ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
YANO CAKE TEN MOKUのフルーツケーキ @鹿児島
MIUちゃんのミステリーツアーで連れて行ってもらった
YANO CAKE TEN MOKU』では、福岡みやげ用に
フルーツケーキも買っていたのでした。
101219-1.jpg

「常温で1か月保存できる」と聞いて選んだものです。

まるまる1本のぜいたくなパウンドケーキには、
ドライフルーツや木の実などがたっぷり!
洋酒の風味も効いていて、大人のケーキといった感じ。

リーフレットによると、
 MOKUのケーキは防腐剤・保存料を一切使わず、
 こだわりの卵、生クリーム(純生)、
 フランス産クリームチーズ、国内産小麦粉を
 使っているとのこと。

そして、チーズケーキだけでも8種あることを知り、
またお店に行きたくなったのでした。

YANO CAKE TEN MOKU…鹿児島市照国町10-19
スポンサーサイト

関連タグ:鹿児島

2010'12'19(Sun)[ <かごしま:懐かしむ> ] CM0. TB0 . TOP▲
桜島セラピーの旅21<コース>
今回の里がえりは4泊5日。今までで一番長い時間でした。
サラリーマン時代には、ただ寝て食べてひたすら身体を休めるだけの
数日でしたが、最近は出かけることも多くなりました。

20代のころは勤務がハードだったことに加えて、
故郷:鹿児島にあまり好意と興味を持てずにいたのだと思います。
あえて目を背けていたような気もします。

それが30歳を過ぎたあたりから、向き合えるようになってきて
適度な距離感も手伝って、だんだんとその良さに気づけるようになりました。
周りから「いいところだよね」と言ってもらえることも増えました。

故郷が自分にとって特別な場所であると素直に思えること、そして
周りの人にも鹿児島が良い所だと思ってもらえること。
それが今のあたしにはとても喜ばしいこと。

これからも福岡からではありますが、鹿児島のいろんなことを
綴っていけたらと思っています。
101101-1.jpg

【今回の里がえりコース】

■桜島と焼酎
桜島セラピーの旅1<桜島 @鹿児島>
桜島セラピーの旅2<本坊酒造 @鹿児島>
桜島セラピーの旅3<あらわざ桜島と地酒 @鹿児島>

■大隅あれこれ(鹿屋、大崎、志布志、垂水)
桜島セラピーの旅4<かもめ @鹿屋>
桜島セラピーの旅5<あすぱる大崎 @大崎町>
桜島セラピーの旅6<大慈寺 @志布志>
桜島セラピーの旅7<輝北天球館 @鹿屋市>
桜島セラピーの旅8<菓子工房 ボンヴィヴォン @鹿屋>
桜島セラピーの旅19<みなと食堂 @鹿屋>
桜島セラピーの旅20<道の駅『たるみず』湯っ足り館 @垂水>

■天文館ナイト
桜島セラピーの旅9<竿どん @鹿児島>
桜島セラピーの旅10<ごん兵衛 @鹿児島>
桜島セラピーの旅11<松幸 @鹿児島>

■MIUちゃんプロデュースのミステリーツアー
桜島セラピーの旅12<ベッカライ ダンケン @鹿児島>
桜島セラピーの旅13<沈壽官窯 @鹿児島>
桜島セラピーの旅14<江口蓬莱館 @鹿児島>
桜島セラピーの旅15<YANO CAKE TEN MOKU @鹿児島>
桜島セラピーの旅16<マルヤガーデンズ @鹿児島>
桜島セラピーの旅17<イタリアンジェラートCLOVER @鹿児島>
桜島セラピーの旅18<GOOD NEIGHBORS @鹿児島>

楽しくてゆったりしてあったかくなった今回の里がえり。
かごんまはいいとこもおいしいものももちろんたくさんあるけれど、
やっぱり一番の魅力は人なんだな~と出身者ながらしみじみ感じました。

お世話になった方々、出会えた皆さま、本当にありがとう☆

関連タグ:鹿児島

2010'11'01(Mon)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
桜島セラピーの旅18<GOOD NEIGHBORS @鹿児島>
MIUちゃんプロデュースのミステリーツアー最終地は
GOOD NEIGHBORS』。一度、来てみたかった場所です。
101030-1.jpg

桜島と向き合うように位置する石蔵。
101030-2.jpg

雑貨店?洋服店?カフェ?事務所?そこには、いろんな要素が含まれていました。

1F左側は『Playmountain』。
101030-3.jpg

“さつまもの”(鹿児島に縁のある商品)などの雑貨が並びます。
101030-4.jpg

右側はカフェになっていて、ひと休みするのにちょうどいい。
101030-5.jpg

2Fにはギャラリースペース(このときは洋服が置いてありました)や
いくつか個人事務所のようなスペースもありました。

ここにいろんな人やものが集い、いろんなことが生まれてるんだろうな。
そんな空間を石蔵がどっしりと包んで、桜島が見守っている感じ。

“GOOD NEIGHBORS”良い言葉ですよね。
あたしも“善き隣人”のひとりにかたりたい。
そんなことを思った、ツアーの最終地にぴったりの場所でした。
101030-6.jpg

GOOD NEIGHBORS…鹿児島市住吉町7-1

関連タグ:鹿児島

2010'10'30(Sat)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
桜島セラピーの旅17<イタリアンジェラートCLOVER @鹿児島>
『マルヤガーデンズ』の後、ミステリーツアーのガイド:MIUちゃんは
『喫茶ママ』の白くまを予定していたようなのですが…。
あたしのお腹はまだ秋太郎の三色丼に占領されている状態(涙)

「ジェラードはどう?」と聞かれてうなずくあたしを連れてってくれたのが
イタリアンジェラートCLOVER』。

入店すると、気さくなお姉さんが対応してくれます。

ショーケースに並ぶジェラートたちを見ていると、またまた選ぶのに迷う。
シングルを止めてコーンのダブル(¥380)に。

パッションフルーツとマンゴー。
101029-4.jpg
さっぱりとした甘さが歩き疲れた体を包んでくれる。

あたし達が食べている間にも次から次へとお客さんが入ってくる。
天文館を歩くとき、覚えておくとよさそうなお休み処です。

イタリアンジェラートCLOVER…鹿児島県鹿児島市東千石町18-1

関連タグ:鹿児島

2010'10'30(Sat)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
桜島セラピーの旅16<マルヤガーデンズ @鹿児島>
『YANO CAKE TEN MOKU』で買ったケーキを預かってもらい
次に行ったのは『マルヤガーデンズ』。

数年前に届いた三越閉店のニュースはショックでした。
あたしが買い物に行っていた頃の天文館ではもうないのかな…と思ったりもしました。

その建物が今年4月に『マルヤガーデンズ』としてオープン。
“デパートメントストアからユナイトメントストアへ”をコンセプトに
地域で活かす場、つながる場として、生まれ変わっていました。

ナガオカケンメイ氏の九大での講演会で、
氏がクリエイティブディレクションを担当されていること、
『D&DEPARTMENT PROJECT KAGOSHIMA』が入ること、などを聴いて
来店を楽しみにしていました。

若いお客さんが多いのかなと勝手に思っていましたが、年輩の方もけっこう多い。
ウッドフロアや布製のサイン、落ち着いた照明、各階に設けられた休憩スペースなど、
居心地のいい空間となっていることに、その理由も納得。

4Fの『D&DEPARTMENT PROJECT KAGOSHIMA』を見たり、
薩摩ボタンのお店を探したり。

7Fの『DWELL HOUSE』入口には、たのかんさあ(田の神様)が。
101029-1.jpg

『屋上庭園ソラニワ』にはススキの穂が。
101029-2.jpg

天井に人工のグリーンが施された休憩スペースもあります。
101029-3.jpg
ここでは様々なイベントが開催されているのだそう。

ナガオカ氏の講演会では、鹿児島出身の聴講者から危惧する声も出ていましたが、
(はたして地元に受け入れられるのかと…)
実際に来てみて、あたしは「大丈夫だよ~」と思いました。

しばし休憩して…次の場所へ。

マルヤガーデンズ…鹿児島市呉服町6-5

関連タグ:鹿児島

2010'10'29(Fri)[ <かごしま:桜島セラピーの旅> ] CM0. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。