ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
本格インド料理MINA(ミナ)
宗像に行く機会があり、ランチに立ち寄ったカレー屋さん、
本格インド料理MINA(ミナ)』。
101222-1.jpg

あたしが宗像に住んでいた頃はまだなかったな~。
10年も経てば、街も店もずいぶんと変わりますね。

テーブル席が並ぶインドチックな店内は既に満席!
小さな子どものいる家族連れが多いのもびっくり。
少し待ってから案内される。

ランチは日替わりランチなど8種類。

あたしはチーズナンランチ(Cランチ/¥990)に。
101222-2.jpg
カレーは日替わりorチキンorブラウンマサラカレーから選べて、
ブラウンマサラカレー(辛口10倍)にする。
チーズナン、サラダ、バーバルと選べるドリンクが付きます。

ぷるこ氏は2カレーランチ(Dランチ/¥1050)に。
101222-3.jpg
日替わりカレーとチキンカレーに
ナンorライス、サラダ、バーバル、ドリンクが付きます。

チーズナン、中からとろけるチーズが出てきてとても美味。
これだけ食べていたいくらい。

カレーも(あたし達にとっては)マイルドで、これまた美味しい。
ぷるこ氏は追加料金で30倍だかにしてましたが、
「辛くないよ」と言ってました。
スタッフも親切で、これは人気があるのもうなずける。

メニュー表を見ていると、お子様メニューを発見。
7歳未満の子どもにはお子様カレーやお子様セット、
12歳までの子どもにも12 OLD SETがあります。

子どもの頃からインドカレーなんて贅沢だ~☆と思いつつ、
スタッフの気配りがメニューにも表れている気がしました。

本格インド料理MINA(ミナ)…宗像市野坂2648-1
スポンサーサイト

関連タグ:福岡宗像

2010'12'22(Wed)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
FOOD BAR人人(フードバーと・と) @南区大橋
美容師のMさんが営業していたビルの1Fにある
『FOOD BAR人人(フードバーと・と)』。

アメリカでフレンチのシェフをされていたオーナーが作る
居酒屋料理…とMさんから聞いていて、ずっと気になっていたお店です。

カウンター数席とテーブル席が3つのこじんまりとした店内。
この日は貸切で、お酒も料理もお任せ。

まずは、ビールで乾杯しつつ、野菜たっぷりのカルパッチョ。
101216-1.jpg
胡麻いっぱいのドレッシングが好み。

続いて、アナゴのフリッター。
101216-2.jpg
衣が軽くて、トマトのソースともよく合って、何個でもいけそう。

そして、おでん。
101216-3.jpg
よ~く煮込まれていて、大根や卵にじ~んわり味がしみています。
一人一皿なのも嬉しい。

メインは豚しゃぶ。
101216-4.jpg 101216-5.jpg
豆腐やしめじの入ったお鍋に、豚肉とレタスを軽くしゃぶしゃぶ。

ただ、写真のおかしな角度でお分かりのように、
このあたりからちょっと酔いちくれ…。
限定のワインや希少な焼酎の栓がどんどん抜かれるのでついつい…。
他にも料理は出てきたのですが…。

メニュー表をちらっと見たのですが、通常メニューもリーズナブルで、
小技が効いていて、仕事帰りなどに軽く飲むのにぴったりのお店。
近所に欲しいお店です。
だいぶ負けてもらった気がするな…。ごちそうさまでした。

FOOD BAR人人(フードバーと・と)…福岡市南区大橋1-10-15原田ビル1F

関連タグ:福岡南区

2010'12'16(Thu)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
さっぽろ純連 @博多区住吉
ぷるこ氏が「(キャナルシティ博多の)ラーメンスタジアム
一度も行ったことがない」と言うので行ってみることに。

エスカレーターを登ると、屋台のディスプレイが。
101212-1.jpg
記念撮影コーナーなのだとか。

そして、いつの間にか名前が『ラーメンスタジアム2』になっている。
2って…以前、来たときと変わらない気がするけれど…。
入店しているのは、全国から選りすぐった8つのラーメン屋。
(九州・福岡の割合が高い気もしますが)

8店舗の中から『さっぽろ純連』に決める。食券を買って店内へ。
ランチタイムを過ぎていたものの店内はほぼ満席。

純連は…
 言わずと知れた札幌ラーメンの代表格。
 犯跡もの歴史を紡ぐ札幌みその本流。(掲示ポスターより)

半チャーハン(¥350)を2人で食べながらラーメンを待つ。
101212-2.jpg

そして味噌ラーメン(¥780)+煮卵トッピングが到着。
101212-3.jpg

みそスープのいい香り♪
スープをすすると見た目どおりの濃厚さ。しみる~!
それがお腹を満たす。ラーメンが食べたかった気分を満たす。

中太のちぢれ麺がまた濃いスープによく絡む。
存在感のあるメンマに柔らかい細切りのチャーシュー。
あ~冬はやっぱりみそだな~。

他にも、富山ブラック『麺家いろは』が気になりました。
こうやってリピーターになっていくのか…。

さっぽろ純連…福岡市博多区住吉1-2キャナルシティ博多シネマビル5F

関連タグ:福岡博多区

2010'12'12(Sun)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
鉄板焼のん @南区大橋
何か良いことがあったとき、ちょっと贅沢したいとき、
あたし達は大橋まで足を伸ばします。目指すは『鉄板焼のん』。

お世話になっている美容師さんに教えてもらったお店で
以前はランチもしていましたが、今は夜だけの営業。

カウンター数席と小上がり1つの店内を
人柄も腕も良いご夫婦が切り盛りされています。

2~3人のときはカウンター、
鉄板で調理される様は見ているだけでも楽しい。
4人以上のときは小上がりを予約、のんびりできます。

写真はその美容師Mさんと来店したときのもの。
まずは、お魚から。「今日のおすすめを」とお願いすると
出してくださったのが、この真鯛。
101126-1.jpg
のっけから心と舌を奪われるあたし達。
ほくほくに焼き上がった白身の魚にぱくつきます。

続いて梅肉ポークとチキンの盛り合わせ。
101126-2.jpg
梅肉ポークは『きはる』でも出されている名豚。

続いてムール貝。
101126-3.jpg
ぷっくらと身と旨みがふくらんでいます。

そして外せないのが玉子料理。
まずは具だくさんのオムレツ。
101126-4.jpg

もう1つは玉子焼き。
101126-5.jpg
どちらにするか迷って、結局両方頼んでしまう。

メインは黒毛和牛のステーキ。
101126-6.jpg
特に産地は決まっておらず、大将がその日に一番いいと思った
お肉を仕入れているのだそう。
塩をつけていただく。は~生きててよかったと思える瞬間☆
さつまいも、なす、ピーマンなどの焼き野菜も美味。

途中、「女性だけにサービス!」と言って、
大将が持ってきてくださったのは、牡蠣焼きならぬ柿焼き。
101126-7.jpg
皮が花弁にも見えて、まるで大輪の花が咲いているかのよう。
焼いた柿はとってもジューシー。それは牡蠣も同じですね。

大将に食欲をびっくりされつつお好み焼きを追加。
101126-8.jpg
大阪出身のMさんも太鼓判を押す味。

ラストはデザート。とろけるアイスと甘酸っぱいベリーソース。
101126-9.jpg
盛りつけもおされ♪

ドリンクはビールで乾杯して、その後、ワインや焼酎へ。
これだけ鉄板焼きを食べて飲んで1人5,000円ほど。
すべてが好きなお店です☆

鉄板焼のん…福岡市南区大橋

関連タグ:福岡南区

2010'11'26(Fri)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
山下ワイン食道 @福岡春吉
ぷるこ氏との薩長同盟2周年を『山下ワイン食道』で祝いました。

遡ること数日前、ふたりで出席させていただいた結婚式二次会の抽選会で
なんとぷるこ氏が同店のコース料理ペア券をゲット☆
これは縁起がいい♪とありがたく使わせてもらうことにしたのです。
(ちなみに結婚式の新婦さんはお店のスタッフ)

階段を上がるとワインのボトルたちがお出迎え。
主にフランスの自然派ワインが楽しめるお店で、
“食道”と付けた店名にオーナー山下さんの心意気を感じます。

2軒目、3軒目利用をさせてもらったことは数回あるのですが、
1軒目から食事も一緒に利用させてもらうのは初めて。

カウンター席に座ると店内は満席。
まずは本日のスパークリングワインで乾杯!

料理は安納芋のスープから。
「安納芋」と聞いて甘いものギライのぷるこ氏は一瞬躊躇。
あたしが先に食べてみると…全く甘くありません。
濃厚なビシソワーズといった感じ。ぷるこ氏も普通に食べはじめる。
(事前に甘いものはニガテなことを伝えていたのだった)

続いては鯖のカルパッチョ。
茄子と鯖の組み合わせが新鮮。

この辺で赤ワインをボトルで頼むことに。
ワインリストのエチケットを見比べてもあたし達にはわからないので…
重た~いフルボトルでお値段ほどほどのものをピックアップしてもらう。

それが『ドメーヌ・デュ・レ・グラン・ジャケ・グラン・ゾム
101113-1.jpg

グラン・ゾム(大男)伝説に身長が2m近くあるオーナーが自身を重ねた
ネーミングなのだとか。ぷるこ氏はイラストに魅かれてセレクト。
どっしりと力強い味わい。

フォアグラのテリーヌとよく合う。
あたしにはフルーツソースを添えて、ぷるこ氏にはブラックペッパーで。
このテリーヌがほんっとに美味しい。濃厚で複雑で。

メインは牛頬肉の赤ワイン煮こみ。
101113-2.jpg
やわらか~く煮込まれた頬肉にソースがしっかりとしみこんでます。
頬肉食べて頬が落ちる♪、なんて酔いもまわりつつ、
せっかくなので?グラスでもう1杯ずつ飲むことに。

あたしはお隣に座ってらしたご夫婦がしきりに褒めてらした『ル・カノン』。

日本人醸造家の大岡氏がフランスで作っているワインなんだとか。
オーナーの山下さんもスタッフの納富さんも農場で
働いた経験があるそうです。
果実味がふわっと広がって軽やかな感じなのですが、余韻は長い。

ラストはデザート。(ぷるこ氏にはチーズの盛り合わせでした)
101113-3.jpg
“祝同盟”の心遣いが嬉しい☆

思い出に残る同盟記念を過ごせたことに感謝。
山下さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

山下ワイン食道…福岡市中央区春吉2-6-15 八番館201

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2010'11'13(Sat)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。