それもいい♪

こういうのは開封後はすぐに食べてしまうにかぎるので、
トモダチが来たときに、皆で食べる。
090715-3.jpg
半分はそのまま生で、半分は教えてもらった通り茄子と炒めて。

生は豚の甘みと程よい塩気がうまいこと融合してる。
脂身が少なめなので、しつこくない。

炒めると何より香りがアップして、食欲を刺激。
茄子とほんとよく合う。ベーコン×茄子、ゴールデンコンビだわ。

また見かけたらリピートしそうです♪

2009'07'15(Wed)[ <美味し:つまみ・肴> ] CM0. TB0 . TOP▲
実家の朝どれきゅうり
両親が家庭菜園で育てた立派なきゅうり。
朝、収穫したばかりの朝どれなきゅうり。
090715-1.jpg

真っすぐで見栄えのいい売り物でもいけそうなきゅうりから
不加工で愛嬌のあるいかにも手づくりっぽいものまで…

全部で43本!
とにかくなっていたものを全て持ってきてくれたのだそう。

この白いトゲトゲが新鮮さの証なのだそう。

無農薬で安心で味も濃い。
自分たちだけで食べるのはもったいないので、
あちこちにおすそわけ。

特に子ども達には好評だったらしく、
カッパ並みにかじりついていたとトモダチから聞いてウケました。

水分を多く含んでいるので、
冷やして食べるとさっぱりして、涼もとれて
暑くて食欲がないときに、もってこいです。

2009'07'15(Wed)[ <かごしま:懐かしむ> ] CM6. TB0 . TOP▲
ヤマザキのロールちゃん。
週末、アッキー&マミー(両親)が来福しました。
たくさんのお土産や救援物資に混じって、
マミーがあたしと妹にと1本ずつ渡してくれたのがコレ。
090714-2.jpg
保冷剤のなかから出てきました。
わざわざ冷やしてまで…。

ヤマザキの『ロールちゃん』。
初めて見たのですが…細長いロールケーキ?
うさぎのイラストが、子どものおやつ感を醸し出しています。

「生地がふわふわで中に生クリームが入ってて美味しいのよ」とマミー。

食べてみると、マミーが言っていたとおりの味。
親にとって子どもはいつまでも子どもなんですね。
なんだかじんわりきちゃいました。

あまいけど、しょっぱい。

2009'07'14(Tue)[ <美味し:喫茶と甘味> ] CM2. TB0 . TOP▲
くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~
先月、『くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~』に
行ってきました。
場所はZEPP FUKUOKA。
ニューアルバム『魂のゆくえ』をリリースしてのライブです。
090714-1.jpg

くるりは学生の頃からずっと大好きなバンド。
(お葬式のときはBGMはくるりでとぷるこ氏にお願いしたくらい)
年齢が近いせいか、自分がそのときに感じていることと曲が
シンクロしていて、時代を共有している気持ちになれるのです。

ボーカルの岸田くんも激好き☆
以前、知人の方にあたしはルーシー(byスヌーピー/
つまり意地がワルいって) だと評されたことがあったのですが、
あたしにとって永遠のシュローダーは、やっぱり岸田くん。

学生時代、合コンで“好きな芸能人”を聞かれ、
「くるりの岸田くん」と答えて、幹事に「やる気あるのか」と
叱られたこともありました。
(その場のほとんどの人が知らなかった…)

さてさてライブは…、
お腹が出てきたぶん、気負いのようなものは減って、
ギター、ベース、ドラムとシンプルなバンド編成で、
『魂のゆくえ』と『図鑑』からのセレクトが多くて、
年の経過と気の逆流を感じられる良いライブでした。

01.LV45
02.愉快なピーナッツ
03.太陽のブルース
04.夜汽車
05.リルレロ
06.かごの中のジョニー~歓喜の歌
07.つらいことばかり
08.Natsuno
09.ミレニアム
10.マーチ
11.青い空
12.窓
13.さよならストレンジャー
14.さよならリグレット
15.デルタ
16.飴色の部屋
17.ブレーメン
18.虹
19.ベベブ
En.
01.津軽海峡冬景色
02.魂のゆくえ
03.トレインロックフェスティバル
04.すけべな女の子
05.ばらの花
06.ロックンロール

ぬくぬくと余韻に浸っていたら、早くも次回ライブの告知が!
今年は『京都音楽博覧会』にも行く予定なので、
あと2回、くるりに会えそうです☆

2009'07'14(Tue)[ <をかし:音楽> ] CM0. TB0 . TOP▲
和心創菜 味菜み @鹿児島
先日、義母の法事で鹿児島に帰りました。
(ぷるこ氏は下関生まれ福岡育ちですが、義母は鹿児島出身)
いつもは嬉し楽し鹿児島♪なのですが、
今回ばかりは違います。全くの逆…。

法事を終えた後は、食事会へ。
親戚の方が天文館の『和心創菜 味菜み』を予約していました。

カウンター、テーブル席、座敷…と広い店内。
あたし達は奥の広い個室へ。
運転手のぷるこ氏を差し置いて、あたしも瓶ビール。
ワルい相方です。

まずは、さつま揚げ。鹿児島といえば、やっぱりこれ。
090713-1.jpg
好みで、おろし醤油につけて食べる。

刺身3種盛りに稚あゆの田楽。
090713-3.jpg 090713-4.jpg
稚あゆの苦みが季節感を呼び起こす。

ただ…ぷるこ氏は食べないだろうな。お味噌が甘いもの。
醤油も味噌も…ぷるこ氏はもちろん、他県の人は甘いと言う。
確かにそうかも。甘いは旨いの食文化。

六白黒豚のしゃぶしゃぶは…たれが黒い!
090713-2.jpg
黒胡麻と黒酢を使ったオリジナルのたれなんだとか。
黒づくしのしゃぶしゃぶですね。
濃厚且つちょっぴり酸味のある黒たれが黒ぶたをねっとり包む。

これは初めての味。
ただ、スープのだしが充分に旨いので、
途中からは付けずに食べたりも。

他にも、焼き物、揚げ物、さっぱり?物…と料理が続く。
090713-5.jpg 090713-6.jpg

トドメのように吸い物とごはん。もう食べられないよ~。
と、言いつつ、食後のアイスは食べて、もう腹十一分。
コーヒーを飲んで「ごちそうさま」

恐るべし、鹿児島。あれはいくらのどんなコースだったんだろう…。

和心創菜 味菜み…鹿児島市東千石町10-1文化ビルディング2F/TEL0120-756-373

関連タグ:鹿児島

2009'07'13(Mon)[ <かごしま:出かける> ] CM0. TB0 . TOP▲
モスバーガーのモーニングメニュー
休日の朝、ぷるこ氏と「朝マックはお出かけの時に食べるけど、
朝モスは食べないね」という話になりました。

マックは24時間オープンだから早朝でも買えるのですが、
モスはまだ開いてないことが多いんですよね…。

こういう話になると、尋常でない行動力を発揮するぷるこ氏。
5分後には着替えて、近所のモスへ。
『ボロニアソーセージエッグロール』(¥280)2つを
ポテトと一緒に買ってきてくれました。
090712.jpg

分厚いボロニアソーセージが2枚と小判型のオムレツが
レタスにくるまれてパンにはさんであります。
彩りがきれい。おされですね~。

そして写真の奥にはHeineken!
朝モスとビール、最高☆ 休日ならでは♪
これで公園にでも出かけたら健康にも良さそうですが…。
ガマンできずにうちで食べてしまいました。

卵とソーセージの組み合わせは鉄板ネタ。
間違いはありません♪ もちろんビールとの相性もマル。
コーヒーより合います、個人的には。

次は…ケンチキにでも行きますか。(朝ケン、あるのかしら…)

2009'07'12(Sun)[ <美味し:中間> ] CM2. TB0 . TOP▲
アサヒ ザ・マスター
“ラリホー♪ラリホー♪”(とあたしにはCMで聞こえてしまう)
アサヒの新しいビール『The Master(ザ・マスター)』。
090711.jpg

本場ドイツの味わいをコンセプトにしたビールのようです。
(だからって、なぜ、CMには音楽家的な人たちばかりが…?)

アサヒとドイツ、ちょっと結びつかないのですが、
リリースによると…
1:ドイツ「ビール純粋令」に定められた原材料のみを使用
2:ドイツ伝統の醸造法を採用
3:「ミュンヘン工科大学」醸造学の“マスター”醸造家が監修
どこまでもドイツにこだわったビールのようです。

色は琥珀っぽくて通常のビールよりも濃い。
香りや味わいも同じく。トリプル濃い。

ゴクゴクというよりは、ゆったり飲みたいビールかも…。
BGMなら、サザンよりクラシック?(だから音楽家!?)

夏、というよりは、秋、が似合うビールのような気もします。

2009'07'11(Sat)[ <美味し:酒> ] CM2. TB0 . TOP▲
ぢどり長屋 第4回 長屋住人総会 @福岡薬院
ぢどり長屋』の4周年イベントに参加しました。

今年は、福岡・八女の酒蔵メーカー『高橋酒店』の常務さん、
古賀の酒屋『中野酒店』の神谷さんをお招きしての
『おいしい日本酒の飲み方講座』を行うとのこと。
加えて、新たな『ぢどり長屋』の料理人となった
寿司職人、石やんさん目利きの海鮮と寿司が幻の銘酒と
共に味わえるとなったら…参加せずにはいられまい♪

参加費は¥5000!
いち早く予約をいれていたのですが…

当日、体調がイマイチ…(涙)だ、け、ど、酒が待っている!!
それにぷるこ氏もいる→安心→スタート5時ギリギリに参戦。

奥の座敷と手前のテーブル席が用意されており、
あたし達は座りやすいテーブル席に。
目の前には一品料理に豪華刺盛。
09071003.jpg 09071001.jpg 09071002.jpg
どれも日本酒に合いそうなものばかり♪

『ぢどり長屋』の店主、きよじゅんさんの挨拶で会はスタート。
『高橋酒店』の看板酒『繁枡』を飲みつつ、
『中野酒店』の神谷さんの講義を聞きつつ、
まったりと会は進行していきます。

まずは『繁枡 特別本醸超辛口』から。
常務さん自ら注いでくださいます。
09071004.jpg 09071005.jpg
すっきりと端麗な味わい。
(本調子ではないので、チェイサーをもらい、水も飲む)

続いて『繁枡 雄町』を。今度は神谷さんが注いでくれる。
雄町とは原料米の名前。岡山から株分けされた稲を糸島で育て、
その米を使っているとのこと。
軽やかでさわやかな飲み口なのですが、
米本来の旨みもじわじわと感じます。
長く付き合えるお酒、といった感じ。これは好みだな~。
09071006.jpg 09071007.jpg
最後は『繁枡 生々限定酒』
山田錦です、大吟醸です、精米歩合は40%です。
これはハレの酒ですね。
たくさん長くは飲めないけれど、
祝い事があったらこれで乾杯したいなと思える酒。

レジュメ(ほんと丁寧な会です)では、ここまでだったのですが…
常務さんが瓶詰めした『繁枡』を6年間冷蔵保存した20本のうちの
最後の1本を…開けてくださいました!
これが…日本酒?すごい、これ。
舌に触れると味蕾が目覚める感じ。
スピリッツ系の洋酒の味わいもするような。
とにかく今まで飲んだことのない超絶なお酒でした。

料理もサザエの刺身や焼き貝など、続々出てきます。
09071008.jpg 09071009.jpg

美酒に程よく酔って、体調も万全に。
しかも、水をたくさん飲んだことが良かったのか、酔いちくれてはいない。

理想的な状態で、話題にのぼった『くどき上手』へ。
『スーパーくどき上手』と『くどき上手 酒未来』。
09071010.jpg 09071011.jpg
こちらは長屋店主の振る舞い酒。写っているのは近くの男性客の方。
スーパーも酒未来も、あまり見かけない気が…限定酒?
まず香りが華やか♪これは女子が好きなお酒、だと思う。
存在感があるんだけど、口当りは優しい。

つやつやのお寿司を食べながら、
09071012.jpg
語らずとも日本酒は旨い、それでいいじゃないか、と
オヤジのような気分にもなってくる。

あ、神谷さんの教えてくれたマメ知識はタメになりました☆
ただ、お酒も好みもいろいろだから、あまり難しいこと考えず、
気ままに楽しめばいいんだなと。

福岡に旨い酒があるんだって身近に感じられたことも
ほんと良かったな~。(記念に法被を羽織らせてもらいました)
09071014.jpg

あたし達は11時ごろ退店。(ちなみに宴は朝まで続いたとか…)

『ぢどり長屋』さん、改めて4周年おめでとうございます☆
そして、ご一緒させていただいた『あげ升』さん、
ちかぢか必ず行きますね~、串かつ食べに☆

ぢどり長屋…福岡市中央区薬院3-12-12/TEL092-526-1023

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'07'10(Fri)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。