ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
本格インド料理MINA(ミナ)
宗像に行く機会があり、ランチに立ち寄ったカレー屋さん、
本格インド料理MINA(ミナ)』。
101222-1.jpg

あたしが宗像に住んでいた頃はまだなかったな~。
10年も経てば、街も店もずいぶんと変わりますね。

テーブル席が並ぶインドチックな店内は既に満席!
小さな子どものいる家族連れが多いのもびっくり。
少し待ってから案内される。

ランチは日替わりランチなど8種類。

あたしはチーズナンランチ(Cランチ/¥990)に。
101222-2.jpg
カレーは日替わりorチキンorブラウンマサラカレーから選べて、
ブラウンマサラカレー(辛口10倍)にする。
チーズナン、サラダ、バーバルと選べるドリンクが付きます。

ぷるこ氏は2カレーランチ(Dランチ/¥1050)に。
101222-3.jpg
日替わりカレーとチキンカレーに
ナンorライス、サラダ、バーバル、ドリンクが付きます。

チーズナン、中からとろけるチーズが出てきてとても美味。
これだけ食べていたいくらい。

カレーも(あたし達にとっては)マイルドで、これまた美味しい。
ぷるこ氏は追加料金で30倍だかにしてましたが、
「辛くないよ」と言ってました。
スタッフも親切で、これは人気があるのもうなずける。

メニュー表を見ていると、お子様メニューを発見。
7歳未満の子どもにはお子様カレーやお子様セット、
12歳までの子どもにも12 OLD SETがあります。

子どもの頃からインドカレーなんて贅沢だ~☆と思いつつ、
スタッフの気配りがメニューにも表れている気がしました。

本格インド料理MINA(ミナ)…宗像市野坂2648-1
スポンサーサイト

関連タグ:福岡宗像

2010'12'22(Wed)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
枉駕亭 @福岡朝倉
秋月に行くと必ず立ち寄る『枉駕亭(おうがてい)』。
101220-1.jpg
自家製ハム・ソーセージのお店です。

以前も書きましたので、ちょっとしつこいですが、
『枉駕亭』の製品は…(以下、チラシより転載)
 国内産の新鮮な豚肉、鶏肉とフランス鴨を使用しています。
 発色剤や保存料もまったく使用せず、塩は天然の塩だけです。
 それでも自然の美しい色に仕上がっているのは山桜のチップと
 備長炭でじっくりいぶすという昔ながらの手法だからです。

商品は、ロースハム、ショルダーハム、粗挽きソーセージ、ビア・シンケン、
スペアリブ、ベーコン、スモーク・タン、スモーク・サーモン、
スモーク・チキン、フランクフルト・ソーセージ。

ショーケースに並べられているハムたちをうっとり眺めながら
どれにしようか迷いながら数種類を選ぶのは至福の時間。
(ほんとは全部買えたらもっと至福なのですが)

そんなあたしたちと手塩にかけて育てたハムたちをじっと見守る男性店主。
ハム同様、燻しがきいてます。

まずは『ビア・シンケン』。
101220-3.jpg
“スモークベーコン・ピスタチオナッツをたっぷり詰めた太いソーセージ”で、
薄くカットしていただきます。

外せないのが『ベーコン』
101220-4.jpg
生で食べても美味しい。軽く焼くとこれまた美味しい。
油をひかずに茄子と炒めるのが好み。

『粗挽きソーセージ』は食べごたえのある一品。
101220-5.jpg
噛んだ瞬間、パリッと皮がはじけて、
中からじゅわ~と粗挽き肉の旨みがやってきます。

次に行くのは…桜咲く春かな♪
101220-2.jpg

枉駕亭(おうがてい)…朝倉市長谷山11-6

関連タグ:福岡朝倉

2010'12'20(Mon)[ <美味し:つまみ・肴> ] CM0. TB0 . TOP▲
ぷるこおでん。
最近、コンビニなどでは夏でもおでんがよく売れるそうですが、
家で作るとなると、やはりおでんは冬の食べもの。
コトコト煮込む料理は、夏には向きません。(だって暑いんだもの~)

某おでん具材のメーカーは秋冬の売り上げが
年間の90%にのぼるそうです。

たまたま牛すじを買ったとき、ぷるこ氏が作ってくれたおでん。
101218-1.jpg

昆布と椎茸で出汁をとり、牛すじは下ゆでし、
大根などの具材は面取りなどの処理をして別々に煮る。
いつもながら丁寧な調理ぶりに尊敬☆

見た目は地味ですが、滋味あふれた味は
あたしにとって最高のおでんです。

2010'12'18(Sat)[ <美味し:家> ] CM0. TB0 . TOP▲
石川酒造場『琉球泡盛玉友(ぎょくゆう)甕仕込5年古酒30度』
ぷるこ氏が沖縄の友人からいただいた古酒、
石川酒造場の『琉球泡盛玉友(ぎょくゆう)甕仕込5年古酒30度』。
101217-1.jpg

“わが国最古の蒸留酒・泡盛で泡盛唯一・昔ながらの甕仕込”
ちなみに、クース(古酒)とは“泡盛をじっくり静かに熟成させたもの”
特に年月は決まっていないんですね。

“泡盛特有の「黒麹菌」を用いる”とあるように、
芋焼酎に黒麹を使うようになったのは、確か泡盛を参考にしてのこと。

せっかくなのでロックでいただく。
古酒独特の甘く強い香りがします。(古酒香と言うらしい)

口に含むと…うほ~!口や喉を火照りが駆けていく~。

あたしは1杯でKOされましたが、ぷるこ氏は平気に飲んでました。

2010'12'17(Fri)[ <美味し:酒> ] CM0. TB0 . TOP▲
FOOD BAR人人(フードバーと・と) @南区大橋
美容師のMさんが営業していたビルの1Fにある
『FOOD BAR人人(フードバーと・と)』。

アメリカでフレンチのシェフをされていたオーナーが作る
居酒屋料理…とMさんから聞いていて、ずっと気になっていたお店です。

カウンター数席とテーブル席が3つのこじんまりとした店内。
この日は貸切で、お酒も料理もお任せ。

まずは、ビールで乾杯しつつ、野菜たっぷりのカルパッチョ。
101216-1.jpg
胡麻いっぱいのドレッシングが好み。

続いて、アナゴのフリッター。
101216-2.jpg
衣が軽くて、トマトのソースともよく合って、何個でもいけそう。

そして、おでん。
101216-3.jpg
よ~く煮込まれていて、大根や卵にじ~んわり味がしみています。
一人一皿なのも嬉しい。

メインは豚しゃぶ。
101216-4.jpg 101216-5.jpg
豆腐やしめじの入ったお鍋に、豚肉とレタスを軽くしゃぶしゃぶ。

ただ、写真のおかしな角度でお分かりのように、
このあたりからちょっと酔いちくれ…。
限定のワインや希少な焼酎の栓がどんどん抜かれるのでついつい…。
他にも料理は出てきたのですが…。

メニュー表をちらっと見たのですが、通常メニューもリーズナブルで、
小技が効いていて、仕事帰りなどに軽く飲むのにぴったりのお店。
近所に欲しいお店です。
だいぶ負けてもらった気がするな…。ごちそうさまでした。

FOOD BAR人人(フードバーと・と)…福岡市南区大橋1-10-15原田ビル1F

関連タグ:福岡南区

2010'12'16(Thu)[ <美味し:外> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。