ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
東京往来館『モチフィーユ・ショコラ』
東京のMさんの東京みやげ、東京往来館『モチフィーユ・ショコラ』。
101209-1.jpg

 お餅を使った新しい感覚のケーキです。
 ベルギー産チョコレートを練り込んだお餅、
 オレンジ風味に仕立てたベルギー産チョコレートのガナッシュ、
 アーモンドプードルとココアを合わせた濃厚でしっとりしたスポンジ生地を層に重ねて、
 ミルフィーユのように仕立てました。(HPより)

あたしが感動したのは『朱鷺の卵』に続きパッケージ。
容器の下を押すと、中のケーキが持ち上がるのです!
101209-2.jpg
これって終わりかけの箱ティッシュみたいだ~♪

ケーキは生地が餅もちとしていて、チョコとも合っていて
めっちゃ美味しかったです。(堀くんになってしまった…)
スポンサーサイト

2010'12'09(Thu)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
佐渡銘菓『朱鷺の卵』
東京のMさんが青森土産に買ってきてくれた
佐渡銘菓『朱鷺の卵』。
101208-1.jpg
パッケージには…朱鷺の水彩画?渋いです。

開けてみると…卵のパッケージような容器に
卵、もといお菓子が並んでいます。
101208-2.jpg 101208-3.jpg
洒落がきいてますね。

お菓子は周りがホワイトチョコでコーティングされていて
中のカステラ生地には黄身あんが入っています。

たぶん各地に似たお土産があると思うのですが、
これはパッケージと容器のインパクトがすごい!

青森に行く機会があったら…あたしも買ってみたい。
日本海を演歌チックに歩いた後、天然記念物の朱鷺に会いに行きたい。

2010'12'08(Wed)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
一久庵『おおいた名物だんご汁』
大分みやげにもらった一久庵の『おおいた名物だんご汁』
101204-1.jpg

 戦国時代、大分の大名の大友宗麟はアワビ(鮑)の腸が大好物でした。
 合戦に赴いた際、山間地などでは、入手できないため家臣が小麦粉を
 練りうどん状に細くひねり鮑の腸に似たものを作りみそ汁の中に入れ
 宗麟に差し出したところ大変お気に召し、後々も好んで食したということ
 です。これが“鮑腸汁”つまり現在の“だんご汁”の由来です。(パッケージより)

だんご汁にそんな由来があったとは!初めて知りました。
アワビの腸…そんなに似てるんだろうか。

一久庵は“創業明治42年以来、麺造り一筋に取り組んできた”会社とのこと。
そうそう、だんごというより麺なんですよね。

白菜などの野菜やごぼう、しいたけ、揚げなども一緒に
だんご(1人分7~8枚)を約15分ゆがく。
付属のみそはフンドーキン。
茹であがった野菜とうどんの上にみそを乗せて熱湯を注ぐ。

具だくさんの味噌汁といった感じで、
これだけでお腹いっぱいになります。
身体があったまるな~。ごちそうさまでした。

2010'12'04(Sat)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
岩手限定 白金豚ふりかけ 生姜焼き風味
独りだけ社員旅行に行けなかったぷるこ氏がお土産にもらった
『岩手限定 白金豚ふりかけ 生姜焼き風味』。(販売:株式会社きむら)
101201-1.jpg

 プラチナポークこと白金豚(はっきんとん)は、
 高源精麦株式会社(岩手県花巻市)の登録商標です。(パッケージより)

南に鹿児島の黒豚あり、北に岩手の白金豚あり。という感じでしょうか。
出身地の名産、黒豚の良きライバルのようです。

一般の会社が商標権を持っているということは、
そこが開発した豚なのでしょうか。

…興味は尽きませんが、ふりかけです。

我が家では、あまり食卓にふりかけが上ることはないので、
なんだか新鮮な感じ。

生姜焼き風味ということで甘めの味つけ。
肝心の豚は…ちょっと影が薄いかも?

ふりかけごはんを食べつつ、学生時代に食べていた
マミーのお弁当をふと思い出しました。

2010'12'01(Wed)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
北海道・十勝『花畑牧場のカチョカヴァロ』
あたしの好きなチーズにカチョカヴァロがあります。
形や名前もユーモラスだし、軽く焼いてとろ~っと溶けたところを
いただくスタイルがおもしろい♪

単に「カチョカヴァロ」と発音したいだけってこともありますが。

これはMさんにお土産にいただいた花畑牧場のカチョカヴァロ。
101125-1.jpg
ナチュラルチーズコンテスト2009年優秀賞受賞、とのこと。

ちなみに、カチョカヴァロの語源は…
 南イタリアでは「カチョ」はチーズ、「カヴァロ」は馬を意味します。
 このチーズを熟成させる時、2個づつ結びつけ左右にぶら下げて
 熟成させるのが、ちょうど馬の鞍から垂れ下がっているような形
 だったことから馬の上という意味で… (リーフレットより)

熟成方法もユニークなんですね。

焼いて食べるのが普通なのかと思っていましたが、イタリア式なのだとか。
花畑牧場のは柔らか目で火を通すとチーズの海に。
101125-2.jpg
(もう少し厚めにカットした方がよかったようです)
これはこれでフォンデュみたいで良き。

生ハムなどと一緒にいただきました。
101125-3.jpg
ごちそうさまでした☆

2010'11'25(Thu)[ <美味し:土産> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。