ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
ビューホテル平成 @福岡朝倉
年末のお楽しみは、『ビューホテル平成』でのお泊り会。
昨年で、3回目となりました。

高速道路を走っていると、突如、崖の上に見えてくるホテル。
それが、ビューホテル平成。
かなり、目を引きます。

高台にあるので、見晴らしがよく、目下に広がる筑後平野を一望できます。
さらに、原鶴温泉ゆえに、泉質は抜群!

温泉につかって、景色を眺めて、食べて飲んで…
特に観光をするでもなく、だらだらのんびり過ごすのが恒例なのです。

チェックインをすませると、昨年もお世話になった仲居さんが
部屋まで案内してくださる。あちらも覚えていてくれました。

まずは、部屋に入って、じっくり夕焼けを見て、
日没も…と、思っていたら、しゃべっている間に日は落ちていた(泣)
100106-2.jpg
男子組はちゃんと見ていたらしい。こういうとき、差が出ますね。

ひと息ついてから、展望露天風呂『裸美絵』へ。
温泉から上がったら、夕食『山吹コース』。
お腹いっぱいになったらまた温泉に入って…また飲んで…
テレビ観て…しゃべって…寝る。

翌朝、窓の外には一面の銀世界!
夜中、吹雪いていましたが、こんなに積もるとは…。
100106-3.jpg

雪、雪、雪。
南生まれなもので、雪見るとテンションあがります♪

朝食を食べてから、朝風呂へ行く。
ロビーでモーニングコーヒーを飲みながら、しばしくつろぐ。

チェックアウト後は、これまた恒例の記念撮影をして…
100106-4.jpg
みんなそれぞれ、帰ってゆくのでした。

また来年(もう今年だ!)と。

ただ、雪って…眺めるにはキレイだけど、暮らすには困りモノですね。
道路は凍結してるし、高速道路は不通のエリアがあるしで、
ドライバーはたいへんそうでした。         (食へつづく)

原鶴温泉 ビューホテル平成…福岡県朝倉市杷木志波203-1

関連タグ:福岡朝倉

2010'01'06(Wed)[ <をかし:旅> ] CM2. TB0 . TOP▲
枉駕亭(おうがてい)@福岡朝倉
秋月といえば、春は桜、秋は紅葉、
散策にぴったりの地です。
そして必ず立ち寄るのが『枉駕亭(おうがてい)』。自家製ハム・ソーセージのお店です。

小さな木製の看板を頼りに観光地から住宅街を辿る…、
これで品切れだったらどうしよう、閉店だったら…、
そんなこと考えながら進んでいくと漸く到着。
ちなみに「枉駕(おうが)」とは、わざわざ訪ねてくること。
相手の来訪を敬っていう語…なんだとか。

『枉駕亭』の製品は…(以下、チラシより転載)
 国内産の新鮮な豚肉、鶏肉とフランス鴨を使用しています。
 発色剤や保存料もまったく使用せず、塩は天然の塩だけです。
 それでも自然の美しい色に仕上がっているのは山桜のチップと
 備長炭でじっくりいぶすという昔ながらの手法だからです。

迎えてくれるのは渋いおじさま店主。
ここまで来たらあるだけ全種類、買って帰りたいところですが、
財布や賞味期限と相談しつつ、やむなく数種類を厳選。

まずは『ベーコン』。
生で食すベーコンの美味しさに開眼します。
『ビア・シンケン』もイケる。
“スモークベーコン・ピスタチオナッツをたっぷり詰めた太いソーセージ”で、
薄い輪切りにしていただきます。
他にも『ハーブハム(ロース)』や『フランス鴨のスモーク』など、
お酒のお供にぴったりの銘品がずらり。

この日、開けたのは『スモークチキン(ムネ身)』。
09052101.jpg
ふだん、胸肉はあまり食べないのですが(もも肉党♪)、
ここのはコクとさっぱり感、両方を併せ持っていて、
何切れでも食べてしまいます。
“ロードアイランドレッド系の鶏肉を、数日間ソミュールに
漬け込み軽くスモークしている”のだとか。

ワインを飲みつつ、柳橋連合市場で買った
『スモーク明太子』とチーズも追加。
09052102.jpg
ちょうどテレビでは岡本太郎氏の番組をやっていて、
コウハクの色がシンクロしています。

『枉駕亭』ストックもこれで終わり(涙)
秋月を訪れる目的が…逆転しそうです。

枉駕亭(おうがてい)…朝倉市長谷山11-6/TEL0946-25-0103
※『SECOM セコムの食』や『湯布院 亀の井別荘』でも取扱い有り

関連タグ:福岡朝倉

2009'05'21(Thu)[ <美味し:つまみ・肴> ] CM2. TB0 . TOP▲
キリンビアパーク福岡ブルワリーツアー @福岡朝倉
花見もできて、ビール工場の見学もできて、
最後はできたてビールも試飲できるという
一粒で三度美味しいツアーに参加してきました。

西鉄と甘木鉄道を乗り継いで約1時間。
無人の大刀洗駅に到着。そこから徒歩で15分。
のどかな田舎の国道を歩くと…工場が見えてきた。
工場前のグランドも桜が満開!

工場内に入り、受付をすませて開始時間を待つ。
あたしは花見付きの特別なコースを予約していたのですが、
通常のコースも別途あって、客でごった返しています。

いよいよツアースタート♪
090416.jpg
歴代のキリンビールのポスターが貼ってある廊下を通り、
ビアパーク福岡ギャラリーの全体図の前へ。
090416-3.jpg 090416-2.jpg
今回まわるツアーの順路を聞きます。

まずは原料の説明へ。
麦芽やらホップやらが並んでいます。
090416-4.jpg

なんと缶ビール1本には水が3リットルも使われているらしい!
090416-5.jpg
オトナの飲み方をしなくちゃいかん!!と心に刻む。

次は仕込み。
たくさんの仕込み釜が上から見えます。
090416-6.jpg
人がいない…と思ったら全て機械で操作しているのだとか。
これは麦汁を仕込む釜、ここでいわゆる一番搾り麦汁が生まれるらしい。
(ちなみに麦汁は二番まで)そこにホップがプラスされる。

続いて発酵・貯蔵。
外には大きな貯蔵タンクがそびえています。
090416-7.jpg
はっきりとは忘れたけど、一生かかっても飲めないくらい大量。

省エネ&省資源にも力を入れているらしく、
紙箱や瓶、缶など、全て軽く小さくなっているそうです。
090416-8.jpg

通常、最後に缶詰めの行程が見られるのですが、
あたし達は花見があるので、工場見学はここまで。
バスに乗って敷地内を巡りながら、桜が咲いている場所へ移動。

ホタル池の周りは桜が満開。
090416-9.jpg 090416-10.jpg
写真撮影を楽しんだ後は試飲会場へ♪

チケットは2枚。まずは『一番搾り』。
090416-11.jpg
おつまみ付き。(ちょっとしょぼい…)
090416-12.jpg
はぁ~、喉の乾きが一瞬でうるおう~。
フレッシュな味わいに、ゴクゴクと飲み干すふたり。

途中でグループ会社メルシャンの
『カフェ・ド・パリ フラン・ド・フルーツ 桜の香り』も
特別試飲。
090416-13.jpg
色がきれい~。ほんのり桜の香り。
ただし甘いので、ぷるこ氏は飲めず。

2杯目は『ラガー』。
090416-14.jpg
ちょっと熟成された感じで苦みと深みがあり、
あたしはこちらの方が好きやな~。

KIRIN商品と記念撮影するぷるこ氏。
090416-15.jpg

売店で小岩井チーズの商品を買った後、庭を散策。
(小岩井チーズもKIRINのグループ会社らしい)
麒麟のオブジェや昔の仕込釜などがありました。
090416-16.jpg 090416-17.jpg

今回のツアーで、KIRINのこと…少し好きになったかも?
(今までメーカーに対してのこだわりがあまりなかった)
今度はコスモスの季節に行きたいな。

キリンビアパーク福岡…福岡県朝倉市馬田3601/TEL0946-23-2132

関連タグ:福岡朝倉

2009'04'16(Thu)[ <をかし:暮らし> ] CM4. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。