ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ビューホテル平成 展望露天風呂『裸美絵』@福岡朝倉
『ビューホテル平成』一番のお気に入りは、展望露天風呂『裸美絵』。
(ネーミングはちょっとひきますが…)
15:00までは、立ち寄り入浴も可能。

1階に大浴場もあるのですが、やっぱり露天風呂がいい。
温泉につかりつつ、眺望をたのしむことができます。

刺すような冷気の中で浸かる温泉は最高!

かけ流しなので、飲泉もできます。
(それにしては塩素系のにおいがやや気になったような…
消毒用として湯船に入れているのかしら?)

夜は満月を眺めながらの入浴。
100107-4.jpg
目下には夜景が広がります。(人がいなかったので撮ってみた)

翌朝は雪景色を見ながらの朝風呂。

本館から露天風呂へとつながっている道にも積雪。
100107-5.jpg
半纏の朱が映えます。

昨夜以上の冷気に、温泉からは湯気がもくもく。
じっと目をこらさないと、誰がどこにいるかわからないことも。
日本猿のように身を寄せつつ、肩をならべて、
2009年の温泉納めでした。

原鶴温泉 ビューホテル平成…福岡県朝倉市杷木志波203-1
スポンサーサイト

関連タグ:福岡朝倉

2010'01'07(Thu)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
ビューホテル平成(食)@福岡朝倉
2009年末にお泊り会をした『ビューホテル平成』。

通常は部屋食なのですが、男女1部屋ずつ取るあたし達は、
みんなで食べたいので、いつも2階の広間に用意してもらいます。

6時半、という日ごろはありえない時間からの夕食。

広間とはいえ、座敷ではなく、テーブルとイスなので、楽ちん。
(正座はニガテ…)
テーブルの上には、ザ・旅館、とでも言うべき料理たちが並んでいます。
100107-1.jpg
今回は料理長さんが変わったのか、前回とはやや変わったような。

瓶ビールで乾杯!

『山吹コース』の料理は…
食前酒にはじまり、
白子豆腐、銀鱈の西京焼など前菜五点盛り、
本日のお造り四点盛りによせ鍋、甘鯛かぶら蒸し・蟹あんかけ、
ローストビーフ、茶碗蒸し、吹き寄せ銀杏磯辺揚げ、
吸物に地元おばちゃんのお漬物。     (お品書きより)

一番、変わっていたのは、ごはん。
100107-2.jpg

前回までジャーから白ごはんをよそっていたのと思うのですが、
今回は釜で炊き上げる鯛飯。
おこげがおいしゅうございました。

お腹いっぱいで、デザートは食べきれず。無念。

朝食は、これまた前回までと違って、和食か洋食かを選べるように。
だけど、全員、和食を選択。
100107-3.jpg

さつま揚げのような天ぷらを網で焼いて食べます。
(朝食は…前回までの方が好みかも)

日ごろは食べない朝ごはんを雪景色に興奮しながら
がっつり食べつつ迎えた2009年最後の朝。
ご馳走さまでした。  (展望露天風呂『裸美絵』へつづく)

原鶴温泉 ビューホテル平成…福岡県朝倉市杷木志波203-1

関連タグ:福岡朝倉

2010'01'07(Thu)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
ビューホテル平成 @福岡朝倉
年末のお楽しみは、『ビューホテル平成』でのお泊り会。
昨年で、3回目となりました。

高速道路を走っていると、突如、崖の上に見えてくるホテル。
それが、ビューホテル平成。
かなり、目を引きます。

高台にあるので、見晴らしがよく、目下に広がる筑後平野を一望できます。
さらに、原鶴温泉ゆえに、泉質は抜群!

温泉につかって、景色を眺めて、食べて飲んで…
特に観光をするでもなく、だらだらのんびり過ごすのが恒例なのです。

チェックインをすませると、昨年もお世話になった仲居さんが
部屋まで案内してくださる。あちらも覚えていてくれました。

まずは、部屋に入って、じっくり夕焼けを見て、
日没も…と、思っていたら、しゃべっている間に日は落ちていた(泣)
100106-2.jpg
男子組はちゃんと見ていたらしい。こういうとき、差が出ますね。

ひと息ついてから、展望露天風呂『裸美絵』へ。
温泉から上がったら、夕食『山吹コース』。
お腹いっぱいになったらまた温泉に入って…また飲んで…
テレビ観て…しゃべって…寝る。

翌朝、窓の外には一面の銀世界!
夜中、吹雪いていましたが、こんなに積もるとは…。
100106-3.jpg

雪、雪、雪。
南生まれなもので、雪見るとテンションあがります♪

朝食を食べてから、朝風呂へ行く。
ロビーでモーニングコーヒーを飲みながら、しばしくつろぐ。

チェックアウト後は、これまた恒例の記念撮影をして…
100106-4.jpg
みんなそれぞれ、帰ってゆくのでした。

また来年(もう今年だ!)と。

ただ、雪って…眺めるにはキレイだけど、暮らすには困りモノですね。
道路は凍結してるし、高速道路は不通のエリアがあるしで、
ドライバーはたいへんそうでした。         (食へつづく)

原鶴温泉 ビューホテル平成…福岡県朝倉市杷木志波203-1

関連タグ:福岡朝倉

2010'01'06(Wed)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
春日渓谷 @佐賀嬉野
『ハミルトン宇礼志野』を後にしたあたし達。
「紅葉が見たいね」と、『春日渓谷』へ行ってみることに。

一応、ホテルで場所はチェックしたのですが、
途中からは案内表示もなく、険しい山道が続きます。
道が合っているのかもわからないまま、車を走らせること数十分…。

ようやくキャンプ場らしき場所へ出る。
さらに進むと『春日渓谷』があるはず…。程なくして着きました。
091224-1.jpg

駐車場らしき空き地に車を停めて、渓谷周辺を散策。
091224-2.jpg

特に整備されているわけではなく、まさに自然のままの雰囲気。
季節はずれの花や妖しい実や何故かカニや…。
091224-4.jpg 091224-3.jpg
091224-5.jpg 091224-6.jpg
紅葉だけでなく、野趣あふれるいろいろが、懐かしい気持ちにさせてくれる。
子どもの頃、行き来していた通学路と変わらないなと。

途中のキャンプ場へも少し立ち寄ってみることに。
091224-8.jpg
こちらの紅葉もなかなか良き。

蜘蛛の巣に絡まった紅葉の葉。
091224-7.jpg

緑の雑草と朱の紅葉の対比。
091224-9.jpg

見上げると、葉をとおして陽がふりそそぐ。
091224-10.jpg 091224-11.jpg
立派な銀杏の木もありました。

奥には湖があって、湖畔では、ご夫婦らしき2人連れが弁当を食べています。
091224-12.jpg

どこまでものどか。

紅葉狩りをたのしんだ後は、一路福岡へ。
女四人、秋の小旅行でした。

春日渓谷…嬉野市嬉野町吉田春日

関連タグ:佐賀嬉野

2009'12'24(Thu)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
ハミルトン宇礼志野3 @佐賀嬉野
『ハミルトン宇礼志野』宿泊2日目、
のんびり起きて、ばたばた準備して、レストランへ。

朝食は和食か洋食かを選べます。
2人は和食、2人は洋食に。

和食は嬉野名物の湯豆腐などもついていて、
朝ごはんというより、夕食としても遜色ない内容とボリューム。

洋食はスープに始まり、選び放題の自家製パンやハムにチーズなど、
そして、メインは3種から選べる卵料理。
091223-1.jpg

あたしはチーズオムレツに。手づくりトマトソースをたっぷりかけていただく。
卵がふわふわとろとろ、チーズのコクとトマトの酸味も加わる。

パンにはジャムをつけて。キレイな緑色をした、かぼすのジャムが好み。
大分産のかぼすを使った、ハミルトンのオリジナルなんだとか。

デザートはフルーツの盛り合わせ(ラ・フランス、久しぶりに食べた♪)。
ドリンクやヨーグルトはビュッフェ形式。
紅茶に牛乳を加えて、ミルクティーにして飲む。

こんな贅沢な朝ごはんは…あと3年は縁がないだろうな。
それに、ふだんは朝ごはんを食べないもので…胃がびっくりしてる感じ。

部屋で休んだ後、再度、露天風呂に入って、名残惜しくチェックアウト。。。

噂どおり、建物、サービス、料理、どれも素晴らしいホテルでした。
束の間、セレブ気分を味わいました。
Kさん、ありがとうございました。

出世?したら、両親を連れてこよう。

ハミルトン宇礼志野…佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内288-1

関連タグ:佐賀嬉野

2009'12'23(Wed)[ <をかし:旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。