ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
05≪ 2009| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ほろよい
水嶋ヒロやオダギリジョーと妄想チャット気分を味わいたくて、
つい買ってしまったSUNTORYの『ほろよい<レモン>』
(いつもCMの影響、ほんと受けすぎです…)
090630.jpg

ふわふわ気分で帰ったのですが…、
そもそも、と家で考える。何が、ほろよい、なのか?

そこで初めて缶をまじまじと見つめる…。

3%? アルコール3%~?
そういうことか。

若干、分かりやすく冷めつつ、飲んでみると…

アルコール分はもちろん、炭酸もやわかい。
レモンの酸味もやわかい。
どこまでも優しいチューハイ。

しつこいけど、そういうことか。。。

今度は<もも>を飲んでみよう。
ピーチじゃなく、ももなのが気になるのです。
スポンサーサイト

2009'06'30(Tue)[ <美味し:酒> ] CM3. TB0 . TOP▲
NICO Touches the Walls × サカナクション
先日、久しぶりのDRUM LOGOSへ行きました。

『NICO Touches the Walls』と『サカナクション』の
2バンライブで、お目当てはサカナクション。
ネイティブダンサー』という曲のPVが激好きなのです♪

ただね、他の曲はあまり知らないし、NICOに至っては全く知らない。
そんな状態で他の人に勧めるわけにもいかず、
初めてのおひとりさまライブです。

LOGOSに着くと、ちょうどNICOのライブが始まったところ。
“ライブハウス”という言葉が似合う、ちょっと懐かしさを感じる
若い男子たち4人のバンドです。
文化祭とか思い出すな~。(あくまでも個人の感想です)

休憩時間になると、いそいそと前へ。サカナクションに備える。
1人だと待ち時間が長く感じるな~。40分は経ったころ…

サカナライブスタート☆
初めて聴くナマの音。これは…やっぱりけっこう好きかも♪
サカナクションはギターボーカルの山口くんをはじめとする
5人組のバンド。うち女子が2人。

山口くんがカッコいいのもライブポイント高し。
(大学時代、微妙に付き合っていた男子に似ている…)

音楽って知ってる知らないよりも好きかキライか、なのね。
どの曲も自然と身体が動いちゃう。
ネイティブダンサーの時なんか、思わず歓声をあげちゃいました。

MCでおもしろかったのは、バンド名の由来。
「Wikipediaとかには、『ミュージックシーンの変化を恐れず
魚の動きのように軽快に素早くアクションしていく』とか書いてあるけど、
それってプロデューサーの浅知恵だからね。
本当はただ僕が釣りが好きなだけだから」と山口くん。
あたしもなんか違和感を感じてたので、聞けてよかった。
もっともらしいことって、そんなものなのかも。

今度はワンマンライブに行ってみたい。

2009'06'29(Mon)[ <をかし:音楽> ] CM0. TB0 . TOP▲
旬魚季菜 凪 @福岡舞鶴
旬魚季菜(しゅんぎょきさい) 凪』へ行きました。
ここは『きはる』の大将のおトモダチ店。
バリよか大将で、ゆっくり旨い時間を過ごせます。
(↑山笠近いので、ちょっとエセ博多弁を使ってみたくなりました)

9時過ぎにぷるこ氏と店の前で待ち合わせ。
店内はカウンター7席に座敷が3つ。
居酒屋というよりは、和食という言葉が似合うような落ち着いた雰囲気です。
店内はほぼ満席。奥のカウンターに滑り込み。

まずは生ビールを頼んで、お品書きを見る。
ここは、あなご料理がメインのお店。あなごに特化しているって珍しい。
なんでも大将の奥様が対馬出身で、お義父さんが漁師さんで、
義弟さんが獲れたてのあなごを運ぶ仕事をしてらして、その途中で
生きのいいあなごたちをお店に届けているらしい。
調理場奥の生け簀では、あなごたちが元気に飛び跳ねていて、
その新鮮さがうかがえます。

となると、あなご刺は外せない。
だけど、あなご料理以外も色んなメニューがあるので、かなり迷う~。

まずは、お通し。サザエのつぼ焼きがどどんと七輪に乗ってやってきます。
(最初に来たときは興奮したな~♪)
ぐつぐつしてきたら、スタッフの方がお皿によそってくれます。
09062801.jpg
大ぶりのサザエはアッツアツのプリップリ☆
これ食べると、ほんと期待が高まります。

そして、あなご刺(¥1200)。
09062802.jpg 09062803.jpg
黒い皿の上で、白い身が輝いています。
(ここは、お皿もステキで、目でも楽しめます)
最初はシチリアの塩をつけて。ポン酢(もみじおろし+ねぎ)も有り。
失礼ながら、あのグロテスクな外見からは想像もできないほど、
上品でおしとやかな味わい。歯ごたえもちゃんとある。

あえて言えば、ふく刺にも似ているような。
年のせいか、同じ種類の刺身はたくさんは入らなくなってきたのですが、
このあなご刺はつい箸が伸びてしまいます。

続いて、あなごの山椒揚(¥1200)
09062804.jpg
外側はカラリと揚がっており、中はフワッフワの身が楽しめます。
山椒が食欲をそそるな~。これは食べなきゃ損!

あなごを充分に堪能した後は、一品料理を注文。
まずは、焼き空豆。
実は全て外してあり、殻はディスプレイとして盛りつけてあります。
自分で剥かなくていいのね、ありがたい♪
こういうとこにお店の心配りを感じちゃいます。
09062806.jpg 09062807.jpg
ヒラマサのカマ焼きや珍味(名前を失念)も注文。

キープの焼酎を飲みつつ、ゆっくり晩酌。
と、言いたいところですが…、なんだかお客さんが次々と帰ってゆく。
09062805.jpg 09062808.jpg
慌てて、土鍋で炊いたサザエ飯(¥900)を追加。
注文が入ってからサザエをさばいて炊き始めるので、
30分くらい時間がかかるそう。
サザエと水とちょっぴりの醤油で炊き上げたごはんは、
海の香りが豊か。しっかりサザエの旨味がしみわたっています。

ゆっくり食べたいとこですが…、閉店は11時らしい。
(12時かと思ってた…涙)
かっこむように食べて(もったいない~)退店。
(なので、メニューと値段も一部しか控えていません…)

毎回、あなごしゃぶを食べようと思いつつ、なかなか行き着かない。
今度は凪ファンのトモダチと一緒に、あなごしゃぶまで食べてみたい。

旬魚季菜 凪…福岡市中央区舞鶴3-1-10セレス赤坂門1階/TEL092-741-5108

関連タグ:福岡舞鶴・赤坂・大手門

2009'06'28(Sun)[ <美味し:外> ] CM6. TB0 . TOP▲
夏の日のおでん。
「寒くなったら、おでん作ろうか」と話していた我が家。
しかし、季節は変わり…夏がそこまで来ています。

でも…「季節なんて関係ないじゃん!」てことで、
おでん、作りました、ぷるこ氏が。
090627.jpg

具材は大根、たまご、じゃがいも、牛スジ、かしわ、つけ揚げ、
こんにゃく、ちくわ、つみれ、鶏団子…などなど。
(一度に入りきらず、2回目に入れた具材も)

だしはかつお節と昆布としいたけでとり、
大根は面取りをし、
牛スジは何度か下ゆでし、
他の具材はそれぞれに煮て、最後に合わせる…

オトコ(ぷるこ氏)の料理とは、なぜにかくも丁寧で繊細なのでしょう。
あたしがやったらこうはいかない。。。

お味はもちろん、パーフェクト。
だしをしっかり効かせて、味付けは最小限という
我が家の好みどおりの味です。
専門店のような派手さはないけれど、味は文句なし。

2回目、3回目…となると、さらに味がしみて融合して、
えも言われぬ結束感。鍋の中に宇宙が広がっているかのよう。
そのまま飲んでも美味しいおだしは、
ごはんを入れて雑炊にしたり、チャンポン麺入れたり。

夏のおでんもワルくないですね。
ただ、煮ている間は…キッチンに立寄りづらくなりますが。

2009'06'27(Sat)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
奈良の柿の葉すし。
妹から奈良土産にもらった柿の葉すし。
090626.jpg

笹の葉すしは馴染みがありますが、柿の葉すしは初めて。
そもそも奈良という地自体にあまり馴染みがないあたしは、
出かける前におすすめの奈良土産を聞かれても、
答えられずじまい。(奈良名物ってどんなのがあるのかしら…)

それで、妹が自力?で見つけてきてくれたのが柿の葉すしです。

開けると、柿の葉のいい香り。
すし飯の上に鯛の切り身が乗っています。
鯖、鮭、鯛と種類があり、日頃あまり食べない鯛を選んだのだそう。

少し醤油をたらしていただく。
鯛の上品でふくよかな味わい。

奈良って海がないように記憶していたのですが…。
おすしが名物とはおもしろいですね。
山梨のあわび煮貝などに通じるものがあるような。
奈良の人の知恵ともてなしの心が詰まっているように思いました。

2009'06'26(Fri)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
'09食博覧会・大阪
GWに大阪へ行っていた妹からもらったお土産。
09062501.jpg

なんでも4年に一度開催されるという日本最大の食の祭典、
'09食博覧会・大阪』に行ったのだそうです。
会場は大阪・南港の『インテックス大阪』、
期間は4/30~5/10の11日間、開催されていたそう。

会場には日本のみならず世界の食材や食に関する機材などが集結し、
各ブースを試食をしつつ巡りながら、気に入ったものは購入し、
合間に各国のパフォーマンスを見学…といった趣向らしい。

さすが!食い倒れ大阪!!
おもろいことやってまんな~。

で、あたしにもお裾分けが来たのです。

内容は、一口サイズのチーズとストロベリーチーズケーキの詰め合わせ。
(値段、聞いちゃいました。¥1200)
一見すると、外国土産のようです。

チーズケーキは賞味期限が短いのでもらってすぐに賞味。
ピンクのチーズケーキって珍しい。
引き出物とか、めでたいギフトに良さそうですね。
食べてみると、イチゴの甘酸っぱさとチーズのコクが
良きハーモニーです。

チーズの方は、のんびりワインと一緒に。
09062502.jpg
「デザートセット」なるシールが貼られていますが、甘くはなさそう。
(こちらはぷるこ氏も食べられる♪)

レッドチェダーやクリームチーズ、ゴーダ、スモーク…など、
6種類のチーズが入っています。
それぞれ2センチくらいのキューブ状で真空パックされており、
食べきりサイズなのが嬉しい。
しかも、一度に色んな種類を食べられるので、お店気分を味わえます。

『食博覧会』、GWの大阪は混み合っていそうですが、
機会があれば行ってみたいものです。

2009'06'25(Thu)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM2. TB0 . TOP▲
豚と節家 @福岡高砂
『郷家』のセカンドブランド(と言うらしい)である
ラーメン屋『豚と節家』に行ってきました。
オープンして…半年くらい?
『郷家』のラーメンも好きだし、
近くを通りがかるたび、気になっていたお店です。

店内はカウンターとテーブル席が3つ。
豚をかたどったロゴ、赤いカウンター、女子ウケも良さそうなお店です。

豚ラーメン(¥550)と節ラーメン(¥580)で迷って…節ラーメンにする。
ぷるこ氏は山椒や唐辛子などのスパイスが入った和極の素(¥50)、
あたしは味玉(¥100)をプラス。

それと、ぷるこ氏リクエストのチャーハン(¥500)。
09062402.jpg
ごはんパラパラ、やっぱりチャーハンはお店で食べるにかぎる。
(いや、そんなことない家庭も多いと思いますが)
我が家でつくるのとクッキリ差が出るメニューのひとつだわ。

そしてラーメン♪(奥のはぷるこ氏が頼んだ和極の素)
09062401.jpg
“鰹節、さば節、うるめ節で仕上げた香り高い節スープに
豚スープをほど良くブレンド。
魚系の旨みをガツーンとお届けします”とのこと。

スープをそそると…お~ほんとだ!
魚たちが舌の上を泳いでやってきます。
合間に豚が顔を出しては通り過ぎていく。
これは…個性的な味☆

麺は少し縮れてる?それがスープとよく絡みます。
水菜のシャキシャキ感とあられのつぶつぶ感がいいアクセント。
味玉も半熟とろとろでうんまい。

ただ…途中から…濃い濃いしく感じるような…。
(後で喉がそうとう乾いてしまった…)
もう少し薄い方が好みかな~。日によって違うのかしら。

次回は、つけ麺を食べてみたいな。

豚と節家…福岡市中央区高砂2-10-7/TEL092-526-3422

関連タグ:福岡高砂・白金

2009'06'24(Wed)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
金華さば水煮・みそ煮
福岡雑餉隈直売所で、出会ったのは
石巻港(宮城)の『金華さば水煮・みそ煮』(各¥300)
090623.jpg

“秋に限定して金華山で漁れた、高鮮度で
脂のり抜群の大型さば「金華さば」を使用”しているとのこと。
(この「金華さば」ってブランドさばらしい。金華ハムみたい)
さば大好きだし、東北のさばだなんてかなり興味をそそられる。

“漁れたて(鮮魚)そのままを一つ一つ丁寧に手詰めした
手づくり商品です。骨まで柔らかく食べられ、
家庭的なやさしい味に仕上げております”…なんて、
畳み掛けられたら、買わずにはいられますまい。
で、どちらとも思わずいくつかまとめ買い♪

みそ煮はそのままごはんのお供に(缶のだしもたっぷりかけて)、
水煮は玉ねぎスライスとケッパーのみじん切りを混ぜて
サラダにしたり。(もちろん、だしも投入)
090623-2.jpg
いずれも缶詰にしては上出来の味。

検索してみると、楽天ランキング1位の人気商品らしい。

こりゃ、買い占めればよかった…とちょっぴり後悔です。

2009'06'23(Tue)[ <美味し:即席> ] CM0. TB0 . TOP▲
ピッツェリア『ファリーナ』 @福岡高砂
ぷるこ氏と晩ご飯を食べようと、高砂方面へ。
(特に目当てがないと、方角だけ決めてブラるふたり)
美味しいピッツァが食べられる店があったよな~と
(普段はピザピザ言ってますが、こういう時くらいは)
ピッツェリア『ファリーナ』に決定!
(HPで見ると『マンジャーモ』の姉妹店なんですね)

エントランスで少し待った後、厨房の前を通って奥のテーブル席へ。
ウッディな空間は温かみがありつつ、洗練された印象。

店内はほぼ満席!女子率95%!!
習い事帰りといった風情のアダルティな女性グループが複数、
和やかに会食をしていらっしゃいます。

スタッフには外国の方もいて、イケメン揃い。
(これも女子率が高いのと無関係ではなさそう)

まずは、イタリアのビール(¥700)を飲みながら
自家製パン(コペルト代¥200)をちぎりつつ、
メニューをセレクト。カタカナメニューに迷えるふたり。
コース(¥2500)もあるけど、ぷるこ氏はデザートがムリだからな…。
3品ほどアラカルトで注文。
09062201.jpg 09062202.jpg
前菜はドライ・トマト ミックスオリーブ 自家製野菜のマリネ盛り合わせ(¥700)。
ドライ・トマト、あまり食べないけど、トマトの味がギュゥッと
詰まってて、一気にイタリアン気分が高まる。
ぷるこ氏もえらく気に入った様子。
オリーブはいろんな種類が混ざっていて、トルコで食べたごはんを思い出す。

これはワインと合う味だな~。
赤ワイン(¥2800)をボトルで注文。

パスタは黒板の“本日のおすすめメニュー”から、
エビと空豆とカラスミのパスタ(¥1400/名前は少し違ったかも)を選ぶ。
09062203.jpg
エビの赤、空豆の緑、カラスミの黄金、とにかく彩りがキレイ☆
味も…最高!めちゃ、好みの味!!!
エビのぷりぷり感に、空豆が季節感を添える。
さらにカラスミの風味が全体に程よく絡む。
これは1人1皿いけそう♪

ゆっくり堪能したいとこですが…
テーブルがあまり広くないので、早めに食べないと、
置き場所がなくなってくるな~。

ピッツァはプルチネッラ(¥1800)
09062204.jpg
迷った挙句、ぷるこ氏が“プル”の入ったメニューを選んだ様子。
詳しく見ると…“自家製ソーセージ、トマト、バジリコ、
ナポリ人気のピッツァ”なんだとか。経緯はどうであれ、期待大。
イタリア製の薪釜で焼き上げる本格派のピッツァは
表面はパリッ、中はもっちり。それに具材やソースが重なって、
思わず「ブオーノ!」したくなっちゃいます。

久しぶりのイタリアン、懐かしのデート気分でいただきました。

ピッツェリア ファリーナ(PIZZERIA FARINA)…福岡市中央区高砂1-2-19/TEL092-521-2229

関連タグ:福岡高砂・白金

2009'06'22(Mon)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
愛を読むひと
映画『愛を読むひと』を試写で観ました。
090621.jpg

“全世界500万人が涙したベストセラー小説『朗読者』、
アカデミー賞チームによる待望の映画化。
突然終わった年上の女性との恋。
20年後、彼はなぜ、本を朗読し、彼女に“声”を送り続けたのか?
少年の日の恋が、無償の愛へと変わるまでーー” (フライヤーより)

主演のケイト・ウィンスレットがアカデミー賞最優秀主演女優賞などを
受賞したことでも話題となっているようです。

「涙した」と言われると、なかなか涙できない
アマノジャクな性質なもので…あえて気をフラットに持ちつつの鑑賞です。

1958年夏、ドイツ。15歳の少年マイケルは
年上(36歳!)の女性ハンナと恋に落ちる。
母親ほど年の離れた女性との恋、初めての体験…。
会うたび、マイケルに本の朗読を願うハンナ。それは2人の愛の儀式。
そんな幸せも束の間、ハンナは突然姿を消す。
8年後、法学生マイケルが傍聴した裁判の被告席にいたのは、
なんとハンナ!彼女はあることを守るために、
不当な証言に反論することなく、無期懲役を受け入れる。
マイケルが証言すれば、ハンナの罪は軽くなる、でも秘密は暴かれる。
悩むマイケル…そして、出会いから20年後…
再びハンナの朗読者となることをマイケルは決意する…

今までケイト・ウィンスレットって『タイタニック』の
腕太なイメージしかなかったのですが…これは美しいです。
ちょっと眉を寄せて、じっと見つめるところとか、キレイ。
36歳から30年間のハンナの人生を丁寧に繊細に演じています。

内容については…
隣の人はティッシュが1袋なくなる勢いで大泣きしていましたが、
あたしはやっぱり泣けませんでした。
自由や命以上に守るべき秘密なんてあるのかと、
正面切ってのアツさしか持ち合わせていないあたしには、
マイケルの態度が煮え切らなく思えて感動も半減。
自分と立場を置き換えてみても…。
だけど、だからこそ彼は一生かけて…と思い直してみると、
そうすると切なさが込み上げてはくるのですが。

ただ、今までナチって軍服着た男性しか思い描けなかったけど、
収容所には何千人というドイツ人が勤めていて、
その中にはハンナのような女性もいたのだなと改めて気づかされました。

あと、裁判て何だろうと。公平とか現代的とか言っておいて、
その実は…そこに事実はあるのかと。真実に基づいているのかと。

…こうやって書いてみると、あたし右脳ばっかだな~。
我ながら厭なヤツです。もっと左脳を動かして、観たい。

2009'06'21(Sun)[ <をかし:映画・演劇> ] CM2. TB0 . TOP▲
リエ・フゥ(Rie fu)ライブ
少し前、クロスFM主催のRie fu Live『Urban Romantic』に行きました。
090620a.jpg

同タイトルの4thアルバムに関連したイベントのようです。
用事があって少し遅刻しての到着…。(いけませんね)
席に着くと、もう始まっていました。

澄んだ声が流れるようなメロディに乗って届きます。
ピアノを弾きつつ、まるでトモダチに語りかけているかのような歌声。
メッセージ的な歌っぽい。

それが…MCを聞くと「あれは歌だ」と気づかされました。
地声はアンニュイでささやくような声。こんな声、憧れるな~☆
ずっとMCを聞いていたい。歌より声に惹かれてしまったよ…。
寝る前に絵本とか読んでもらったら、ぐっすり安眠できそうだ。

最後は、教会でライブをしたときの映像が流れる。
パイプオルガンを弾きつつの演奏。
「この曲、ラジオで流れているよ」とクロスリスナーのぷるこ氏。
確かに聴いたことある!
せっかくなら、この曲をナマで聴きたかったところですが…
段取りがあるんだろうな。

ググってみると、本名は“船越里恵”なんだそう。
それで、“fu”かあ~。一気に親近感アップ☆

歌だけじゃなく、画も描いたりするそうです。
たむらぱん然り、歌い手さんてなんで皆さんこうも多才なんでしょうか。
またイベントがあったら行ってみたいです。MCを聴きに。。。

2009'06'20(Sat)[ <をかし:音楽> ] CM0. TB0 . TOP▲
生産者直売のれん会 福岡雑餉隈直売所 @福岡博多区銀天町
雑餉隈でランチしたついでに、商店街の
『福岡雑餉隈直売所』へ立ち寄ってみました。

豆腐やら麺やらをはじめ、ご当地直送の食材が
あれこれずらりと並んでいます。
レジの近くには揚げたてのお惣菜なども。
思わず、「こんな店、近くにあったらいいのにね~」

こちらは『彩豆堂』の焼き釜仕込みのチーズプリン。
090618.jpg
お豆腐屋さんのスイーツだから、素材にこだわっていそう。
食感はしっとり、甘さ控えめで、ぺろり1個でした。

長崎から直送のちゃんぽん麺も購入。
レシートを見ると
“長崎麺屋 出島製麺所 白雪食品麺直売所
毎日できたて麺をお届け!”とのこと。
鍋のシメに食べたのですが、もちしこな麺で
スーパーのより断然美味しい☆
だけど、値段はあまり変わらなかったハズ。

また行きたいけど、なかなか行く機会がない。。。(涙)
近所にもこんなお店があったらほんといいのにな。

生産者直売のれん会 福岡雑餉隈直売所…福岡市博多区銀天町1-12-11

関連タグ:福岡博多区

2009'06'18(Thu)[ <をかし:暮らし> ] CM2. TB0 . TOP▲
タイ国屋台居酒屋 ガムランディー @福岡大名
少し前、知人の誕生日を『ガムランディー』で祝いました。

ここの奥さんは古い知人。タイ料理の店をダンナさんとされています。
タイの屋台そのままの雰囲気が漂う店内はお客さんでいっぱい。
予約をした方が無難なようです。

黒板のおすすめメニューにも目をやりつつ、
野菜料理、お肉、魚…とバランスよく注文。
生ビールで祝杯☆

ここの一番すごいとこは、野菜はほとんど前原の自家農園で
育てていること。だから、ポピュラーな野菜はもちろん、
タイチックな野菜やスパイスも風味&食感よくいただけるのです。
09061701.jpg 09061702.jpg 09061703.jpg

途中でワインを飲んだり、蒸したもち米を頼んだり…。
おしゃべりに夢中でメニューはあまり覚えていないのですが、
どれも、うまい。

人数が多いといろんなメニューが食べられるのも良き。
お気に入りの、とらえびのココナッツカレー玉子とじも頼む。
09061704.jpg 09061705.jpg
シメはごはんものと麺類、どちらも頼む。

一緒にタイのビールもオーダー。
やっぱりタイの料理にはタイのビール。素晴らしきマッチング。
ついついお代わり♪

タイ飯で誕生会ってのもいいですね☆

ちなみに『ガムランディー』は今年10周年!めでタイ☆☆☆
10%割引券をいただいたので、また近々行ってみようと思います。

タイ国屋台居酒屋ガムランディー…福岡市中央区大名1-13-12大名ことうビル201/TEL092-716-5554

関連タグ:福岡天神・大名

2009'06'17(Wed)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
九州大学創立98周年~開学記念安藤忠雄講演会
先日、『アクロス福岡』で開催された九大の記念行事に行ってきました。
目的は安藤忠雄氏の記念講演会。今回の演題は『夢をつくる』。
090616.jpg

“九州大学は、5月11日を「本学記念日」とし、例年、
一般の皆様を対象に開学記念行事を開催”しているそうです。
参加は事前申込制(無料)、ちゃっかり応募してました。

3ヶ月ぶりの忠雄ちゃんはこの日もパワフル。
今回は学生さん達を意識してか、自分の学生時代の話からスタート。
いつも自由に話している(イメージを受ける)ので珍しい。
独学で1年間、部屋にこもって建築を勉強したそうで、
近所の人からは変わった子だと噂されていたらしい。
天才と変人は紙一重なんですね。

自分は日本の青春期である1960年代に20代を過ごせたことが良かったとも。
その間に、吉川英治氏、和辻哲郎氏、司馬遼太郎氏、西田幾多郎氏、
Goetheの詞、朝比奈隆氏、唐十郎氏、小澤征爾氏、寺山修司氏、
横尾忠則氏、大江健三郎氏、三宅一生氏、安部公房氏…に影響を受けたとも。

印象に残ったのはサントリーの会長さんとの出会い。
若い頃、飲み屋で時々会っては一緒に飲んでいたのだそうですが、
ある日「君、建築家らしいな」と言われ、「知らなかったんですか?」と返すと
「若いヤツの職業や学歴は関係ない。面白いから一緒に飲む。それだけだ」
なんてカッコいい大人!
それがきっかけで『サントリー美術館』を造ることになったのだとか。
それまでのキャリアでは造ったことのないサイズで一度は断ったらしいのですが
会長に励まされ、挑んだのだそうです。

“建築とは人が集まって会話をする場をつくること”
“建築は時代の表現”
“楽しむことを受け止める都市”の実現を目指して(パリのように)。。。
忠雄ちゃんは今日も世界のどこかで建築している。

あたしは…何をするんだろう。

2009'06'16(Tue)[ <をかし:祭り・イベント> ] CM2. TB0 . TOP▲
酒楽遊膳えびす 平尾店 @福岡平尾
近所に新しく出来た『えびす』という居酒屋のチラシがポスティングされていました。
店の前には、“博多新おでん”、“和牛レバ刺”などと書かれた提灯があり、
気になっていたお店です。

ひと足早く、会社の同僚と出かけたぷるこ氏の感想も上々。
ふたりで出かけてみました…。
が!2回連続、お休み。(チラシには休日は書いてないのだけど…涙)
縁がないのかしらと思いつつ、3回目行くと…開いてました!

店内はカウンターとテーブル席が2つ、奥には座敷が1つ。
ほぼ満席でしたが、カウンターが運良く2席空いている♪
カウンターに座り、生ビールを注文して、メニューを見る。

おでんはやっぱり外せないよな…。
一品ものも多いので、あれこれ迷いつつようやく注文。

まずは黒毛和牛のレバ刺(¥880)。
プリプリの牛レバーには、特製の塩だれがたっぷり。
とろっとしたレバーの甘さを塩だれが包み、薬味がさっぱり感を添えます。
これは好みの味♪
09061501.jpg 09061502.jpg
続いて自家製手包み博多一口餃子(¥480)
お~きれいな羽が!
味も専門店にひけをとらない。

このあたりでぷるこ氏は焼酎、あたしは日本酒を。
八海山を頼んだのですが…気前良すぎ!
09061503.jpg
コップはもちろん、升までなみなみに注いでくれます。
少し飲みづらくはあるけれど、そんなのへっちゃら。
この心意気、何とも嬉しい☆

そして、博多新おでん盛り5種(¥980)。
09061504.jpg
迷ったので、盛り合わせにしてみました。
博多新おでんとは…
“鶏ガラと和牛テールのダシで煮込んだ具材に
特製和風ダシをかけて食べる全く新しいおでん”とのこと。

具材は、大根、里芋、豚肩ロース、春菊、ガンモ。薬味のネギもたっぷり。
春菊には山芋とろろがかかっています。
素材の個性はきちんと残しつつも、しっかり味はしみていて、
薬味やとろろを添えると、また味わいが深くなって、いい。

お気に入りは里芋。だけど、今まで食べたことなかったような…。
それが勿体なく感じるくらい、里芋っておでんに合う。
またまたなみなみの三千盛をやりながら、少~しずつ食べる。

シメはおでんのダシを使ったチャンポン(¥300)とお茶漬け(¥450)。
09061505.jpg
ガッチリおダシを楽しみました。

最後にスタッフのお兄さんと少し話をしたのですが、
おふたりとも腰の低い方たちで、人柄良さそうなのが伝わってくる。
おでんの具材は季節によって変わるそうです。
夏の具材も食べてみたいな~。

酒楽遊膳えびす 平尾店…福岡市中央区平尾3-5-2/TEL092-522-5255

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'06'15(Mon)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
御膳屋 菴離(いおり)@福岡博多区下川端
どんたくの時にお世話になった『御膳屋 菴離』へ
お礼も兼ねて、Mさん、ぷるこ氏と行きました。

場所は『博多座』の地下2階、
間接照明によりシックな空間が演出されています。

カウンターの他は全て個室。
奥には宴会向きの大きな座敷もあるそうです。
HPを見ると、キャパはなんと270人!
急な接待や会社の飲み会に重宝しそうなお店です。
あたし達も個室のひとつに上がる。

少し肌寒い日だったので、3人とも芋のお湯割りでスタート。
Mさんおすすめのメニューを教えてもらいつつ注文。

ごぼうのから揚げは、スティック状のごぼうがカラリと揚がっていて、
噛むと特有の風味が鼻をくすぐる。歯ごたえも良き。
これはハマる味。ビールに合いそう。
09061401.jpg 09061402.jpg
ハニー豚の陶板焼は、セルフで焼きます。
北海道産のハニー豚は、『御膳屋』イチオシの豚な様子。
(おすすめメニューに豚しゃぶ鍋がありました)
いろんな豚がいるものだな~。
ちょっと油断して焼きすぎましたが、甘~いひとくちでした。

鬼あさりの酒蒸しは、殻がフツウのあさりよりデコラティブなので
豪華な感じがします。身も少し大きめ。味は…同じかな(笑)
09061403.jpg 09061404.jpg
あげまき貝も大好き♪
お店で見かけると、必ず頼んでる気がしますが、
鹿児島にいた頃はあまり食べる機会がなかったな~。

3人とも2軒目があり、珍しくここまで。
来年のどんたくまでには、ゆっくり来たいと思います。

御膳屋 菴離…福岡市博多区下川端2-1博多座・西銀再開発ビル地下2階/TEL092-281-1388(予約専用)

関連タグ:福岡博多区

2009'06'14(Sun)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
お買いもの中毒な私!
試写で『お買いもの中毒な私!』を観ました。
090613.jpg

“レベッカ・ブルームウッド25歳。
夢はファッション紙の編集者。
憧れのNYライフを満喫している彼女の最大の悩みは…
お買いものがとまらない!”  (フライヤーより)

衣装を担当したのは、『プラダを着た悪魔』や
『セックス・アンド・ザ・シティ』のパトリシア・フィールド。
SATCは女性たちがゴツゴツしたイメージ(失礼)でニガテなのですが、
さとう菓子のようなカラフルなファッションは大好き♪
(衣装の半分は渋谷の『109』でセレクトしたらしい、
20代女子のファッションは日本が一番!というのは本当なんですね)

それに、この映画とは逆に、最近、めっきり買いものが減ったあたし…。
お買いもののときめきを疑似体験できたらいいなとも♪

主人公の女子は何かにつけて買いものをする。
それもカードで。持ってるカードはなんと12枚!
家には膨大な服と請求書の山。それでも買わずにはいられない。
(古着ばかり着せられた幼少期がトラウマになってはいるのですが)
印象的だったのは、彼女の目にはマネキンが話しかけてくるように
見えること。買いもの依存症の一旦を垣間みたような…。

買いものでしかポジティブな感情を得られない主人公ですが、
カードは限度額を超え、親友からは絶好され、仕事も恋も失ってしまい…
一念発起!買いもの以外に価値を見いだしていきます。

なんて書いてみるとありきたりですが、
観ている間は全くそう感じないのは、主人公役のアイラ・フィッシャーが
キュートで愛らしくて可笑しいから。
値札を気にすることなく、最先端のファッションにときめくことが
できるのも良き。目の保養になります。

ただ、カードって、それに依存してるアメリカって怖いな~とも。
若干デフォルメしてるとは思いますが、カード地獄のような人は本当に多くて、
ローンに無頓着な国民性がリーマンショックの下地になったんじゃないかな~
…なんて考えていたら、原作はイギリスでした!

映画館でというよりは、女子同士のお泊り会で、パジャマ姿で
「この服かわいい~」とか、わいわい言いながら観たい映画です。

2009'06'13(Sat)[ <をかし:映画・演劇> ] CM2. TB0 . TOP▲
博多味処いろは @福岡博多区上川端
鹿児島のトモダチが福岡へ遊びに来ました。
晩ごはんのリクエストは水たき。
数店ピックアップして選んでもらったのは『いろは』。
創業は昭和28年の老舗で、芸能人や著名人も数多く訪れている有名店です。
09061201.jpg

店内には数えきれないほどのサインや写真やポスター。(撮影は不可)
あたしのLOVEな『くるり』のもありました♪

予約であることを告げると2階の個室へ。
個室は空きがないと言われたのだけど…良かった!ゆっくり出来そう。
室内には女将の写真がばばん!と飾ってあります。う…ん…。

予約時にすきやきか水たきかを聞かれ、水たき(¥4700)と伝えていたので、
テーブルには既にコンロと鍋がスタンバイされています。
コンロは2つ。ちょうど男子3人、女子3人だったので、男女で別れて座る。

皆で生ビールで乾杯☆ようこそ福岡へ。
スタッフのお姉さんによって、コンロはスイッチON。
白濁のスープが煮たって、いい匂いがしてきます。
09061202.jpg 09061204.jpg

まずは、スープを湯のみに注いでもらい、塩とネギ、柚子こしょうでいただきます。
コクがありながらあっさりしていて、滋味深い味。
高千穂の赤鶏を使っているのだとか。

続いて、骨付き鶏をポン酢の入った皿によそってもらいます。
お店特製のポン酢は爽やかで酸味がきつくなくて食べやすい。

その間に、お姉さんはスプーンで鶏団子を手際良く器用に球状に丸めては、
鍋の中にポンポン投入していきます。さすが!これぞプロの技。
一同、しばらくその光景に見入る。
09061203.jpg 09061205.jpg

鶏団子の儀式?が終わると「後はお好みで野菜を入れて召し上がってください」
野菜はキャベツ、水菜、えのき、人参。豆腐も有ります。
博多の水たきはキャベツがポイント。
野菜の甘さや歯ごたえがいいし、スープが薄まることもない。
言われた通りに好きに野菜を入れて…出来上がり☆
09061206.jpg

野菜とスープとポン酢の三重奏。味に食感と奥行きが加わります。
そこに鶏団子が重なって…これは、うまい!
ずっと食べ続けていたいよ~。

ドリンクは鹿児島人らしく焼酎(¥400)。
ショットは水割or湯割の二者択一なので、「ちょい水」でお願いする。
(鹿児島ではあまり馴染みがないらしく、笑われてしまった)
ウーロン茶(¥600)がペットボトルで出てきたのはウケました。

その間にも、スープは更に美味しくなっていく。
だいぶお腹いっぱいになったけど、このスープをもっと堪能したい。
てことで、男子鍋はチャンポン(¥450)、女子鍋はおじや(¥400)。
やっぱりシメを食べなくちゃ、終われない。
もちろんどちらも食べる。これでもかってくらいスープを吸い込んでます。
は~満足♪

ひとつ気になったのは…スタッフにコワいお姉さんもいたこと。
たまたま虫の居所がワルかったのかもしれませんが…。
あたしとしては、わざわざ鹿児島から来てるのにワルいな~という思いになる。
博多&老舗の看板を背負ってるはずなのに…
名札はその意気を表すために付けてるはずなのに…少しザンネン。

ともあれ、皆には喜んでもらえたみたいで何より♪
水たきの専門店って、普段使いというよりは、観光客向けのイメージが強くて
2人ではあまり来ないので、あたし達にとっても良い機会でした。
今度は鹿児島で美味しい鍋をつつく予定です♪楽しみは次へー

博多味処いろは…福岡市博多区上川端町14-27いろはビル/TEL092-281-0200

関連タグ:福岡博多区

2009'06'12(Fri)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
アルティアム プロスペクティヴ
天神で買い物の合間に、ぷるこ氏とイムズへ。
三菱地所アルティアム開館20周年記念展
 アルティアムプロスペクティヴー20年の時を超えて愛されるもの
』を
観に行きました。
090611.jpg

会期中は、会田誠氏、荒木経惟氏、江上計太氏、福田里香氏、
奈良美智氏、草間弥生氏、ユェン・グァンミン氏、ジャナイナ・チャッペ氏の
8名によるグループ展が無料で観覧できます。
皆さん、過去にアルティアムで展覧会を開催したアーティストだそう。
こうやって一堂に会すると何とも豪華なメンバー☆

草間氏の水玉の不均等さに安心する。
江上氏の張り巡らされたネットの緻密さに驚愕する。
陽子がいっぱいのアラーキー。猫もいる。
会田氏の『ジューサーミキサー』と奈良氏の『Harmless Kitty』が
対面している様は…今ここでしか体験できないだろうな~。貴重☆
最後は、アルティアムの歴史を年表で振り返る。

受付では、福田氏の制作・展示した柑橘系リキュールを試飲。
展示してある瓶にはハチとか入っているのもあったけど、
さすがに試飲用は果実と砂糖と胡麻焼酎のみ。4年ものらしい。
最初は原液のまま、続いて炭酸ソーダで割って飲む。
もはや果実を越えた時間勝ちの香りと味です。

アルティアム プロスペクティヴ…2009年5月30日~6月21日 @三菱地所アルティアム

2009'06'11(Thu)[ <をかし:アート> ] CM0. TB0 . TOP▲
ハゲタカ
試写で『ハゲタカ』を観ました。
090610.jpg

“何のために戦うのか。何のために働くのか。
混迷と不安の時代ーーー日本人が見失いかけた答えは、
ここにある!”   (フライヤーより)

NHKの人気ドラマ、待望の映画化、ですが、
とにかく大好きな大森南朋を大画面で観たくての鑑賞です。

ハゲタカとは投資ファンドの総称。
日本を象徴する会社、アカマ自動車が敵対的買収を仕掛けられ、
その窮地を救ってほしいと、鷲津(大森南朋)に依頼が来る。
鷲津はホワイトナイトとして名乗りを上げ、
中国の国営ファンドをバックに持つ買収先の劉(玉山鉄二)と
激しい攻防戦を繰り広げる…。

経済に疎いあたしはホワイトナイトなんて言葉にのっけから「?」
何となく意味を予想しつつ観ていくが、
買収劇の打ち合わせ風景になると、展開が早く、
へ~ほ~と目を泳がせることもしばしば。

派遣法の製造業解禁やリーマンショックなど、
時勢と合致した内容なので、これはフィクションなんだと
安心して観ていられないリアリティがあります。
(台本は途中で書き換えられ、紙幣も全て本物を使ったのだとか)

また、その舞台裏の部分が描かれるので、リーマンショックって
こうして起こったのか~と、少しですが解ったりもします。

お金って、仕事って、日本って、あたしって…と、
何かいろいろ考えさせられる映画。
敵とか味方とか分からないし、変わってもいくから、
自分軸を持たないといけない。
根が無いと流されるし、硬いと折れてしまう…。
どこか遠くの世界の話が個人の足元まで忍び寄る現状。

一方で、大森南朋がドアップになるたび小躍りする別の自分も。
派遣工役の高良健吾や旅館社長の松田龍平も同じく。
そして、劉役の玉山鉄二。カリスマ性を帯びた快進撃から
転げ落ちるラストまで、うまくて引き込まれます。
今まで注目したことなかったけど、こんな人だったんだ~。

同じ日に、家でニュースを見ていると、
アデランスの株主総会で、スティール・パートナーズが
提案した取締役人事案が可決されたとのニュースが!
やっぱり『ハゲタカ』がノンフィクションになる日は
近いのかもしれない。。。

2009'06'10(Wed)[ <をかし:映画・演劇> ] CM0. TB0 . TOP▲
たむらぱん トーク&ライブ
「た~けた~けたける~♪噛むとフニャンフニャン~♪」
(ロッテガム「Fit's」/オオカミ少年ケンのテーマ)

…など、CMで聞いて気になっていた、
『たむらぱん』のトーク&ライブに行きました。
090609.jpg

少し前だったのですが、『FM福岡』のパワープレイライブ
パワープレイスペシャルで、招待制のイベント。
場所はイムズの『FM FUKUOKA GAYA』。

NEWアルバム『ノウニウノウン』の収録曲を見ると、
CMやテレビ番組とのタイアップ曲が他にもけっこうあるみたい。
CDジャケットのイラストとかも手がけていて、
マルチな女子アーティストのようです。

プロモ映像を見ながらしばし待つ。
FM福岡の女性パーソナリティとご本人が登場。
小柄でだぼっとした服を着ています。
「映像より断然かわいいね~」とあたし達。
(それって、いいような?悪いような?と思いつつ…)

気になっていたアーティスト名の由来については
本名が「たむらあゆみ」らしく、姓の「たむら」と
フランス語でウサギの意の「らぱん」を足したのだそう。
心理テストなどを絡めたトークで盛り上がった後は
いよいよライブへ。

『ちゃりんこ』など4曲を、キーボード弾きつつ熱唱。
歌っていると、大きく見えてくるからフシギです。
声からして、コミカルな歌が多いのかと思っていたら、
バラードっぽい聴かせる曲が得意っぽい。

あと歌詞や曲名の日本語感がけっこう好きかも。
英語のスペルで冠してある曲はNEWアルバムには1曲もないし、
ひらがな、カタカナ、漢字の使い方がおもしろい。

ライブ行って以来、テレビとかで見ると密かに応援しています。

2009'06'09(Tue)[ <をかし:音楽> ] CM4. TB1 . TOP▲
きはる 2 @福岡春吉
東京のMさんが福岡に帰ってきたら、皆で集う場所、
それが春吉の『きはる』です。

最近は、『epi』の“最後の晩餐特集”に焼サバチャーハンが
掲載されたそうで、ますます忙しそう。
予約が必須のお店です。だからと言って、
時間を制限されたりなんて野暮なことはありません。(飲み放題は別)
さみだれで飲んだり食べたりを繰り返す
あたし達にとっては何ともありがたい店です。

店内はカウンターが10席ほどと、座敷が4つ。
グラスがキンキンに冷えた生ビを飲みながら、
お通しの3種盛りをつつきながら、“本日の御献立”を見つめる。

まずは是非モノ、五島直送の泳ぎサバ刺、炙り鯖刺、胡麻サバ(各¥900)。
09060801.jpg
これで3人前。以前と盛りつけが変わったような…。
福岡にお店は数あれど、季節を問わず美味しくサバの刺身がいただけるのは
『きはる』だけじゃないだろうか。

泳ぎに炙りに胡麻、サバの三変化。
締めたままを味わえる泳ぎサバ、
寝かせたサバを炙って脂のうまさを更に引き出した炙りサバ、
福岡ならではの胡麻サバ。
県外の知人が来福すると、よくお連れするのですが、
大阪や東京の人は胡麻サバ、九州の人は炙り鯖刺を好む人が多い気がします。

サバとじゃがいものコロッケ(¥500)、焼サバの粕漬け(¥650)など、
サバの一品メニューも豊富。
09060804.jpg 09060805.jpg

他にも旬の素材や九州の銘品を使ったメニューがたくさん。
こちらは、タコのやわらか煮(¥650)に、ぼんじりの塩焼(¥550)。
09060802.jpg 09060803.jpg

途中で、あっさりサラダや和え物で箸休め。
ジャコと水菜の和風サラダ(¥750)に、サービスでいただいた自家製豆腐(¥400)。
09060806.jpg 09060807.jpg

他にも、なめ茸めかぶおろし(¥480)、葉わさびの白和え(¥480)、
自家製レバーパテ(¥630)、山芋とろろとイカ下足の揚出し(¥580)、
焼塩サバ(¥650)、こだわりの朝倉地玉子の玉子焼(¥450)…と、
それぞれが食べたいものを頼み、皆で食べる。
お酒もビール、ワイン、焼酎と好きに飲む。
シメは焼サバチャーハン(¥600)と納豆焼うどん(¥680)。

5人で…頼み過ぎですね。だって、どれも食べずにはいられないんだもの。
レギュラーメニューもありますが、季節ものや日替わりも多いので、
(旬の素材を使っている証ですが)
次回は出会えないメニューもあるのです。

会計は一人¥5500ほど。こんなに飲み食べしたんだから…満足。
味はもちろん、ここで皆と過ごす時間が好き。スタッフのお兄さん達も好き。
毎回、心まで栄養をもらった気分で、
明日は何かいいことがありそうな気分で、帰ることができる店なのです。

きはる…福岡市中央区春吉3-21-28-2階/092-752-3312

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'06'08(Mon)[ <美味し:外> ] CM7. TB0 . TOP▲
バー 新開 @福岡薬院
ご近所にある『BAR SHINKAI(バー新開)』は、たびたび寄らせてもらう店。
場所は薬院大通り交差点近くにある焼肉屋『神楽』の2階。

薄暗い店内にはL字カウンターとテーブル席が1つ。
かっこよき、愛すべき変態(怒られるかしら)、新開さんが
いつもにこやかに迎えてくれます。

この日、ぷるこ氏はウイスキー(銘柄は「?」)のロック、
あたしはギネス。
090607.jpg
フツウはフルーツが出てくるのですが、
ぷるこ氏が甘いものギライなので、さりげなくナッツを出してくれます。

めでたいときはシャンパン、冬はホットウイスキー、
もうアルコールが入らないときはコーヒー…なんでもござれ。
あ、女子の気分になりたいときはカクテルも♪

バーベキューや忘年会に参加させてもらったり、
藤枝守先生の曲と巡り会わせてくれた店でもあります。

最近、ハシゴしたり、夜を徹して飲んだりする機会が減ったので、
バーはとんと行かなくなったのですが、ここは別。
ご近所なので、帰りを気にしなくていいし、
居心地がよいのでいつもつい長居しちゃうのです。

BAR SHINKAI(バー新開)…福岡市中央区薬院4-1-9七山ビル2階

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'06'07(Sun)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
アサリのないボンゴレ
スーパーでアサリが特売だったので、酒蒸しにすることに。
とても美味しくいただいた後、気になったのは残ったスープ。
これって、めちゃいいだしが出ていそう…。
もったいないので、急遽パスタにする。

玉ねぎや人参、キノコ類をオリーブ油で炒めたところに
スープとパスタを投入してひと煮立ち。
090606.jpg

思惑どおり、アサリのだしが野菜やパスタによく絡んでる。
ただ…少し味が濃いような。
もちょっと塩とおしょうゆを減らしてもよかったな。
あと彩りが少し寂しい感じ。

そこに「キャベツも合いそうだね」とぷるこ氏。
そうか!キャベツなら味をうまいこと調整してくれたかも。
さすが、ぷるこ氏☆

次はそうしてみよう♪

2009'06'06(Sat)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
グリコの Cheeza(チーザ)チェダーチーズ
酒屋さんで、ぷるこ氏の目に止まったCheeza(チーザ)。
このサイズで¥158(コンビニとかではもっとしそう)は
ちと高いスナックだわ~と思って見てみると・・・。

“まるでチーズをカリカリに焼いたような濃厚おつまみスナック”で
チェダーチーズの含有量はなんと52%!半分以上だ!!
“グリコ独自のハイチーズ製法”、
“たっぷりとチェダーチーズを練り込んだ生地を
カリカリになるまで焼き上げました。
濃厚なチーズの旨みと香ばしさがお酒の味を引き立てます”…とのこと。

コピーに弱いふたり。
つい買ってしまいました。。。
09060501.jpg 09060502.jpg

形は三角で、真ん中には穴が3つ開いています。
食べるとほんとに濃厚なチーズの味。
「味が濃いから少しずつ食べられるようにこの形なんだろうね」と
ぷるこ氏。
確かに研究の集大成であることを感じさせる形。

この味わいなら決して高くはない。
ビールのおつまみにぴったりです。

2009'06'05(Fri)[ <美味し:つまみ・肴> ] CM4. TB0 . TOP▲
キリンのキリンフリー
鉄輪の『海山(さち)の蔵』でランチしているとき、
(『鉄輪むし湯』で大量の水分が放出されたこともあり)
どうしてもビールを飲みたくなりました。
だけど、ぷるこ氏は運転がある。
それに、アルコール入った状態で『鉄輪の歩き方ツアー』に
参加するのは、ちょっといただけない。

ふと目についたのが…『キリンフリー』(¥350)の広告♪

いま飲まなくて、いつ飲む!?

てことで、頼んじゃいました。
090604.jpg
色は…少し薄い?
味は、最初はビールっぽいんだけど、
のどをぬけるときに当たり前だけど、「真水」って感じで、
これは初めての後口です。

“ノンアルコールビール”とよく言いますが、
正確には“ビアテイスト炭酸飲料”と言うらしい。
確かにその方がしっくり来る。
世界で初めてアルコール0.00%を実現したらしく、
警察機関の論文を参考にした運転シュミレーター実験でも、
運転にほとんど影響がないと認められたそうです。

あたしは自分では運転しないんですが、
これならドライバーさんと一緒に飲めるし、
気兼ねなく、ビール気分を味わえそうです。

2009'06'04(Thu)[ <美味し:酒> ] CM0. TB0 . TOP▲
コンヨクとりっぷ10 @大分別府 ー 混浴温泉世界 ー <別府の食2>
2日目の昼は『アホロートル』へ。
昭和初期に建てられた元旅館を利用したカフェで、
コンヨクプレツアーに参加した時から行きたかった店です。
靴を脱いで2階に上がると、カウンターや部屋があります。
09060335.jpg 09060336.jpg
あたし達は床の間のある部屋のテーブル席に通される。

目当ては昭和レトロなこの雰囲気とオリジナルのカレー。
ふたりともチキンカレー(サラダ・ヨーグルト付¥850)を即注文。
すぐ後に来た人達は「売り切れ」と言われていたので、
カレーを食べるには早めの入店がよいようです。
09060337.jpg
“12種のスパイスと鶏肉を使ったインド風の少し辛いカレー”は、
お腹をすかせた2人のお腹にするすると収まっていきます。
ライスに混ぜてあるホール状のスパイスもいいアクセント。
他の女性客が食後に注文していた甘味も美味しそうでした。

小腹をすかせたぷるこ氏が立ち寄ったのは『豚まんの店 幸崎』。
09060330.jpg 09060331.jpg
小ぶりの豚まんは1個¥70。
歩きながら、おやつ感覚で食べるのにちょうど良いサイズ。
野菜の甘みと肉の旨みがうまいこと調和しています。

ラストの食事は『大陸ラーメン』。
温麺が食べたくて『きりん亭』に行ったのですが…、
麺が終わったとのことで、いつもより早く店じまいしていたのです(涙)
そこで思いついた店。コの字カウンターの店内には大将と奥さん。
“創設者は本場中国出身で、現在は三代目が味を引き継いでいる”のだとか。
予定通り、温麺(¥630)を注文。

ふと見ると…麺が上から出てきてる!
09060332.jpg
それが鍋に落ちて、ゆで上がる仕組みになっています。
09060333.jpg
麺の上にはキャベツキムチ、牛のチャーシュー、ネギ、海苔、ゆで卵。
冷麺にはなかったモヤシもたっぷり入ってます。
まずはスープをひとくち。すっきりあっさり何くちでも飲めそう。
麺は特有のコシはあるものの、『六盛』で食べた冷麺の暴れっぷりには
及ばない。これは店の差?冷麺と温麺の差?
途中からキムチやモヤシを絡めたり、コショウを振ったり。
駅前通りを行き交う人を眺めながら、ゆっくり食べ進めます。
身体は冷えるけど、どちらかというと冷麺の方が好みかな。
いろんなお店で食べ比べてみよう。また新しい目標?ができました。

コンヨク、濃い浴、コア食。
ベップのディープな旅もこれにてえんど。
だけど、コンヨクとりっぷは頭の中でしばらく続きそうです。


別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」 …大分県別府市内各所約20ヶ所(予定)/2009年(平成21年)4月11日(土)~6月14日(日)

関連タグ:大分別府

2009'06'03(Wed)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
コンヨクとりっぷ9 @大分別府 ー 混浴温泉世界 ー <別府の食1>
1日目の朝イチで立ち寄ったのは『友永パン』。
地元の方にも観光客にも人気のパン屋さんです。
番号札を取り、呼ばれたら、欲しいパンを伝えるスタイル。
自分で好きなパンをトングで取るものだとばかり思っていたので、
メニュー表を見つつ…固まる。
09060311.jpg 09060313.jpg 09060312.jpg 09060314.jpg
バターフランスなど、おすすめだと聞いていたパンを購入。
懐かしい素朴な味。翌日の朝食にしました。

1日目のランチは鉄輪の『海山(さち)の蔵』。
ぷるこ氏の豊後牛リクエストに応えて選んだ店。
ホテル『黒田や』の1階にあるレストランです。
090603-15.jpg 090603-16.jpg 090603-17.jpg
立派なアプローチ、蒸し場の横を通って入店。

ゆったりとした造りの店内にはテーブル席と座敷、個室など。
あたし達は座敷へ。
地獄蒸しにも惹かれましたが、前回、別の店で食べたし、
ここは初志貫徹で…と思ったら、ハンバーグも種類が豊富。
ぷるこ氏はハンバーグカツレツデミグラスソースカレー風味、
あたしは石鍋煮込みハンバーグ(共に¥1575)を注文。
いつもとは逆のオーダーだな。
ライスかパンを選べて、ふたりともライスにする。

スープはじゃがいものポタージュ。続いてサラダ。
09060318.jpg 09060319.jpg
サラダは器も冷えていて、細やかな心配りが感じられます。

そしてメインが到着!これは…何地獄?
09060320.jpg
石鍋の中でデミソースがぐつぐつ、ハンバーグは岩みたい。
ボリュームもかなりあるな~。
好みで生クリームをかけて、
ソースをたっぷりつけて、熱々のハンバーグをほうばる。
猫舌には応えますが、美味しいものは美味しい。
同時にライスと味噌汁、漬け物もやってくる。
さっきスープ食べたような…、これは…パンの方が合うかも。
ただ途中からスープカレーのように、ライスをソースにつけて食べる
方法?を思いつき、これはこれで旨いので良し♪とする。
が、さすがに食べきれず、最後はぷるこ氏へとバトンタッチ。

こちらはぷるこ氏のハンバーグカツレツ。
09060321.jpg
「上品なメンチカツだね」とぷるこ氏。

アイスコーヒーを飲みつつ、膨れたお腹を休ませる。
この内容と空間と接客に温泉付きで¥1575はかなり満足度高し☆
今度は他のランチを食べたいな。
ただ、女子は相当お腹をすかして来た方が良さそうです。

1日目の夜は『まきちゃんの混欲グルメMAP』に載っていた
風里』へ。“コンヨクスタッフのイチオシ”なのと、
閉店時間が遅かったのでライブ後に行くにはちょうどいいかと。
ネオンが灯る細い路地に店はありました。
09060322.jpg 09060323.jpg
店内はカウンター数席と座敷がひとつ。
カウンターは満席、運良く座敷に座らせてもらう。
飄々とした人の良さそうなお兄さんが一人でされています。
壁には焼酎がたくさん!銘柄からして芋が多いような…。
大分の人は麦、と思ってましたが、変わってきてるんですね。

とりあえず生を注文、お通しをつつきながら焼鳥を待つ。
程なくして焼鳥が運ばれてきました。
豊後赤鶏もも(¥250)。むふふ、頬が自然と緩みます。
09060324.jpg

独特な味わいの風里つくね(¥180)やパリパリ皮(¥130)、
特製レバー(¥150)に、珍しい膝なんこつ(¥180)や
せせりの梅しそ巻(¥170)。どれもイケる♪
09060334.jpg 09060325.jpg 09060326.jpg 09060327.jpg

途中から芋のつわぶき紋次郎をロックで。
せっかく別府に来たので鶏天(¥600)も注文。
09060328.jpg 09060329.jpg
シメはおまかせ丼(¥650)に。今日はしょうが焼き丼。
甘くないオトナの味付けが甘いものニガテなぷるこ氏にもぴったりで
ふたりであっという間にかきこみました。

味もさることながら、何よりお兄さんのキャラが良くって、
また会いに行きたくなる、そんな店でした。(最後、10へ続く)


別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」 …大分県別府市内各所約20ヶ所(予定)/2009年(平成21年)4月11日(土)~6月14日(日)

関連タグ:大分別府

2009'06'03(Wed)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
コンヨクとりっぷ8 @大分別府 ー 混浴温泉世界 ー <別府の湯>
2日間で入った温泉は、合わせて5湯。

まず、1日目の朝に入った『七ツ石温泉』(¥150)
古戦場跡の神社の中にある風変わりな温泉です。
鳥居をくぐって、大きな石の向こうが…温泉。
09060301.jpg 09060302t.jpg 09060303.jpg
挨拶をしながら入っていくと…おばあさま達が驚いた顔。
市街地からは少し離れているので、観光客はあまり来ないんだろうな。
熱めの湯で、気合いが入ります。
ベンチで少し休憩し、いざ市街地へと向かいました。

続いて『鉄輪むし湯』(¥500/レンタル浴衣¥210)
09060304.jpg
券売機でチケットを買い、受付で初めてであることを伝えます。
脱衣所へ行き、身体を軽く流した後、浴衣に着替える。
(おばさまが細かく指導?してくれます)
そして蒸し湯の中へ。初回なので時間は8分。
09060305.jpg
腰をかがめながら入ると、中には薬草が敷き詰められている。
石にタオルを敷き、枕代わりにして横たわります。
匂いと熱さがこみ上げてきて、汗が全身から吹き出す。
うは~、これは初めての感覚。ミストサウナとは全く別物。
途中から、せいろ蒸しの豚肉を思い浮かべる。状況が…似ているような。
「もう我慢できない~」と、おばさまに声をかけられる前に退散。
あと20秒、残ってました…。無念。
一方、ぷるこ氏は全く平気で時間を延長してもらったそうです。
風に当たって涼んだ後、温泉で汗を流す。
しばらくたっても、肌が赤らんでいて、毛細血管が開いているのがわかる。
おそるべし、鉄輪むし湯。

ランチの後は鉄輪の『もと湯の宿 黒田や』(無料/本来は¥500)
1階のレストラン『海山(さち)の蔵』で食事すると、
タダで入浴できるのです♪
ホテルの温泉だけあって、とにかく設備がキレイ!
タオルやアメニティもあって、手ぶらで来れます。
しかも、広い温泉を貸し切り状態♪
内湯で身体を温めて、露天やミストサウナも満喫。
上がる頃、20人ほどのおばさまグループが入ってこられたので
ほんっとに良いタイミングでした。

2日目の朝は『竹瓦温泉』(市営温泉無料入場券を使用/通常¥100)
09060306.jpg
勝手に水を出して怒られて以来…の入湯。
やっぱり、熱い。目がしかっと覚める。
水道の近くを陣取り、休憩を間にはさみつつ浸かる。
脱衣所には、「観光客が熱そうだったら、水を出してあげましょう」なんて
張り紙があり、少しホッとしました。

今回、最後の湯は『べっぷ野上本館』(湯路紙幣を使用/通常¥500)
09060307.jpg 09060308.jpg 09060309.jpg
受付のおじさま達がとても親切で、それだけで嬉しくなる。
2階の『鶴の湯』が女湯。
ちょうど誰もおらず、またもや貸し切り状態♪
タオルも使用OK。(忘れていたので助かった…)
“別府一の優しい湯”(byおじさま)は本当に柔らかい。
それが惜しげもなく、かけ流しされていて、
ざぶーんと浸かって、贅沢気分を味わってみたり。
帰り際、ここの温泉から作ったという化粧水をスプレーしてもらう。
おじさま方も温泉もダブルで優しい旅館でした。

コンヨクの合間に濃い浴で肌も心も身体もうるうるです♪(9の食へ続く)


別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」 …大分県別府市内各所約20ヶ所(予定)/2009年(平成21年)4月11日(土)~6月14日(日)

関連タグ:大分別府

2009'06'03(Wed)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
コンヨクとりっぷ7 @大分別府 ー混浴温泉世界ー<別府さんぽ>
別府といえば路地。それぞれに名前や看板があります。
09060231.jpg 09060232.jpg
添えられたイラストとストーリーが旅情をくすぐる。
各通りにヒアリングをして、それを基に制作したのだそう。

別府といえば歓楽街。
殿方御用達の高級チック(フグ屋さんとか)なお店も。
09060233.jpg 09060234.jpg
右側は『ストリップA級別府劇場』、
女性には『お色気散歩』というツアーがあるらしいです。
ちょっと参加してみたい♪
『ヒットパレード クラブ』のショーもおすすめだとか。
09060235.jpg
こりゃ1泊では全然足りないな~。

別府といえば市営を含むたくさんの温泉。
路地の向こうにある『梅園温泉』、
オープン前だったので、特別に男子湯をのぞかせてもらう。
09060236.jpg 09060237.jpg
看板と写っているのは、『OKI DUB AINU BAND』の
ベースのお兄さん。ツアーに少しだけ合流してました。
『不老泉』は2階に公民館がある、地元に密着した温泉。
09060238.jpg
次回、来たときは入りに来よう。

別府はお湯だけでなく、街の人もあたたかい。
妙見川通りのことを教えてくれた『大越』の大将に、
09060239.jpg 09060240.jpg
右側は安部さんの知人のご夫婦。
なんてステキやねん☆、と、つい写真を撮らせてもらいました。

別府観光の祖といえば油屋熊八氏。
『山は富士、海は瀬戸内、湯は別府』という熊八氏の言葉を
モチーフにした石碑。右側は熊八氏の石碑。
09060241.jpg 09060242.jpg
上からどんな気持ちでコンヨクを見てるんだろうな~。

『竹瓦小路』の前で別府市街地のツアーは解散。
今回も安部さんにはいろんなディープスポットを教えていただきました。
2日間、ありがとうございました。

おまけで『別府国際観光港』のサンフラワー号。
09060243.jpg
子どもの頃、志布志湾に伯母を迎えや見送りに行っていました。
懐かしい!変わってなくて、嬉しい♪ (8へ、温泉へ食へ続く)


別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」 …大分県別府市内各所約20ヶ所(予定)/2009年(平成21年)4月11日(土)~6月14日(日)

関連タグ:大分別府

2009'06'02(Tue)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。