ふなはこ。  福岡で相方と見つけた美味しいもの、をかしきこと。
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)[ スポンサー広告 ] . . TOP▲
きはる4周年 @福岡春吉
ふなはこ。を始めて早10か月。
最近では、友達が「RSSしてるよ」と言ってくれたり、
友達の友達など直接は知らない方からも「見てますよ」と声かけてもらったり。
ほんとに嬉しくありがたいことだと思っています。

いつも見てくださっている方もいるのだから、
同じ“もの”や“こと”は出来るだけアップしないように…と思ってはいるのですが、
ついまた書かずにはいられないお店もありまして…。

その1つが春吉の『きはる』です。

11月11日に4周年を迎えたとのことで、お祝いがてら寄らせてもらいました。

久しぶりにカウンターに座り、4周年記念で半額の生ビールを飲みながら
目の前の調理風景をたのしみながらメニューを決める、ゆかしきひととき。

スタッフさんも増えて、ますますの活気を感じます。

まずは基本の、泳ぎサバ刺、炙り鯖刺、胡麻サバの3種盛り。
091116-1.jpg

お気に入りは炙り鯖。塩を少しつけて口に運ぶと
脂と旨さがじゅわっと口中に広がります。
思わず「美味しいです!」と目の前のスタッフさんに叫んでしまうほど。
これから年明けの2月、3月まで、どんどん脂がのってくる五島サバ。
今から食べなきゃ損!です。

続いて、さば燻製。
091116-2.jpg

粒マスタードをつけていただく。
さばの味わいが1切れずつに凝縮されています。香りも良き。

タイラギ貝柱の焼き物。
格子状に包丁が入れてあるので、食感は歯ごたえありつつも柔らかい。
噛むほどに滋味があふれてくる。
091116-3.jpg 091116-4.jpg
グリーンオリーブの肉詰めフライ、という初めてのメニューも注文。
オリーブの中には、たっぷりの肉あんが。
詰めて、(パン粉など)付けて、揚げて。
1粒1粒が細かい作業の結晶です。
オリーブ自体に味があるので、そのまま何もつけずともうまい。
これはビールにもワインにも合いそう。

ぷるこ氏が必ず頼む大分産しいたけの焼き物。
091116-5.jpg
肉厚で、きのこなのに?食べごたえ充分。

そして、焼塩サバ。この照り、この厚み。堂々たる存在感。
091116-6.jpg
大人3人、カニを食べている時のような沈黙でもって、ただ箸を伸ばす。
焼きサバであって、焼きサバでない。きはるの、焼塩サバ。
いつも食べる焼きサバを想像していると、嬉しい裏切りにあいます。

他にも、定番の玉子焼きや焼き鯖チャーハン、冬の逸品、牡蠣のコンフィなど
食べに食べて大満足。

途中、今は宮崎在住の元スタッフNくんから送られてきたという『庄三郎』を
いただいたり(宮崎限定の芋焼酎らしい)、
091116-7.jpg
周りの方々とお祝いの乾杯をしたり。

なごやかであたたかな時を過ごさせてもらいました。

今後は新たな展開も考えているとのこと☆
また更に美味しい思いをさせてもらえそうです♪

きはる…福岡市中央区春吉3-21-28 2F

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'11'16(Mon)[ <美味し:外> ] CM2. TB0 . TOP▲
あげ升 @福岡春吉
念願の『串かつ屋 あげ升』に行ってきました。

ぢどり長屋』の4周年パーティで女将の涼子さんや
みきさんとご一緒して以来、ずっと行きたかった店です。

7時に予約して店に着くと…ステキな外観にアプローチ!
入口には“本日は予約で満席です”との張り紙が。
すごい人気!来店には予約が必須のようです。
(あたし達も一度フラれました…)

戸を開けるやいなや、みきさんに出迎えてもらう。
こんなにすぐ笑顔で入店を歓迎してもらえると、それだけで嬉しくなる。

店内は左側にテーブル席が4つ、右側にカウンター席と調理場。
あたし達が通されたのはテーブル席、個室風の造り。
涼子さんとも挨拶を交わして、生ビールを注文。

串は30種ほどが並んでいて、どれも美味しそうで決めかねる。
その他、お酒に合いそうな一品料理も豊富。
初めてなので、おまかせ串八本セット(¥1500)に。

生を飲みつつ、付け合わせのキャベツをつまむ。
090812-1.jpg 090812-2.jpg
一品料理から、人気メニューの和牛レバ刺し(¥800)。
厚切りのプリプリ。噛むたびにレバーの旨味があふれる。

中央には、パットが用意され…1本目の串、玉ねぎが到着。
テーブル上の樽から“あげ升秘伝のソース”を小皿に注ぎ、
タルタルソースや抹茶塩と一緒に並べるとスタンバイOK!
090812-3.jpg 090812-4.jpg
揚げたてアツアツをほおばります。
サクサクの衣と玉ねぎの甘みが口の中で軽やかな二重奏♪

続いて、串かつ(牛)に白身魚(スズキ)。
串かつはやっぱりソース、スズキはタルタル…と
好みのものを付けて食べる。どちらも旨し。
特にスズキ。福岡ではあまり食べる機会はないですが…
ふっくら品よく揚がっていて、これも串かつのなせる技?
090812-5.jpg 090812-6.jpg
続いて、アスパラ。壱岐の島このみ農園のアスパラ。
1本丸ごとではなく、食べやすいサイズにカットされたものが
串に刺さっています。こういうとこも心配り。
素材の良さはもちろん、揚げ方がまた絶妙で、
シャキシャキ感とみずみずしさが両方感じられて、これまた好み♪

トマトとベーコン巻き、ホタテ、豚肉だんごと串は続く。
090812-7.jpg 090812-8.jpg
ラストのチーズまで、バランスの良い仕立て。
あたし達の食べたいものが、ちゃんと散りばめられていて、
こういうとこにも店へのご縁を感じる。

特に、あたしが心奪われたのが、衣☆
衣って、脇役というか、薄い方がよかったりもするのですが…。
ここのはサクフワで味わいがあって油ギレがよくて。
衣だけ食べたくなるくらい。さらに、たくさん食べてももたれない。

それと、食べ方。秘伝のソースもタルタルも抹茶塩も
ここでは自分で選んで好きなだけ付けて食べられる。
串かつには二度付け禁止があり、串揚げはソースを指定されたりしますが、
若い頃はそういうルールも新鮮で楽しかったのですが、
年を経ると、自由に食べるのが一番美味しく感じられるんですよね~。

追加で紅しょうが(¥100)と半熟卵(¥120)。
紅しょうがは口の中がさっぱりして、お口直しになります。
半熟卵は割ると黄身がとろっとろ。
090812-9.jpg
某店で食べたときは黄身が固くてガッカリしたのですが…ここのは完璧。

シメは鶏そぼろととろろのお茶漬け(¥400)。
090812-11.jpg
さらさらと優しく入ってくる。は~満足。

お酒は日本酒をいろいろいただきました。
まずは、純米吟醸(宮城)一ノ蔵 金龍蔵(2合¥1500)
フルーティで華やか。すっきりしてるのに、米本来の旨味も感じられる。
続いて、吟醸(山形)ばくれん(2合¥1100)
“日本一辛い吟醸酒”で有名な酒。芳醇な香りにやられちゃいます。
そして、本醸造(富山)立山(2合¥1100)
映画『剣岳』を思い浮かべつつ…端麗な美酒。くいくいいけます。
最後に、特別純米(福岡八女)繁桝クラシックラベル(2合¥1250)
最近ファンになった地元の酒。ぷるこ氏が…気づいたら頼んでました。

2人で…飲み過ぎですね(涼子さん達にもびっくりされてしまった)
ぷるこ氏はお店を好きになると、お酒を多く頼むクセ?があるのです。
涼子さんのご好意でウコンを10粒ずつ。お世話かけっぱなしです…。
あたしが「初来店の店ではチェイサーを頼みにくい…」って話したら
ちゃんと張り紙に書いてくださってもいました。
090812-10.jpg

何より、こんなに美味しい串かつを食べたのは初めてだったな~♪
加えて、スタッフの方々のサービスもピカイチ☆
立地が良いとは言いがたい場所にあるにも関わらず、
皆さんがここを目がけて来る理由がよ~くわかりました。

次はお酒を控えて、カツサンドまで食べるぞ!

串かつ屋 あげ升…福岡市中央区春吉2-2-26/TEL092-715-3325

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'08'12(Wed)[ <美味し:外> ] CM6. TB0 . TOP▲
海の味 有福 @福岡渡辺通
博多に所用があり、てくてく歩きながら帰る休日の午後。
道すがら「どこかでランチ食べたいね」と店を探しますが…
なかなか開いてません(涙)

サンセルコで足を止める。
確か食堂街あったよね、と地下へ…。
確か美味しい海鮮丼がある、と聞いた覚えが…。

あやふやな記憶をたどり、食堂街をさまよい歩く。
日曜日だからか、それとも普段からなのか…
どこも閉まってる!サンセルコSUGOKA寂れっぷりです…。

幾分あきらめモードでしたが…開いてました♪
店の名は『海の味 有福(ありふく)』。ショップカードによると
“島っ子がつくる美味しい定食と海鮮丼のお店(夜は酒処)”とのこと。

カウンターのみのオトナびた店内です。
中の男性は調理、外の男性は接客。どちらもイケメンです。

ランチは丼ものが6種類ほど。
あたし達は、甘海老たいうに丼(¥1000)に。

小鉢2つと漬け物、お味噌汁が付いています。
090730-1.jpg

丼はごはんの上にとろろと海苔がかかっており、
その上に甘海老とうに、たいがキレイに盛られています。
090730-2.jpg
おぉ~!お刺身が輝いてる☆
真ん中にはうずらの玉子。

わさび醤油をかけて混ぜていただきます。
甘海老もうにもたいも甘い。しかも飯とよく合う。
お刺身だけだとたくさん食べられないのに、
ごはんと一緒となるとこうも食べられちゃうのはなぜだろう。

颯爽とかっこみたいとこですが、
もったいないのでもったいつけて、
優雅に口へ運びます。

脇役の小鉢や味噌汁も、おだしがきいていて上品なお味。

これは夜も良さそうだわ♪
ちなみに夜は値段に応じたコース料理が饗されるようです。

海の味 有福…福岡市中央区渡辺通1-1-1サンセルコ地下1階/TEL092-725-2477

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'07'30(Thu)[ <美味し:外> ] CM3. TB0 . TOP▲
焼きとん かど @福岡渡辺通
あるお店で知り合ったお姉さまと飲む機会があり
焼きとん かど』へ行きました。

お肉が食べたい!というあたし達のリクエストに応じて
セレクトしてくれたお店。
約束の時間に行くと、奥の個室が予約してありました。

こじんまりしていて、落ち着くな~。
店内には他にもカウンターや座敷がいくつかあります。

一品かコースかで迷って、ホットペッパーに載っていた
飲み放題付きのコース(¥2800)にする。

1杯目はみんな生ビールを注文。
テーブルには大きなしゃもじが2本置いてあり、
それを鳴らすと…店員さんが来てくれます。

乾杯していると…まずはサラダが運ばれてきました。
090726-1.jpg
このドレッシングいい。野菜が進みます。

続いて、ゆで豚のレタス包み。
090726-2.jpg
ゆで豚、脂が甘くて、辛味噌と合って、レタスとの食感も良い。

メインの焼きとん。
090726-5.jpg
確か…豚バラ、シロ、ガツ、すい臓、コブクロ、だったかな。
(並べてますが、1~2本ずつ出てきます)

鹿児島直送の薩摩黒豚を使用しているらしい。
豚の内臓ってあまり食べないけど、
クセがなくて、こんがり焼けていて、美味しいものなのね。

ネギ豚チヂミ、黒豚カツと料理は続き…
090726-4.jpg
シメはごはんものにデザート。

おしゃべりも進みましたが、ビールも進みました。
4~5杯は飲んだような。
焼きとんとビールがこれまたよく合うのです♪

久しぶりにホットペッパーを利用しましたが、
このコース内容に飲み放題が付いて¥2800はかなりオトク!
お店のスタッフも親切で人のいい方ばかり。

個室の壁にニャロメが書いてあって、うちらは赤塚不二夫?と
一瞬、色めきたったのですが…
スタッフの女子に聞くと、ご本人のものではないらしい。
そりゃそうだ。でも、ほんとそっくりでサインらしきものまであって、
多分ほとんどの人が騙されるハズ…。

次は餃子とビールの会を開催予定です。

焼きとん かど…福岡市中央区渡辺通2-3-19ロマネスク天神南/TEL092-731-5888

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'07'26(Sun)[ <美味し:外> ] CM4. TB0 . TOP▲
きはる 2 @福岡春吉
東京のMさんが福岡に帰ってきたら、皆で集う場所、
それが春吉の『きはる』です。

最近は、『epi』の“最後の晩餐特集”に焼サバチャーハンが
掲載されたそうで、ますます忙しそう。
予約が必須のお店です。だからと言って、
時間を制限されたりなんて野暮なことはありません。(飲み放題は別)
さみだれで飲んだり食べたりを繰り返す
あたし達にとっては何ともありがたい店です。

店内はカウンターが10席ほどと、座敷が4つ。
グラスがキンキンに冷えた生ビを飲みながら、
お通しの3種盛りをつつきながら、“本日の御献立”を見つめる。

まずは是非モノ、五島直送の泳ぎサバ刺、炙り鯖刺、胡麻サバ(各¥900)。
09060801.jpg
これで3人前。以前と盛りつけが変わったような…。
福岡にお店は数あれど、季節を問わず美味しくサバの刺身がいただけるのは
『きはる』だけじゃないだろうか。

泳ぎに炙りに胡麻、サバの三変化。
締めたままを味わえる泳ぎサバ、
寝かせたサバを炙って脂のうまさを更に引き出した炙りサバ、
福岡ならではの胡麻サバ。
県外の知人が来福すると、よくお連れするのですが、
大阪や東京の人は胡麻サバ、九州の人は炙り鯖刺を好む人が多い気がします。

サバとじゃがいものコロッケ(¥500)、焼サバの粕漬け(¥650)など、
サバの一品メニューも豊富。
09060804.jpg 09060805.jpg

他にも旬の素材や九州の銘品を使ったメニューがたくさん。
こちらは、タコのやわらか煮(¥650)に、ぼんじりの塩焼(¥550)。
09060802.jpg 09060803.jpg

途中で、あっさりサラダや和え物で箸休め。
ジャコと水菜の和風サラダ(¥750)に、サービスでいただいた自家製豆腐(¥400)。
09060806.jpg 09060807.jpg

他にも、なめ茸めかぶおろし(¥480)、葉わさびの白和え(¥480)、
自家製レバーパテ(¥630)、山芋とろろとイカ下足の揚出し(¥580)、
焼塩サバ(¥650)、こだわりの朝倉地玉子の玉子焼(¥450)…と、
それぞれが食べたいものを頼み、皆で食べる。
お酒もビール、ワイン、焼酎と好きに飲む。
シメは焼サバチャーハン(¥600)と納豆焼うどん(¥680)。

5人で…頼み過ぎですね。だって、どれも食べずにはいられないんだもの。
レギュラーメニューもありますが、季節ものや日替わりも多いので、
(旬の素材を使っている証ですが)
次回は出会えないメニューもあるのです。

会計は一人¥5500ほど。こんなに飲み食べしたんだから…満足。
味はもちろん、ここで皆と過ごす時間が好き。スタッフのお兄さん達も好き。
毎回、心まで栄養をもらった気分で、
明日は何かいいことがありそうな気分で、帰ることができる店なのです。

きはる…福岡市中央区春吉3-21-28-2階/092-752-3312

関連タグ:福岡春吉・渡辺通

2009'06'08(Mon)[ <美味し:外> ] CM7. TB0 . TOP▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。