ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ルプアン フロマジュリーでハッピーバレンタイン! @福岡平尾
今日はバレンタインです。

今年は日曜日だから、例年よりチョコの売上は落ちているのかしら…
なんて思っていたら、デパ地下はものすごい盛況ぶり。
(ぷるこ氏は全く食べないもので…年々スイーツに疎くなってる気が…)
自分用にとか、友チョコとかも増えているのでしょうね。

うちは、いつもはアルコールを贈るのですが、
今年は『ルプアン フロマジュリー』
『クール・ド・ヌーシャテル』(¥2000)を予約しました。
100214-1.jpg
ハート型のチーズは、真っ白な白カビタイプ。

11世紀の100年戦争の時代、フランス人女性が敵国のイギリス兵に
想いを伝えるために作った…というロマンティックな伝説付き。

予約特典で『タルトゥーフォ』ビエモンテのチョコも付いてきました。
100214-2.jpg
(こちらはあたし用♪)

日の浅いうちに食すか、熟成するまで待つか…時機をうかがうのもまたたのし。

男子も女子も、ハッピーバレンタイン♪

ルプアン フロマジュリー…福岡市中央区平尾3-20-2

関連タグ:福岡薬院・平尾

2010'02'14(Sun)[ <をかし:暮らし> ] CM0. TB0 . TOP▲
伊酒屋くれあとーれ @福岡平尾
妹と平尾の『伊酒屋くれあとーれ』に行きました。
ぷるこ氏が教えてくれた、高宮通りの店です。

カウンター数席と、奥にはテーブル席が1つのこじんまりとした店内。
カウンター内には、感じのよい、2人のお兄さんが立っています。

まずは、生ビールで乾杯!(画像がボケてる…)
100209-1.jpg

ボードには、メニュー名がたっくさん。
イタリアンを中心に、ざる豆腐など居酒屋メニューもちらほら。
だから“伊酒屋”なのね。

お値段がリーズナブルなので、食べたいものを気の向くままに頼む。
フォアグラと地鶏のテリーヌ、ガーリックトースト付きに、
100209-2.jpg 100209-3.jpg
マッシュルームとエビのガーリックオイル焼き。

テリーヌは濃厚ながらあっさり。食べやすい味。
ガーリックオイル焼きは、大きなエビやマッシュルームがごろごろ。
ガーリックの香りが食欲をそそります。

あと、ワイン欲も…そそります。
てことで、スペインのメメントをボトルで。(画像がさらにボケてる…)
100209-4.jpg

続いて、牛ホホ肉のシチュー、マッシュポテト付き。
100209-5.jpg
ほろほろのお肉とじっくり煮込まれたソース。
こういうのってやっぱりお店で食べるにかぎるな~。
残さずきれいに食べたくて、ガーリックトーストを追加。

パン好きな妹曰く『ベーカリーハカタ』のソフトフランスではないかとのこと。
ベーカリーハカタのパンを使ってるお店って、ハズレがない気がします。
(あたし達バカ姉妹の勝手なジンクスです…あしからず)

途中で、お留守番していたぷるこ氏も呼んで、メメント追加。
隣の人のタバコが気になったこともあり(風向きで煙が全てあたしに…)
テーブル席に移動させてもらう。

チヂミっぽいものや卵焼きなど、居酒屋メニューでひと息ついた後、
100209-6.jpg 100209-7.jpg

シメに焼きカレーとパスタ。
100209-8.jpg 100209-9.jpg

ぷるこ氏曰く、自家製の生パスタがウリなんだそう。
ずいぶん迷って、カキとほうれん草のクリームパスタに。
生パスタ、もちもちしていて美味。
ソースはもちょっと濃い方が好みかも…。

イタリアンというと、なんとなく気が張りますが、
ここなら気軽に来れそうです。
途中で居酒屋メニューを頼んで、フォーク休め?ができるのも良き。

最近、(勝手に)高宮通りがアツいです。

伊酒屋くれあとーれ…福岡市中央区平尾3-5-7白石ビル1F

関連タグ:福岡薬院・平尾

2010'02'09(Tue)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
磯ぎよし3 @福岡薬院
2010年最初の外ごはんは『磯ぎよし』。
妹がお土産とお年賀を持っていくというので、
それに連なって、5人での来店♪

2階のテーブル席に座り、新年の乾杯!
周りを見渡すと、同じように新年会らしきグループがいくつも。

新年にふさわしく、お通しは数の子。
100112-1.jpg
食前酒は抹茶梅酒。

まずは、刺盛り(¥2500)。
100112-2.jpg
2~3人前でお願いしたのですが…これ、どう見てもそれ以上!
トロやらサザエやら唐津産のウニやら10種の
海鮮たちの豪華な饗宴。
どれから食べていいのか真剣に迷います。

他にも牡蠣フライ(¥980)や、いつもの3兄弟盛り合わせ、
だるま鯛みりん(¥650)、などを注文。

そして…メインのアラ鍋(1人前¥1680)!
ボリュームがあるので注文は3人前です。
100112-3.jpg
昨年、柳橋の『うまかもん祭り』で食べて以来。
新年ゆえの大盤振る舞い。
うわ~美味しそう☆

ほくほくした身の部分と、とろとろのゼラチン質と
食べ比べも美味しい。
アラのだしがたくっさん出ているので、
スープはもちろん、野菜も美味しい。

鍋の合間には明太子。(食べかけなので近づきすぎてボケボケ…)
これにはワケが…。
ざる豆腐・明太のせを頼んだぷるこ氏。
すると「豆腐は鍋に入れるとまた美味しいですよ」と里店主。
で、豆腐は鍋で、明太子はそのままで、に変更。
これまた“明太のせ”の域を超えた量がお皿にのっていました。
100112-4.jpg 100112-5.jpg
続いて、カラスミ(¥1200)。
「うちのは柔らかいんです」と言ってらしたので、自家製なのかしら?
大根と別々に盛ってあるのが、とってもステキ。
カラスミだけ、大根と一緒に、もしくは大根にはさんで?
食べたいままに自由に食べられる。

生ビールの後は、鍋に合わせてひれ酒でも…と思っていたら
焼きあご酒なるものを発見!これは気になる!
100112-6.jpg
蓋付きの酒器で登場。
スタッフさんが火をつけてアルコールを飛ばしてくれる。
蓋を開けると…焼きあごがどどんと浸かっています。(入浴中?)

これは…めちゃ好みの味。
あごのエキスがお酒にこれでもかとしみ出てます。
ひれ酒って、たまに臭みがあったりするけど、全くそんなこともない。
いい酒、見つけた♪

鍋のシメは雑炊。真ん中にネギがのっただけのシンプルな雑炊。
100112-7.jpg
それだけに…深い味わい。
海も山も全てが溶け込んでます。
これなら、鍋ごと食べられそう。

その後も、イクラや海鮮巻き(¥800)などを食べた後…
100112-8.jpg 100112-9.jpg
会のシメは特製ちゃんぽん(¥850)。
無謀にも2人前頼んだら…こんな前方後円墳のような状態で到着。
お腹いっぱいと言いつつ、しっかり完食。

2010年早々ごちそうさまでした。
5人で…食べすぎですね。しかも魚卵率高し!
だけど新年だもの。

年は明けるもの。夢は覚めるもの。
正月気分をかすかに漂わせつつ、日常生活へと還ってゆきます。

磯ぎよし…福岡市中央区薬院3-7-1

関連タグ:福岡薬院・平尾

2010'01'12(Tue)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
ハイダルカレー @福岡薬院
カレー好きのあたしが、個人的に大好きで応援しているカレー、
それがバングラデシュ出身のハイダルさんが作るカレーです。

一度、おうちにおじゃまして、チキンカレーやサンマカレーを
ご馳走になったのですが、インドカレーとはまた違った味わいの
サラッとしたカレーで、スパイスがホールごと入っているのも好みで、
春と秋、秋月に店を出す際には出かけて行ったりもしました。

そんなハイダルさんのカレーがレトルトになっているのを発見!
その名も『ハイダルカレー』(¥600)。
091111-1.jpg
『こば酒店』で1日限定10食が販売されています。

『ハイダルカレー』は…、
 バングラデシュのハイダル家に代々伝わる薬膳カレー。
 もともとは、体調や気分でスパイスを自由にブレンドし、
 家族の健康を考えたお母さんの味です。
 そんなハイダル家の薬膳カレーをみんなに食べさせたくて
 ハイダルカレーを作りました。
 16種類のスパイスとハーブをつかい、無農薬の野菜でじっくり煮込んだ
 体にやさしく元気になれるカレー。
 手間暇をかけて手作りにこだわっています。
 もちろん化学調味料や添加物は一切使っていませんので、
 安心してお召し上がりください。
                             (添付の説明書より)

使われているスパイスは、オニオン、ガーリック、カルダモン、クミン、
クローブ、コリアンダー、シナモン、ジンジャー、ターメリック、
ナツメグ、ペッパー、ホワイトペッパー、チリパウダーなど。
それぞれの効能なども説明書には書かれています。

せっかくなので、鍋に移して、あたためる。
スパイスのいい香り♪
091111-2.jpg

万人受けするよう仕上がっているので、そこまで辛くはありません。
それでも、スパイスやハーブの風味がよくて、
野菜やチキンなどの具材も食べ応えがあって、
あっという間にするすると胃の中に納まってしまいます。

レトルトで気に入ったら、秋月に出かけてみるというのもよさそう。
ハイダルさんに言うと、好みの辛さに仕上げてくれます。
(ぷるこ氏は青唐辛子いっぱいのカレーを美味しそうに食べていました)

販売:こば酒店…福岡市中央区薬院1-12-18
製造:特定非営利活動法人(NPO)KETOY.jp… 福岡市中央区警固2-9-10-201

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'11'11(Wed)[ <美味し:即席> ] CM4. TB0 . TOP▲
鳥善 薬院店 @福岡薬院
先日、近所の『鳥善 薬院店』が、周年記念で
コース料理が半額となっていました。

焼き鳥は食べたことあるけど、水炊きは食べたことないので、
ぷるこ氏と妹と3人で、この機会に行ってみることに。

店内はカウンターに掘りごたつ式の座敷に個室。
半額ということもあってか、ほぼ満席、会社帰りの団体客が多いようです。

予約してる旨を伝えると…なぜか次の日になってる?(涙)
(電話する際、横で妹も聞いていたのですが…)
だけど、9時過ぎていたこともあり、運良く座敷に着くことができました。

生ビールを飲みつつ、小鉢をつまむ。
コースは鳥会席『華』(¥1500/通常¥3000、付出し代¥300別途)を注文済み。
ドリンクは、3人なので芋焼酎の『不二才』をボトルで追加。

照明を落としたシックな店内…なのですが、
唐突に真横左からサービスされるのには戸惑いました。
(通路とテーブルの間が微妙な距離ゆえ、店員さんも配膳しにくい様子…)

まずは、鳥刺三種盛。柚こしょうなど、薬味をつけていただく。
091108-1.jpg
歯ごたえが良き。
HPによると、その日に朝引きされた鶏肉を使っているそうです。

続いて、手羽焼。甘辛いたれ…。ぷるこ氏の分は妹へ。
塩焼きの方が好みかな~。
091108-2.jpg 091108-3.jpg
ナンコツの唐揚は、ちょっと油切れが足りないような。
カラッとしてる方がいいな~。

メインの水炊き。
091108-4.jpg
鶏肉に鶏団子用のミンチに、キャベツなどの野菜。

鶏肉を入れた後、まずはスープを飲む。
セルフサービスゆえ、某鍋料理屋でのバイト経験がある妹が
団子を丸めて鍋に入れるのをかって出てくれました。
う…ん…鶏団子、かたいような、スープ、クセがあるような…。
091108-5.jpg 091108-6.jpg
残ったスープは雑炊に。
つゆだくだくの雑炊。こんなの初めて。
せめてスープ量の調節だけでもしてくれるといいのにな。

ラストはデザートのシャーベット。
お腹いっぱいで食べきれないあたしと、甘いものニガテなぷるこ氏と
3人分、まとめて食べてくれた妹…。すごすぎる…。

最後に、「半額なんだから、文句書くなよ」って、自分でも思いますが!
通りがかりにフラッと入ってくる人もいるわけで…。
その中には、水炊きを食べ慣れていない観光客もいるわけで…。

シラク元仏大統領が訪れたという、大名店に行くと、また違うのかしら…。

鳥善 薬院店…福岡市中央区薬院2-15-2

関連タグ:福岡薬院・平尾

2009'11'08(Sun)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。