ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
かごしま黒豚
実家に帰ると何がいいって、食材が豊富なこと。
それも鹿児島ゆかりのものばかり。なかでもお肉。

黒毛和牛のせせりと並んで好きなのは、やっぱり、かごしま黒豚。
100113-1.jpg
これは豚しゃぶ用。

マミーが知人からわけてもらっているお肉で
コープに卸す前のスライスしたてのお肉なんだとか。
(しかも、価格は驚くほどリーズナブル!)

質も確かなうえに、鮮度も抜群。
解凍しても、ほとんどドリップが出ません!

庭で採れた水菜と豚しゃぶにしていただく。
これ、おいしくないわけがない。

お肉だけでお腹いっぱいになる、という超贅沢をしてしまいました。
まあいいか。実家だもの。
スポンサーサイト

2010'01'13(Wed)[ <かごしま:巣ごもる> ] CM0. TB0 . TOP▲
鼻炎と生け花
花好きのマミーは、季節を問わず、花を育てたり、飾ったりしています。

どうやら、なんとか流の免状も持っているらしく、
素人目に見ても、身内目に見ても、いつもなかなかの出来。
(娘のあたしには、まったくDNAが遺伝をし忘れてますが…)

正月に帰省したときも、玄関や居間に水仙などが生けてありました。
100108-1.jpg

が、
玄関を通るたび、居間に座るたび、
くしゃみが出るわ、目が痛いわ、鼻水が止まらないわ…

これって、花粉症?
今年の花粉症、早くない?

そんなわけはなく、スギ花粉以外のアレルゲンがあるのだろう、と家族で予測。
てことは、花粉つながりで、花…???
で、早速、花器をどけると…ぴたりとおさまりました☆

が、
せっかくの花たちは、家の隅へと押しやられることに。

いつまでたっても、あの手この手で親不孝者です…。

2010'01'08(Fri)[ <かごしま:巣ごもる> ] CM0. TB0 . TOP▲
四色の年越しそば
毎年、年越しそばを親戚からわけてもらっている我が実家。
つなぎの小麦を使わない、素朴な十割そばで、
ちょっと不ぞろいなのが、手づくり感があっていいのです。

そういえば、おじいちゃんがいた頃は、家で手打ちしてくれていました。
懐かしいな~。
その影響か、マミーもそばを打てるそうで、びっくり!

今年は、いつもの十割そばではなくて、
ご近所さんからわけてもらった、四色の手打ちそば。
100106-1.jpg

抹茶に黄金千貫に紫芋に…普通のおそば?
(黄金千貫は焼酎などに使われるサツマイモの一品種)
こうやって見ると、パスタみたい。

大みそかの夜は食べ過ぎてしまって、元旦のお昼にいただきました。

あたしは紫芋のそばを食べたのですが、
サツマイモの味はあまりしません。
芋は繊維が多いせいか、若干ぼそぼそとしています。

年越しそばは、一説によると博多が起源なのだとか。
某寺の僧侶が、飢饉で年を越すのもままならない農民たちに
ふるまったのが始まり…と聞いたことがあります。

今年もぶじに年を越せますように。
気が早いですが、このご時世、そう願わずにはいられません。

2010'01'06(Wed)[ <かごしま:巣ごもる> ] CM0. TB0 . TOP▲
鹿児島黒毛和牛のせせり
実家に帰ると、必ず焼肉をします。(今回は2日連続)

その訳は…牛のせせりがあるから♪
あ、採れたて野菜もたくさん一緒に食べてます(よ…と言い訳)

マミーが知人から特別にわけてもらっている
鹿児島黒毛和牛のせせり(首の部分)。
090828-02.jpg

鶏のせせりがあれだけ美味しいのだから、
和牛のせせりが美味しくないわけがない!のだ。

一般にはあまり出回らないらしく、
(そういえば福岡では一度も食べたことないな~)
実家でしか食べられないので、希少なお肉でもあります。

このサシぶりにもう毎回ノックアウト!

(厚切り+塩コショウ)+焼く=∞
じゅわっと肉汁があふれて、やわらかくて、
だけど適度な噛みごたえもあって。

一度、この牛せせりをたっぷり使ってビーフカレーを
作ったのですが…これがまた∞。

早くも次の帰省が待ち遠しい…です。

2009'08'28(Fri)[ <かごしま:巣ごもる> ] CM0. TB0 . TOP▲
無臭にんにく
営業職な上に、月に2~3日しか完全な休みが取れないぷるこ氏。

夏場はにんにくを利かせたスタミナつきそうな料理を
作りたいとこですが…生真面目なぷるこ氏はそれを許さない。

にんにくを食べるとにおいが気になるから。

それが実家に帰ったとき、便利なものを見つけたのです。
無臭にんにく。
090828-01.jpg

ご近所さんから自家菜園で育ったものをいただいたのだとか。

普通のにんにくは房状になっていますが、
無臭のにんにくは1個ずつが独立しています。小さな玉ねぎみたい。

だけど、ほんとににおいは気にならないの…?と
いくぶん半信半疑で、試しに焼いて食べてみると…。

普通のより風味はやや控えめな気がします。
それはにおいがしないことの裏返しなんだろうな。
食感はほくほくしていて、じゃがいもに近い。

スパイスとして使うのはもちろん、このまま食べるのもアリ。
料理の幅が広がりそう♪

翌日、ほんとににおいがしない。(自己診断ですが)
胃もきつくない。これはぷるこ氏に良さそう♪

マミーに前述の話をすると、
残りを全て持たせてくれました。ありがとう~☆

しばらくは、ぷるこ氏の全休を気にせず、
思うままに、にんにくを使えそうです。

2009'08'28(Fri)[ <かごしま:巣ごもる> ] CM3. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。